XHTML2

XHTML 2.0 (HTML)

[7] XHTML 2.0 は、 W3C XHTML2 WG (2007年3月までの旧 HTML WG ― 現 HTML WG とは別。) が2010年まで開発を進めていた HTML 風の新世代マーク付け言語でした。

[24] 2001年頃から作業が進められているようですが、方針が二転三転したり、 半ば放置プレイ状態に置かれたりして、一向に完成する気配が見えませんでした。

[36] XHTML2 は既存の HTML との互換性を捨て、 XFormsXML事象などの XML 関連技術を用いた全く新しいマーク付け言語として開発されていました。 既存の Web との後方互換性を捨てることへの反発は大きく、 主要 Webブラウザの開発者は (少なくても現状のままでは) XHTML2 を実装することはないと述べています。現実の Web との互換性を無視した旧 HTML WG (による XHTML2 の開発) への参加者も次第に減ってゆき、2004年には主要 Webブラウザの開発者を中心とした WHATWG が誕生することになります。

[37] 一方で XHTML2 は一旦既存の HTML との互換性を捨てたにも関わらず、 a 要素hn 要素のように「互換性」 のための要素が残されているなど (img 要素に至っては「復活」)、 言語の純粋性を追求する向きにとっても満足し難い形になっていました。

[40] こうした状態で XHTML2 への関心は00年代末にはほとんど失われており、 2009年に W3CXHTML2 WG の閉鎖を決定し、(閉鎖作業すら放置されて1年遅延して) 2010年末に最終版を出版して、完成しないまま約10年の歴史の幕を下ろしました。

XHTML2 WG の項もご覧ください。

XHTML2 と XHTML 2.0

[18] XHTML 2.0 は略して XHTML2 とも呼ばれます。ただし、 XHTML 2.0 仕様書で定義されている特定の文書型を「XHTML 2.0」、 同仕様書で定義されている一連の語彙を「XHTML2」と呼び分けられることもあります (XHTML2 WG は特に使い分けているわけではないようです)。

XHTML2 と XHTML M12N 2.0

[531] Modularization of XHTML™ 2.0 (XHTML M12N 2.0) は、 XHTML m12nXHTML 2.0 相当の版です。旧 HTML WG の Roadmap には古くから記されてきましたが、作業原案としてはまったく公開されず、 旧 HTML WG のリポジトリや XHTML2 WG編集者案としてだけ公表されていました。

[455] XHTML 2.0XHTML M12N 2.0 の関係は XHTML2 WG 自体も決めかねていたようです。 両仕様案で内容が重複している部分がかなりあります。

[527] Modularization of XHTML™ 2.0 ( 版) <http://www.w3.org/MarkUp/2009/ED-xhtml-modularization2-20090122/>

[528] Modularization of XHTML™ 2.0 ( 版) <http://www.w3.org/MarkUp/2009/ED-xhtml-modularization2-20090123/>

[529] XHTML 2 / XHTML M12N 2 Publication Strategy (Shane McCarron 著, 版) <http://lists.w3.org/Archives/Public/public-xhtml2/2009Jan/0073.html>

[530] >>529 プロジェクトがはじまってもうすぐ10年だってのに、未だに XHTML2M12N 2.0 の棲み分けが決まってないとかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

仕様書

マーク付け言語

[46] XHTML2 は約10年の歴史があり、開発の速度は遅かったものの大きな変更が何度も加えられています。 本章では特に断りがなければ、2010年の最終版の状態とします。

[47] XHTML2XHTML m12n に基づくXHTMLモジュールとして規定されており、 仕様書本文の抽象モジュール定義DTDXML SchemaRELAX NGモジュール化されたスキーマにより構成されていました。 4つの定義はしばしば細部で異なっていました (HTML WG の仕様書ではよくあることでした)。

[48] 当初は XHTML1 とは非互換ということで http://www.w3.org/2002/06/xhtml2名前空間URL として使っていましたが、後に RDF の影響(?) で http://www.w3.org/2002/06/xhtml2/ に変更され、更にその後 XHTML1 と同じ http://www.w3.org/1999/xhtml に変更されています。

[49] 最初の公開版より前には XHTML1 と同じ名前空間モジュールを改訂していく方向で検討されていたとも言われていますが、 HTML WG は議事非公開だったのではっきりしません。
[100] 当初は名前空間が異なるので非互換変更も問題ないということになっていたはずですが、 非互換なまま XHTML1 名前空間に途中で変更したので、 XHTML1 と同時には実装できなくなってしまいました。

[50] htmlheadbodytitle といった基本構造は XHTML1 と同じでした。

[51] 非互換変更ありとしながらもこうした構造に手を入れないことを批判する人もいました。

[74] html 要素version 属性が追加されています。

[75] この属性はこれまでの HTML の版で出たり入ったりしています。

[52] 章節構造を表すために section 要素h 要素が追加されました。しかし hn 要素もなぜか削除されませんでした。 hrseparator に改名されて残されました。

[60] href 要素およびリンクに関連する諸属性共通属性となりました。しかし a 要素link 要素もなぜか削除されませんでした。

[69] img 要素map 要素area 要素の諸属性は共通属性とされました。 しかし img 要素は削除されていません。 img 要素空要素から代替内容 (旧 longdesc 属性相当らしい) に変更されています。 img 要素alt 属性はなぜか削除されていません。 object 要素もなぜか一部の属性だけ残し、 content-length 属性を追加しつつ存続しています。

[73] なおリンクtype 属性と (新) srctype 属性HTML ではヒントでしたが、 XHTML2 では HTTP Accept: ヘッダーの値を指定するものに変更されています。 同様に hreflang 属性ヒントから Accept-Language: ヘッダーの値に変更されています。 charset 属性encoding 属性に変更され、 ヒントから Accept-Charset: ヘッダーの値に変更されています。 (script 要素にはなぜか別に script 属性がありました。) media 属性hrefmedia 属性共通属性として追加されていますが、 これらは HTTP には対応しません。

[56] 空白の表示上の扱いを指定する layout 属性が追加されました。しかし pre 要素もなぜか削除されませんでした。

[59] を表す l 要素が追加されましたが、 改行を表す br 要素もなぜか削除されていません。

[87] xml:id 属性が採用されていますが、 id 属性もなぜか削除されていません。

[68] 共通属性 edit が追加され、 datetime 属性共通属性となりました。しかし ins 要素del 要素もなぜか残されています。

[81] このように XHTML1 と非互換としながら新機能が追加されても旧機能が残されていることはしばしば非難されていました。

[92] 外部スタイルシートへの参照は xml-stylesheet を使いますが、 style 要素src 属性 (共通属性) でも良いようです。 link 要素でも良いのかは不明ですが、そのような例は無くなっています。

[93] style 要素disabled 属性が追加されています。

[90] RDFarole 属性共通属性として追加されています。 meta 要素RDFa 用の新しい要素になっています。

[82] 引用符利用者エージェントが付与する q 要素のかわりに著者引用符も書かなければならない quote 要素が追加されましたが、後に q 要素に改称されました。

[83] 当初独自の名前空間URLだったはずが XHTML1 と同じ名前空間URLに変更されたため、 XHTML1XHTML2 を同時に実装することが不可能になりました。 (html 要素version 属性で区別するべきなのでしょうか? しかしその属性は必須ではありませんが。。。)

[63] accesskey 属性のかわりに access 要素が追加されました。

[64] tabindex 属性のかわりに共通属性 nextfocusprevfocus が追加されました。

[67] bdo 要素のかわりに dir 属性が拡張されました。

[65] base 要素のかわりに xml:base 属性が採用されました。

[66] lang 属性はなくなって xml:lang 属性に一本化されています。

[70] object 要素standaby 属性のかわりに standby 要素が追加されています。

[94] table 要素summary 属性のかわりに summary 要素が追加されています。

[53] 段落としての code を表すために blockcode が追加されました。

[113] 後の HTML でいう pre 要素code 要素の組み合わせに近いものです。

[61] ナビゲーションのためのリストを表す nl 要素とその見出しを表す (新) label 要素が追加されました。

[114] XHTML2 ではフォームXForms に移行したため label という要素名は空いていました。 ただし名前空間が独自のものから XHTML1 と共通のものに変更されて以後、 XHTML1XHTML2 を同時実装不可能ではないものの不安定な状態となりました。

[85] dt 要素dd 要素をまとめる di 要素が追加されました。

[115] 後の HTML でいう div 要素に相当するものです。

[62] cite 属性共通属性となりました。

[88] blockquote 要素q 要素は廃止されていません。 edit 属性と併用するためのものでは無いようです。 cite 要素と併用して出典文書の URL を示す例があります (href 属性との使い分けは謎です)。

[54] pul などブロック水準要素を子供に含められるようになりました。

[116] 後の HTML5 でも一時認められていましたが、 HTML構文との互換性の問題から現在では認められていません。

[78] title 要素head 以外に section, ul, ol, dl, object, table などでも使えるようになっています。

[79] h, caption との使い分けは不明です。 title 属性とも別です。

[84] caption 要素ul, ol, dl, object でも使えるようになっています。

[80] abbr 要素の完全形を参照する full 属性が追加されています。

[58] acronym 要素は廃止され abbr 要素に一本化されました。

[117] 後の HTMLacronym を廃止しました。

[86] target 属性共通属性になっています。 style 属性li 要素value 属性は復活しています。 ol 要素start 属性は復活していません。

[118] 後の HTMLstyle 属性value 属性を復活させました。

[71] b 要素i 要素の表示系の属性は廃止されています。

[119] 後の HTMLの表示系の属性は廃止しました。

[72] XHTML Ruby ModuleXForms 1.1XML Events 2要素XHTML2名前空間に追加 (カメレオン名前空間) されています。 また ITS 1.0要素属性xsi:schemaLocation 属性が採用されています。 XHTML1フォームスクリプトフレームに関する要素は削除されています。

[95] script 要素XHTML1 のものではなく、 XML Events 2 のものに差し替えられています。 XHTML1 と比較すると、 implements 属性が増えています。
[96] XML Events 2XForms 1.1 の2つの action 要素がありますが、その扱いは謎です。
[97] selecttextareaXForms 由来で、 XHTML1 とは異なる要素です。

[76] HTML4/XHTML1 時代に要素属性の意味が曖昧で議論になっていた事項は、 基本的に XHTML2 でも明確にされていません。

[77] 例えば head 要素profile 属性は、 HTML4 とほぼ同じ定義のままです。

[89] HTML WG が仕様書を出版するたびに定義が変わっていた usemap 属性は、 XHTML2 では URL が値に戻っています。

[91] ブール型属性は、 XHTML1 と同じく属性名と同じ属性値を指定する形で、 XML 風には変更されていません。

XHTML2 から切り出された仕様

[532] XHTML 2.0 仕様書のうちいくつかのモジュールは開発末期に単独の仕様として XHTML1バックポートされました。

[101] その方がいつ完成するかわからない XHTML 2.0 を待つより良いとの判断なのでしょうが、 結局実装も利用もほとんどされていません。

[102] この頃には、名前空間が異なるから大胆に非互換変更できる、 従来の HTML との互換性を配慮せざるを得ない XHTML1 名前空間を拡張しない、 といった初期の方針は (いつの間にか) 撤回されています。

HTML への影響

[41] 00年代初期には XHTML 2.0 は次世代 HTML として注目されていました。 後の HTML5 仕様や Webブラウザーの開発に関わる人達も、 当初は XHTML 2.0 への支持を表明したり、注目していたりしていた時代がありました。 そもそも XHTML 2.0 の開発の動機は当時の HTML の問題を解決することでしたから、 HTML5 にとっても解決したい問題は共通しており、 XHTML 2.0 の提案した解法が HTML に採用されていることがあります。

[103] 影響を直接又は間接に受けたか、あるいは偶然または必然か、 両者の機能には次のような関連性があります。

[121] XHTML2HTML

Web ブラウザー開発者の反応

Mozilla

[122] MozillaBugzilla には XHTML 2.0 のための tracking bug があり >>437、積極的な行動はないものの、 W3C の動向を注視していました。

[123] また、初期 (HTML5 開発開始以前) には、 Mozilla の関係者の個人ブログなどで XHTML2 への賛意を表す人もいました。

[438] >>437 昔はちゃんと Mozilla にも相手にされてたんだね。。。

Apple

[412] Surfin’ Safari - Blog Archive » HTML Standards Process Returning from the Grave ( 版) <http://webkit.org/blog/89/html-standards-process-returning-from-the-grave/#comment-17195>

We declined to participate in the XHTML2 Working Group because we think XHTML2 is not an appropriate technology for the web. There is no need to break compatibility with HTML4.x/XHTML1.x, and the compatibility-breaking changes are not necessarily good ones from the point of view of semantics or authorability. Also, it moves HTML in a direction that is suitable for documents but not as much for applications. However, we abstained from voting instead of voting no because we don’t think they should be stopped from doing this work if they feel it isvaluable.

歴史

公開 WD 以前

[457] 当時の噂によると、9月11日の大規模テロ事件の影響で HTML WGf2f meeting が延期されて進行に遅れが出ていたようです。

[1] The XHTML Family - slide "第三段階: XHTML 2.0" <http://www.w3.org/2001/09/21-orf/xhtml-family/slide22-0.html>: WD 以前の XHTML 2.0 案の紹介

[12] Index of /People/mimasa/test/schemas/DTD/dev <http://www.w3.org/People/mimasa/test/schemas/DTD/dev/>

2001年に検討されていた XHTML 2.0 案を垣間見ることができる。

[444] The XHTML Family - slide "第三段階: XHTML 2.0" (2001-09-25 18:59:31 +09:00 版) <http://www.w3.org/2001/09/21-orf/xhtml-family/slide22-0.html>

[445] XHTML 1.0: The Extensible HyperText Markup Language (1999-03-05 22:38:27 +09:00 版) <http://www.w3.org/TR/1999/WD-html-in-xml-19990304/#h-5.1.1>

One of the ultimate goals for future versions of XHTML is that there be no such information to lose by transmitting an XHTML document as text/xml. However, this specification does not yet accomplish that goal.

なるほどこれは >>444 に述べられていることとも一致する。 初期の XHTML の目標は HTMLXML ハイパーテキストブラウザに移植することだったのだ。

[446] >>445 XFormsXML Events もその延長だし、 XLink が使い物にならないから HLink を作ろうとしたのもすべてそういうわけだったと。

[456] 電波…とどいた? [200112 上旬] ( 版) <http://www.denpa.org/~go/denpa/200112/from01.html#05_5>

HTMLの文書構造なのですが……なんでも XHTML 2.0 では、新概念「行」が導入されるらしいとのもっぱらの噂です。小説を HTML 化する時に泣く泣く BR をつかったり、気持悪いとかいいつつ SPAN を使いまくって CSS 処理してる人には朗報かもかも※1

ついでに XHTML 2.0 ではいくつかのブロック要素が p 要素内部に認められるらしいという話も聞きましたです。はい。

あくまで う・わ・さ ※2 。んと、私もドラフト読みにいってないので、実際のところはちゃんと確認して下さい。追記:ちょっと確認にいってみたんですけど、まだドラフト出てません(苦笑)。最初のドラフトは来年の1/14 に予定されているようです。

あとブラウザが対応しないと以下略ですな(苦笑)。

個人的には、技術によって表現が必要以上に縛られるような傾向は嫌いです。技術は表現を実現するためにあるべきでしょう。

※1:日本語では、会話文が混在したテキストを現在のHTML ですっきり書きつつ、さらに見た目でも表現しきるのは不可能です

※2:噂の発生源: みまさセソセイ%fj.net.authoring@isoternet.org (笑)

旧名前空間 (http://www.w3.org/2002/xmlns) 時代

[525] 当初の予定では2000年中にも W3C 勧告になるとされていた XHTML 2.0 の仕様策定は遅れに遅れ、初めて作業原案が公表されたのが2002年の夏でした。 当時ほとんどいなかった HTML 仕様愛好家や W3C信者にとっては待ちに待ったリリースでした。

[526] XHTML1 との互換性を捨てた大胆な変更には批判もありましたが、 新しい時代への期待も込めて好意的に受け止めるのが大勢でした。 公表された仕様案より更に積極的に語彙を整理することが提案・議論されたり、 XBLXLink を使って実験的に実装する試みが行われたりもしました。

[524] XHTML 2.0 ( 版) <http://www.w3.org/TR/2002/WD-xhtml2-20020805/>

[539] XHTML 1.1 1e との主な違い:

[523] XHTML 2.0 ( 版) <http://www.w3.org/TR/2002/WD-xhtml2-20021211/>

[540] 8月案からの主な違い:

[522] XHTML 2.0 ( 版) <http://www.w3.org/TR/2002/WD-xhtml2-20021218/>

[543] 前の週の案からの主な変更点:

Status には production error を直すだけとありますが、なぜかどさくさにまぎれて label 要素への改名が行われています。

[521] XHTML 2.0 ( 版) <http://www.w3.org/TR/2003/WD-xhtml2-20030131/>

[544] 第4次案は第3次案から目立った変更はありませんでした。

[443] Comments on XHTML 2.0 (2003-03-07 23:11:28 +09:00 版) <http://www.w3.org/2003/02/ij-xhtml2>

[520] XHTML 2.0 ( 版) <http://www.w3.org/TR/2003/WD-xhtml2-20030506/>

[546] 第4次案からの主な変更点:

[3] XHTML 2.0 と MathML 2.0 と SVG 1.1 と EGIX と ContactXML と XML Character Entities を組み合わせたサンプル文書 <http://www.w3.org/2003/Talks/1114-W3CDay-Japan/mi-iaweb/demo/hybrid.xhtml>: XBL を使って実装

[519] XHTML 2.0 ( 版) <http://www.w3.org/TR/2004/WD-xhtml2-20040722/>

[547] 第5次案からの主な変更点:

新名前空間 (http://www.w3.org/2002/xmlns/) 時代

[418] XHTML&#8482; 2.0 <http://www.w3.org/TR/2005/WD-xhtml2-20050527/>

1年ぶりにキター!!! (名無しさん 2005-05-28 00:33:28 +00:00)

[518] 2005年5月に公表された作業原案では、名前空間URL が最後に「/」 を加えたものに変更されました。非互換変更ではありましたが、仕様案段階の変更であったこと、 RDF との相性を鑑みての変更であったことから、支持者からは好意的に受け止められました。

[548] 第6次案からのその他の主な変更点:

[11] W3C HTML Working Group XHTML 2 Issue Tracking System <http://hades.mn.aptest.com/xhtml2-issues/> (名無しさん 2005-11-29 04:25:39 +00:00)

[420] 2002年に発表された XHTML 2.0 の作業原案では、 XHTML 2.0a markup language intended for rich, portable web-based applications と紹介していた。2002年12月の原案まではそう書かれていた。

それが、2003年1月の原案から本稿執筆時点で最新の2005年5月の原案では、 a general purpose markup language designed for representing documents for a wide range of purposes across the World Wide Web となっている。

用途が広がっているように見えるが、取り扱う範囲としては小さくなっている。 Rich な Web 応用向けから一般用を引いた部分の開発は放棄したのだ。 放棄した部分は W3C ではずっと放置されていた。 そして残った部分の開発もろくに進んでいない。 2002年から現在まで、 semantics 系の属性以外はほとんど変わっていない。

そうしている間に W3C切った rich client な方面が注目を浴びるようになったが、 やっぱり W3C は放置していた。だから WHATWG のように W3C 外での活動が活発になった。 そして最近になってようやく W3C も Rich Application 担当の WG を作ったのだ。

[421] ところで、 XHTML 2.0 の2002年の案では、 Introduction に、附属書 A に従来の XHTML からの変更点と移行ガイドがあるよ と書いてあった。しかし実際には附属書 A はまだ場所だけで空っぽだった。

[422] >>420 書いてからほとんど変わらないままもう4年か・・・。

[428] XHTML 2.0&#8482; <http://hades.mn.aptest.com/htmlwg/xhtml-m12n-2/Overview.html> (名無しさん)

[429] >>428 quoteqに名前変更!? (名無しさん 2006-02-15 10:45:54 +00:00)

[430] XHTML&#8482; 2.0 <http://www.w3.org/TR/2006/WD-xhtml2-20060726/> (名無しさん 2006-07-27 11:39:20 +00:00)

[549] 第7次案からの主な変更点:

[432] RDF-in-XHTML Task Force -- 1 Aug 2006 <http://www.w3.org/2006/08/01-htmltf-minutes.html#item02>

the 26 July XHTML2 WD is not Last Call but we think we're very close to publishing a Last Call draft

最近よく聞くこの台詞w もうすぐ完成とか言い続けて何年も経っている仕様もあったようなww (名無しさん 2006-08-05 07:33:06 +00:00)

新新名前空間 (http://www.w3.org/1999/xhtml) 時代

[13] RDF-in-XHTML TF -- 6 Mar 2006 <http://www.w3.org/2006/03/06-htmltf-minutes#item02>

XHTML 1RDF/Aを作ってXHTML 1.2だとかXHTML 1.3だとかいってるけど大丈夫なのかいな?

(名無しさん 2006-03-07 12:40:47 +00:00)

[14] Re: [xhtml-role] Extensibility of XHTML 1 and XHTML 1.1 (PR#9627) from Shane McCarron on 2006-09-12 (www-html-editor@w3.org from July to September 2006) <http://lists.w3.org/Archives/Public/www-html-editor/2006JulSep/0137>

XHTML2 will be using the same namespace as XHTML1, and there will not be two modules.

XHTML 2 はじまったな

(名無しさん 2006-09-15 15:33:25 +00:00)

[15] HTML Working Group XHTML 2 Issue Tracking System - Conformance/7808 <http://htmlwg.mn.aptest.com/cgi-bin/xhtml2-issues/Conformance?id=7808;user=guest;statetype=-1;upostype=-1;restype=-1>

We plan to do this.

(名無しさん 2006-09-21 10:53:07 +00:00)

[16] HTML Working Group XHTML 2 Issue Tracking System - Conformance/7818 <http://htmlwg.mn.aptest.com/cgi-bin/xhtml2-issues/Conformance?id=7818;user=guest;statetype=-1;upostype=-1;restype=-1>

We plan to change this.

(名無しさん 2006-09-21 10:53:45 +00:00)

[433] This is an XHTML2 document <http://www.w3.org/MarkUp/2006/xhtml2.xml>

application/xml, http://www.w3.org/1999/xhtml (名無しさん 2006-10-24 13:11:45 +00:00)

[434] An XHTML2 document <http://www.w3.org/MarkUp/2006/xhtml2.xhtml>

application/xhtml+xml, http://www.w3.org/1999/xhtml (名無しさん 2006-10-24 13:15:10 +00:00)

[439] xhtml-modularization/Attic/conformance-xhtml2.mhtml - diff - 1.1.2.55 (2007-02-17 20:48:30 +09:00 版) <http://htmlwg.mn.aptest.com/viewcvs/viewcvs.cgi/xhtml-modularization/Attic/conformance-xhtml2.mhtml.diff?r1=1.1.2.54&r2=1.1.2.55>

Note that we expect to change this to be the same as the XHTML 1 namespace prior to moving this document to Recommendation status.

(名無しさん 2007-02-17 11:50:11 +00:00)

[27] W3C Forms teleconference May 23, 2007 (2007-05-25 09:30:58 +09:00 版) <http://lists.w3.org/Archives/Public/public-forms/2007May/att-0072/20070523.html#topic3> (名無しさん)

[28] W3C Forms teleconference May 23, 2007 (2007-05-25 09:30:58 +09:00 版) <http://lists.w3.org/Archives/Public/public-forms/2007May/att-0072/20070523.html#topic3>

[441] XHTML&#8482; 2.0 (2007-04-03 07:15:52 +09:00 版) <http://www.w3.org/MarkUp/2007/ED-xhtml2-20070402/> (名無しさん 2007-04-07 14:10:26 +00:00)

[442] XHTML Document Development Area (2007-04-07 01:58:13 +09:00 版) <http://www.w3.org/MarkUp/Drafts/#xhtml2>

[29] Re: input on name for XML serialization of HTML 5? (Shane McCarron 著, 2007-06-16 01:16:19 +09:00 版) <http://lists.w3.org/Archives/Public/public-xhtml2/2007Jun/0014.html>

XHTML 2XHTML 1.1 というほど違うとは思っていない。 名前空間も違わない。

(名無しさん 2007-06-16 01:01:08 +00:00)

[449] Device Independent Authoring Language (DIAL) (2007-07-23 17:26:29 +09:00 版) <http://www.w3.org/TR/2007/WD-dial-20070727/#content-inclusion>

[450] XHTML&#8482; 2.0 (2007-10-25 02:50:57 +09:00 版) <http://www.w3.org/MarkUp/2007/ED-xhtml2-20071024/>

[451] HTML/XHTML2/objections - ESW Wiki ( 版) <http://esw.w3.org/topic/HTML/XHTML2/objections>

[452] XHTML™ 2.0 ( 版) <http://www.w3.org/MarkUp/2009/ED-xhtml2-20090109/>

[453] XHTML™ 2.0 ( 版) <http://www.w3.org/MarkUp/2009/ED-xhtml2-20090121/>

[454] XHTML™ 2.0 ( 版) <http://www.w3.org/MarkUp/2009/ED-xhtml2-20090205/>

[550] 2006年の作業原案から >>454 までの変更点:

実装

[124] Webブラウザーに実装されることはありませんでした。

[125] CSSJavaScriptHTCXBLXLink といった Webブラウザーに実装されていた他の技術を用いて著者Webページ単位で XHTML 2.0 の機能の一部を使うことは可能で、 いくつかの実装例がありました。

[126] こうした事例や、 DTDXML SchemaRELAX NG スキーマを示すことで、 「XHTML 2.0 は既に一部実装済み」という趣旨の (必死な) 主張をする人もいました。 (スキーマが存在することが「実装」である、というのは XHTML m12n などこの時代の他の HTML WG のプロダクトにも見られる考え方です。)

[9] Directory Listing For /share/schema/sqs/ <http://sqs.cmr.sfc.keio.ac.jp/sqs-core/share/schema/sqs/>

XHTML 2 + XForms + SQSRELAX NG schema。 (名無しさん 2005-01-29 01:04:34 +00:00)

[38] >>9404。新しい場所は Revision 1097: /sqs-editor/src/main/resources/schema/sqs/modules ( 版) <http://diaspora.prof.cuc.ac.jp/svn/sqs-editor/src/main/resources/schema/sqs/modules/>

XHTML2 になぜか含まれていたもの

掲示板

[32] Strict-HTML スレッド 2.0 (W2C Recommendation) <http://pc.2ch.net/test/read.cgi/hp/1008380243/> >>83

[6] 【野望の】XHTML 2.0【王国】 <http://pc5.2ch.net/test/read.cgi/hp/1028659057/>

XHTML2 に関する記事

[413] XHTML2.0ってなんか変? <http://www.arielworks.net/articles/2004/0104a/>

[414] XHTML 2.0 の私案…見出しとセクション <http://www3.sppd.ne.jp/lena/web/xhtml2-headings.htm>

[415] 謎小屋-XHTML2.0について考えてみる <http://nazo.europe.webmatrixhosting.net/distribution.aspx/xhtml2.xml>

[416] ITPro US NEWS FLASH:米オラクル,「Oracle9i AS」の新版にXHTML 2.0とJ2MEサポート機能を追加 <http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/USNEWS/20030203/3/>

XHTML 2.0はWorld Wide Web Consortium(W3C)が定めた標準規格で,マルチチャネル対応アプリケーションを構築するための言語。無線端末での優れたコンテンツ表示を可能にする。

どうせ報道発表からこぴぺなんだろうけど、 XHTML 2.0 とはさぞ優れたマーク付け言語のようで。

[417] はてなグループ - Group for Web Weavers - weavin' in the vanguard <http://webweaver.g.hatena.ne.jp/kotastyle/20040724>

[419] IBM dW : XML : XHTML 2.0におけるリンク - Japan <http://www-6.ibm.com/jp/developerworks/xml/050331/j_x-xhtmlnk.html>

[10] Recent Web Accessibility Articles - The XHTML Role Access Module still flawed :: WATS.ca <http://www.wats.ca/articles/xhtmlroleaccessmodulestillflawed/80> (名無しさん 2005-11-25 07:54:12 +00:00)

[410] >>10 404 になってしまった @ 2009年1月

[22] Jeffrey Zeldman Presents: The Daily Report (Jeffrey Zeldman. Allow us to write zeldman one more time. See also happycog.com and alistapart.com. 著, 2007-04-12 20:10:56 +09:00 版) <http://www.zeldman.com/daily/0103b.shtml#skyfall> (名無しさん)

[23] >>22 は 2003年1月。はやくから見る目がある人は何人もいたわけだ。

[423] リッチアプリケーション開発用言語「XHTML2.0」ワーキングドラフト公開 (青木大我著、2002年8月7日付) <http://www.watch.impress.co.jp/internet/www/article/2002/0807/xhtml.htm>

仕様書には既存のアプリケーションをXHTML2.0に変換するための方法について書かれており、既存の資産を生かすこともできる。

著者は記事を書く前に一度でもいいから全文に目を通したのか? いやせめて、自分が言及する対象部分くらいは読むだろう、普通は。 Introduction を訳しただけで記事にしないだろ、普通は。

[424] ホームページ作成 XHTML解説 XHTML2.0 (上田遼著、2005年9月24日付け) <http://www.seo-equation.com/html/log/eid25.html>

>>423 の記事と同程度の説明がある。まさかインスパイヤではないと思うが。 さすがに仕様書案の Introduction を訳しただけであるかのような記事をインスパイヤなんてするまい。 自分で仕様書案の Introductionインスパイヤしたのだよね。

でも、2005年の記事なのになぜ2002年の仕様書案の Introduction をわざわざインスパイヤしたのか。 仮に2002年からある記事だとしても、 公開している情報はその正確性に万全を期すよう努力しているらしいから、 最新の内容に合わせるように努力しているはずだ。 流石に3年前の原案に関する説明が今でも通用するとは思わないだろう。 普通は。

[425] >>424 のサイトは XHTMLHTML とは違って物理マーク付けではなく論理マーク付けなのだ、的な謎な説明があったりしてやばい。

[426] メールマガジン第60号 今週のおさらい/XHTML2.0概要 (2003年7月25日付け) <http://www.scollabo.com/banban/magazine/review_060.html>

正式勧告間近といわれる XHTML2.0 ですが、その草案を見る限りでは、初心者にはとっつきにくい仕様となっています。

誰が勧告間近と言ったのだ? いつ勧告になるのだ? とっつきにくいのは初心者ではなく著者ではないのか?

など、たった4段落なのに相互に矛盾しているところが数箇所もあり、 かなりゆんゆんしている。

[427] Slashdot | The Future is XHTML 2.0 <http://developers.slashdot.org/article.pl?sid=06/01/27/1548218> (名無しさん 2006-01-30 00:27:35 +00:00)

[435] Eric van der Vlist <http://eric.van-der-vlist.com/blog/2987_XHTML_2.0_and_HTML_5:_The_figures.item> (名無しさん 2006-08-20 13:30:38 +00:00)

[436] HTMLの行方 - Torisugari の日記 <http://slashdot.jp/~Torisugari/journal/380916>

XHTML2に期待している人が(少なくとも、/.には)いかに多いかが分かります。・・・ そりゃ、私だって、いずれはXHTML2という点に関しては、異論ありませんけれども…

なんだ、人のことを言っておいて自分も期待しているじゃん・・・

[17] X/HTML 5 Versus XHTML 2 (2007-02-05 19:58:06 +09:00 版) <http://xhtml.com/en/future/x-html-5-versus-xhtml-2/> (名無しさん 2007-02-05 11:05:41 +00:00)

[19] >>17 #whatwg でも XHTML2 に biased だwとかいわれてたけどそのとおりだww

[20] HTML 5 or XHTML 2? - Robert’s talk (Robert Nyman 著, 2007-02-10 00:34:17 +09:00 版) <http://www.robertnyman.com/2007/02/05/html-5-or-xhtml-2/> (名無しさん 2007-02-09 15:36:50 +00:00)

[21] Conversation With XHTML 2 Team (2007-02-24 01:06:34 +09:00 版) <http://xhtml.com/en/future/conversation-with-xhtml-2-team/> (名無しさん 2007-02-23 16:16:31 +00:00)

[25] Digital Web Magazine - HTML5, XHTML2, and the Future of the Web (2007-04-12 20:18:07 +09:00 版) <http://www.digital-web.com/articles/html5_xhtml2_and_the_future_of_the_web/> (名無しさん)

[26] Apple on XHTML 2 - Glazblog (2007-06-10 01:42:40 +09:00 版) <http://www.glazman.org/weblog/dotclear/index.php?2007/01/30/2479-apple-on-xhtml-2>

[411] >>26404

Apple on XHTML 2 - <Glazblog/> ( 版) <http://www.glazman.org/weblog/dotclear/index.php?post/2007/01/30/2479-apple-on-xhtml-2>

" We declined to participate in the XHTML2 Working Group because we think XHTML2 is not an appropriate technology for the web " -- Apple

[447] Put XHTML 2 to work now (2007-06-15 20:49:26 +09:00 版) <http://www.ibm.com/developerworks/library/x-xhtml2now.html> (名無しさん 2007-06-15 12:16:51 +00:00)

[448] XHTML2.0標準において注意すべき要素 | Tech de Go (2007-07-19 19:16:02 +09:00 版) <http://www.techdego.com/2007/01/xhtml20.php>

[30] XHTML2 Renamespaced - vantguarde - web:g (2008-05-11 14:43:51 +09:00 版) <http://web.g.hatena.ne.jp/vantguarde/20071025/1193308368>

[32] InfoQ: XHTML 2とHTML 5はまだ別々の道を歩む (alex[at]c4media[dot]com 著, 2008-10-11 12:41:47 +09:00 版) <http://www.infoq.com/jp/news/2008/08/xhtml2html5> (名無しさん)

[33] 純粋な疑問だけど、 >>32 の原文のような中身のない記事を書いている人もお金もらってるの?

[34] XHTML 2 を今すぐ使う ( 版) <https://www.ibm.com/developerworks/jp/xml/library/x-xhtml2now/>

[35] >>34 2007年にこんな記事かよ IBM wwww。 まあ確かに IBM の中の人は XHTML2 WG とか Forms WG にいたし IBM はこういうのが好きなんかな。

[405] XHTML2.0 でサイト構築する ( 版) <http://blog.4uing.com/web/xhtml20>

[406] >>405XHTML 2.0 文書の例として挙げられている 4Uing のヘルプ ( 版) <http://4uing.com/help/index>名前空間URLhttp://www.w3.org/1999/xhtml なのは最近の ED 通りなのでいいとして、 XHTML1form とか使っているのはどうなんだろう。

[407] HTML5 と XHTML2.0 - oogattaの勉強日記 ( 版) <http://d.hatena.ne.jp/oogatta/20081219/1229674223>

[408] >>407 だいたいあってる。

[409] XHTML2.0 でサイト構築する (2) ( 版) <http://blog.4uing.com/web/xhtml20-2>

[517] W3CがXHTML 2の策定打ち切りを決定、HTML 5の標準化に注力へ : Webブラウザ - Computerworld.jp ( 版) <http://www.computerworld.jp/topics/browser/154169.html>

[516] (X)HTML5 Tracking ( 版) <http://html5.org/tools/web-apps-tracker?from=3354&to=3355>

どさくさにまぎれて一緒にカットされた XForms かわいそすwwwwwwwwwwwwwwww

メモ

[431] でも、なんで roleruby みたいに XHTML 1XHTML 2 で共用にしないの? (名無しさん 2006-07-27 11:59:47 +00:00)

[440] XHTML 2.0 は新たな XLink になろうとしているようにも見える。 (名無しさん 2007-03-26 08:05:17 +00:00)

[458] XHTML™ 2.0 ( 版) <http://www.w3.org/MarkUp/2009/ED-xhtml2-20090407/>

[515] molly.com » W3C’s Steven Pemberton on XHTML2 ( 版) <http://www.molly.com/2009/06/02/why-xhtml2/comment-page-1/>

[553] Hixie's Natural Log: And on the Eighth Day, He brought forth Progress. And it was good. ( 版) <http://ln.hixie.ch/?start=1042630901&count=1>

[554] XHTML2 ネタをまだ引っ張ってみる。

今から5年以上は、 XHTML2 は希望の星みたいなもので、今から思うとみんな集団催眠にでもかかってるような感じだった。もちろん批判的な人も昔からいたんだけど、そんなのいつでもどこにでもいるわけで、何あの分からず屋、というな空気だったと思う。多分。

今じゃ HTML5 の編集者をやってる Ian Hickson が2003年に書いた記事がこれ <http://ln.hixie.ch/?start=1042630901&count=1>。最近たまたまこれを見つけて、何かの冗談かと思って何度か読み返してみたくらい。当人にとっては黒歴史みたいなものだろうに、ちゃんと公開し続けているのはすごい。でも当時の空気というか、催眠というか、 XHTML2 支持者である大半の人々 (まあ大半といったところで母数が大していなかったけどね) の感想をうまいことまとめてるんじゃないかなあ。別に当時の人みんなにアンケートとったわけじゃないから違うかもしれないけど、でも感覚的には、みんなこう思ってたんじゃないかなあ、と今でも言える。

結局みんなだまされてたんだな。当時の HTML WG の洗脳、ってか広報活動がうまかったのかな。あるいは XML でいくぞーという W3C や業界全体の空気かなあ。 Ian のような外人さんだけじゃなくて、日本のコミュニティーも同じような空気だったと思うから、すごい影響力だ。だけど本題とは関係ないけどいつも思うのは、この時は欧米のコミュニティーも日本のコミュニティーも同じような感じだったのに、欧米ではちゃんと現実を直視してそこから積み上げていこうとした Ian みたいな人達が出てきて、日本では何も生まれなかった、その違いは何なんだろうねー。

[555] Re: [xhtml-role] Extensibility of XHTML 1 and XHTML 1.1 (PR#9627) (Shane McCarron 著, 版) <http://lists.w3.org/Archives/Public/www-html-editor/2006JulSep/0137>

[556] ACTION-105 - HTML Weekly Tracker ( 版) <http://www.w3.org/html/wg/tracker/actions/105>

[557] Re: The only name for the xml serialisation of html5 (Dan Connolly 著, 版) <http://lists.w3.org/Archives/Public/public-html/2007Oct/0385.html>

[558] XHTML2 Working Group Teleconference -- 16 Sep 2009 ( 版) <http://www.w3.org/2009/09/16-xhtml-minutes.html#item03>

[559] IRC logs: freenode / #whatwg / 20090724 ( 版) <http://krijnhoetmer.nl/irc-logs/whatwg/20090724#l-358>

[560] Views and Feelings: XHTML2: not dead ( 版) <http://www.pemberton.nl/vandf/2009/07/xhtml2-not-dead.html>

[561] Views and Feelings: XHTML2: not dead ( 版) <http://www.pemberton.nl/vandf/2009/07/xhtml2-not-dead.html>

[562] XHTML™ 2.0 ( 版) <http://www.w3.org/MarkUp/2009/ED-xhtml2-20091022/>

[563] XHTML™ 2.0 ( 版) <http://www.w3.org/MarkUp/2010/ED-xhtml2-20100113/>

[564] XHTML™ 2.0 ( 版) <http://www.w3.org/MarkUp/2010/ED-xhtml2-20100306/>

[565] XHTML 2 Open Issues ( 版) <http://www.w3.org/MarkUp/2010/xhtml2-issues-20100307.html>

[566] XHTML 2 Open Issues ( 版) <http://www.w3.org/MarkUp/2010/xhtml2-issues-20100307.html>

[567] XHTML™ 2.0 ( ( 版)) <http://www.w3.org/TR/2010/NOTE-xhtml2-20101216/>

[568] XHTML™ 2.0 ( ( 版)) <http://www.w3.org/TR/2010/NOTE-xhtml2-20101216/>

[569] XHTML™ 2.0 - Introduction ( ( 版)) <http://www.w3.org/TR/2010/NOTE-xhtml2-20101216/introduction.html#s_intro_whatismod>

[570] IRC logs: freenode / #whatwg / 20120413 ( ( 版)) <http://krijnhoetmer.nl/irc-logs/whatwg/20120413#l-173>

[571] Hixie's Natural Log: And on the Eighth Day, He brought forth Progress. And it was good. ( ( 版)) <http://ln.hixie.ch/?start=1042630901&count=1>

[572] XHTML2 の最終版は XML EventsXForms要素XHTML名前空間に追加していますが (カメレオン名前空間)、両方共に action 要素が存在していて、 この衝突をどう解決するのかは何も触れられていません。

[573] XHTML2 の最終版には XForms から取り込まれた repeat-numbef 属性が本文では含まれていますが、 XForms にはなく、スキーマ上は repeat-number となっています。

[98] David Baron's weblog: ex-HTML ( 版) <http://dbaron.org/log/20090707-ex-html>

[99] HTML の呪縛を解き放て [22] ( 版) <http://www.w3.org/2005/Talks/1122-orf-cdf/>

XML 複合文書の実現により、HTML の呪縛を解き放て!

[108] XHTML2 & XForms () <https://www.w3.org/2006/Talks/05-16-steven-XHTML2-XForms/>

Earlier versions of HTML claimed to be backwards compatible with previous versions. For instance, HTML4

<meta name="author" content="Steven Pemberton"> 
puts the content in an attribute and not in the content of the element for this reason.

In fact, the only version of HTML that is in any sense backwards compatible is XHTML1 (others all added new functionality like forms and tables).

XHTML2 takes advantage of CSS not to be element-wise backwards compatible, but architecturally backwards compatible.

[109] これは斬新な後方互換性の定義でしたねぇ... XML の新機能を使わなければ HTML4 と (なんとなく) 互換な XHTML1 をよしとするのなら、それ以前の版の HTML も新機能を使わない限りにおいて前の版と互換な気がしますが... (それに HTML4 でできたことで XHTML1 でできなくなったことがかなり多いのにしれっと無視して互換とは一体...)

[110] そして以前の版の HTML の後方互換性をどれだけ否定したところで、 「architecturally backwards compatible」なる謎の概念を持ち出さないと結局 XHTML2 の正当性を主張できないというのもつらいですねwww

[111] CSS で大体の見た目を再現できればいいのなら、 DocBook だって TEI だって HTML と architecturally backwards compatible なんですよねぇ...
[112] XHTML M12N: XHTML 2.0 WD in .zip (Bjoern Hoehrmann著, ) <https://lists.w3.org/Archives/Public/www-html-editor/2004AprJun/0065.html>

http://www.w3.org/TR/2004/WD-xhtml-modularization-20040218/xhtml-modularization.zip

contains

  xhtml-modularization-20040218/SCHEMA/examples/xhtml1.1/test2.xml

which appears to be a member-only XHTML 2.0 Working Draft.