HelpPage

HelpPage

練習

[4] SandBox で練習出来ます。

書き方

テキスト整形のルール

[2] 通常は入力した文字がそのまま出力されますが、 以下のルールに従ってテキスト整形を行うことができます。

  • 空行は段落の区切りとなります。
  • 行頭がスペースで始まっていると、その段落は整形済みとして扱われます。プログラムを書き込むときに使うと便利です。
  • HTMLのタグは書けません。 (そのままになります。)
  • シングルクォート2個ではさんだ部分は、強調になります。
  • シングルクォート3個ではさんだ部分は、更に強調になります。
  • アスタリスク(*)を行頭に書くと、大見出しになります。
  • アスタリスク2個(**)を行頭に書くと、小見出しになります。 3個以上も同様です。
  • マイナス(-)を行頭に書くと、箇条書きになります。
  • マイナス2個(--)を行頭に書くと、箇条書きの中の箇条書きになります。 3個以上も同様です。
  • > を行頭に書くと、引用文が書けます。
  • >> を行頭に書くと、引用文中の引用文になります。 3個以上も同様です。
  • コロン(:)を行頭に書くと、用語と解説文が作れます。 次のようにします。
    :用語1:いろいろ書いた解説文1
    :用語2:いろいろ書いた解説文2
    :用語3:いろいろ書いた解説文3
用語1
いろいろ書いた解説文1
用語2
いろいろ書いた解説文2
用語3
いろいろ書いた解説文3
Wikiの名前作者URI
WikiWard Cunningham<http://www.c2.com/>
YukiWikiHiroshi Yuki<http://www.hyuki.com/>
WalWikiMakio Tsukamoto<http://digit.que.ne.jp/>
  • <http://www.hyuki.com/> のような URI は自動的にリンクになります。
  • 二重の大かっこ [[ ]] でくくった文字列を書くと、 ページ名になります。

高度な記述

[3] 行のはじめに [数字] と書くと、後から >>数字 のように参照できます。

[4] 文中で次の記法を使えます。 (ほとんどが同じ名前の HTML の要素に対応します。)

[ABBR[ ... ] [ ... ]]略語と完全形
[CODE[ ... ]]計算機符号
[DFN[ ... ]]定義する語
[KBD[ ... ]]入力する部分
[Q[ ... ]]引用
[RUBY[ ... ] [ ... ]]ルビ
[RUBY[ ... ] [ ... ] [ ... ]]ルビ
[RUBYB[ ... ] [ ... ]]ルビ (補助的)
[SAMP[ ... ]]
[VAR[ ... ]]変化部
[WEAK[ ... ]]弱調

[5] コメント入力欄は [[#comment]] と書きます。一つの頁にいくつでも入れることができます。

WikiForm という更に高度な入力欄作成機能も用意されています。

[6] 他の文書群 (たとえば、他の wiki の WikiPage) にリンクするための InterWiki という仕組みもあります。

Q & A

変更したのに表示に反映されません。でも再編集しようとするとちゃんと変更されています。何がおかしいのでしょうか?

[11] 表示はキャッシュしているので、しばらく待たないと反映されません。 スーパーリロードするとすぐに反映されます。

技術情報

[10] 現在 SuikaWiki で主として使用されている書式は SWML です。

[7] 現在 SuikaWiki で主として使用されている書式は SuikaWiki/0.9 形式です。 SuikaWiki/0.9 に正式な仕様書があります。

お問い合わせ

[1] ContactPage 参照。

メモ

[8] テスト (テスト [sep10] 2005-09-19 11:34:26 +00:00)

[9]

adadaad
ldadada

(名無しさん 2006-05-16 02:32:27 +00:00)

[12] Amazon.co.jpアソシエイト