Webサイト

Web サイト

[3] 一連の Webページ群のことをWebサイト (Web site) といいます。 曖昧でない時はサイト (site) と略すこともあります。

意味

[4] どこからどこまでが同じ Webサイトであるかは、著者利用者の認識により決まります。 技術的には Webサイトという単位はありません。(技術的には Webサーバーが近い概念ですが、 複数のWebサーバーによって Webサイトが構成されることは珍しくありませんし、 複数の Webサイトが単一の Webサーバーに同居することもあります。

[5] 同じ Webサイトは、一般的には、著者運営者が同じである、 同一のデザインで統一されている、相互にハイパーリンクで行き来できるなどの共通の性質を持つ Webページの範囲と認識されています。しかしここで示したどの性質も絶対的な条件ではなく、 むしろ満たさない例も少なくありません。

[12] あるWebサイト (と認識され得る範囲) のうちの一部分だけでも、 単独の Webサイト (と認識され得る範囲) として成立している (つまり Webサイト入れ子になっている) 場合もあります。

概念

[10]

マイクロデータ

[7] マイクロデータでは、 schema.org語彙より http://schema.org/WebSite によって Webサイトを表すことができます。

サイト名も参照。

関連

[6] Webサイトを代表する Webページを、トップページホームページポータルページなどと呼ぶことがあります。一般的には Webサイトを代表する Webサーバーpath /Webページです。

[13] かつてサイトという語を eTLD+1 の意味で使うことが提案されたことがありました。

[14] かつて IESite-Enter:Site-Exit: というHTTPヘッダーを実装していました。

歴史

[2] Include Your Site Name in Search Results - Structured Data — Google Developers ( 版) <https://developers.google.com/structured-data/site-name>

[8] 投稿型サイト簡単作成 – シェアインフォ – 投稿型Webサービスをすぐ簡単に公開できる ( ()) <https://theshare.info/>

[9] Site Engagement - The Chromium Projects () <https://www.chromium.org/developers/design-documents/site-engagement>

Site is an inexact term. For the purposes of site engagement, we’ll be treating origins as sites.

[11] Google ウェブマスター向け公式ブログ: 検索結果内の検索ボックスが新しくなりました () <https://webmaster-ja.googleblog.com/2014/09/improved-sitelinks-search-box.html>