文書

文書 (DOM)

仕様書

適合性

[85] 著者が作成する文書適合性については、 文書の適合性を参照。

Document オブジェクト (DOM)

[2] Document 界面は、 HTML 又は XML の文書自体を表します。

Document は、 文書中の全てのの大元のです。新しい節を作るには、 Document の method を使うことが出来ます。

[1] 文書節 (Document node) の子になれるは:

Element
最大1個 [DOM1]
ProcessingInstruction
[DOM1]
Comment
[DOM1]
DocumentType
[DOM1]

[3] DOM0JavaScript 束縛 (HTML の script 要素の中などで使う場合。) では、物体 window.document が当該窓で表示中の文書を表します。 この document 物体は DOM の Document 界面の実現値です。

DOM のownerDocument は、その節が所属する文書 (Document) を返します。

仕様書

状態

[9] 次の状態を持ちます。

文書の型
HTML文書XML文書のいずれか。
文書のモード
無奇癖モード限定奇癖モード奇癖モードのいずれか。
XMLDocument
XMLDocument インターフェイス実装しているかどうか。
iframe srcdoc文書
srcdoc 属性から作られたかどうか。
プラグイン文書
プラグインによって表示される資源への navigate で作成されたかどうかのフラグ。
文書の番地
文書自身の URL
フォールバック基底URL
文書基底URLなどの決定に使われる値です。
文書基底URL
文書中のURL解決基底URLとして使われる値です。
起源
文書の示された部分
素片識別子が指すものです。
対象要素
:target要素です。
参照元
Referer: ヘッダーで使った値です。 document.referrer が返す値となります。
参照元ポリシー
内容型
文書MIME型
[35] SVG navigate フラグ
getSVGDocument においては、 navigate において sniffed typeimage/svg+xml だったため作られた Document かどうかで、 動作が変わります。
文書の文字符号化
文書文字符号化
関連付けられたWindow
閲覧文脈中にある文書が持ちます >>10Document は、 Window への強い参照を持ちます >>48
関連付けられた不活性雛形文書
適切な雛形内容所有子文書
構文解析器
挿入点
構文解析器入力ストリーム中の位置または未定義です。 document.write で使われます。
現在文書準備度
delay the load event
delay the load event 中のものの数を表します。初期値は0です。
ready for post-load tasks 状態
completely loaded 状態
completely loaded から起算するタイマー
print when loaded フラグ
window.print構文解析器の終了後まで遅延させるためのフラグです。
HTTPS状態
文書の取得時の TLS に関する状態が設定されます。
CSPリスト
文書に関わる CSP の設定が含まれます。
active sandboxing flag set
セッション履歴
文書を表すセッション履歴エントリーが含まれるセッション履歴History オブジェクトから参照される。
History
閲覧文脈セッション履歴を表すもの。文書ごとに存在する。
最新エントリー
セッション履歴エントリーのうち最新のもの。存在しないこともある。
イベントループ
閲覧文脈中にある文書の場合、活性文書である時その閲覧文脈が属する関係する類似起源閲覧文脈の単位イベントループ
アニメーションフレームコールバックのリスト
アニメーションフレームコールバック識別子
salvageable フラグ
初期値は >>47
fired unload フラグ
初期値は >>47
unload a document 呼び出し済みフラグ
初期値はdocument.open で参照されます。
page showing フラグ
pageshowpagehide の整合性を保つために使います >>47。初期値は >>47
可視性状態
文書画面内にあるかどうかの状態です。
ignore-opens-during-unload counter
document.open を抑制させるフラグです。
ignore-destructive-writes counter
document.write を抑制させるフラグです。
throw-on-dynamic-markup-insertion counter
document.open を抑制させるフラグです。
fetch
文書に関して行われた fetch。すなわち、文書のabortで停止されるべき fetch です。
iframe load in progress フラグ
mute iframe load フラグ
ワーカー
ワーカーのDocumentの逆方向の関係のリストです。 (文書を捨てる時に使います。)
完全に活性
文書の閲覧文脈
子供閲覧文脈
文書通して入れ子子供閲覧文脈のリストです。
子孫閲覧文脈のリスト
活性構文解析器
list of scripts that will execute when the document has finished parsing
list of scripts that will execute in order as soon as possible
set of scripts that will execute as soon as possible
pending parsing-blocking script
currentScript
モジュール写像
モジュールスクリプトのfetchで参照されるモジュール写像です。
文書要素
文書head要素
文書body要素
時刻起源
これから宣言的に更新する
allowpaymentrequest flag
allowusermedia flag
designMode
応用キャッシュ

メンバー

[33] Document の中には、それを継承するインターフェイスである XMLDocument実装するものもあります。

[34] XML文書がすべて XMLDocument になるわけではありません。 限られた方法で作ったもののみが XMLDocument となります。

[18] Results for document (an HTML document object) ( 版) <http://suika.fam.cx/gate/test-results/list/enum-document/all> もご覧ください。

[4] Node, EventTarget, DocumentView, DocumentWindow, DocumentCSS, DocumentTraversal, HTMLDocument, SVGDocument, MathMLDocument

activeElementHTMLDocument2 (Trident)
addBinding
adoptNodeDOM3
alinkColorDOM0
allHTMLDocument2 (Trident)
anchors
appletsHTML5
attachEventHTMLDocument3 (Trident)
baseUrlHTMLDocument3 (Trident)
captureEventsdocument (JavaScript 1.2)
charsetHTMLDocument2 (Trident)
classesdocument (JavaScript 1.2)
clearDocument (WinIE 3)
compatMode
contentTypeDOM0
contextualdocument (JavaScript 1.2)
cookiedocument (JavaScript 1.0)
createDocumentFromUrlHTMLDocument4 (Trident)
CreateEventObjectHTMLDocument4 (Trident)
createExpressionGecko
createNodeIteratorDOM2
createNSResolverDOM3
createRangeDOM2
createRenderStyleHTMLDocument4 (Trident)
createStyleSheetHTMLDocument2 (Trident)
  • createTouch
  • createTouchList
    defaultCharsetHTMLDocument2 (Trident)
  • designMode
    detachEventHTMLDocument3 (Trident)
    dirHTMLDocument3 (Trident)
    読取専用属性doctype文書型[DOM1]
    domaindocument (JavaScript 1.1)
    elementFromPointHTMLDocument2 (Trident)
    enableDownloadHTMLDocument3 (Trident)
    enableStyleSheetsForSetCSSOM
    evaluate
    execCommandHTMLDocument2 (Trident)
    execCommandShowHelpHTMLDocument2 (Trident)
  • exitPointerLock
    expandoHTMLDocument2 (Trident)
    fgColorHTML5
    fileCreatedTimeHTMLDocument2 (Trident)
    fileModifiedTimeHTMLDocument2 (Trident)
    fileUpdatedTimeHTMLDocument2 (Trident)
    FireEventHTMLDocument4 (Trident)
    allHTMLDocument2 (Trident)
    fileSizeHTMLDocument2 (Trident)
    focusHTMLDocument4 (Trident)
    getAnonymousElementByAttributeGecko
    getAnonymousNodesGecko
    getBindingParentGecko
    getBoxObjectForGecko (非推奨)
    getElementsByClassNameHTML5
    getItems
    getSelectiondocument (JavaScript 1.2)
    handleEventdocument (JavaScript 1.2)
    heightdocument (JavaScript 1.2)
  • hidden
    idsdocument (JavaScript 1.2)
    読取専用属性implementationDOM 実装[DOM1]
    読取専用属性documentElement文書要素[DOM1]
    methodcreateDocumentFragment文書断片作成[DOM1]
    methodcreateTextNode文節作成[DOM1]
    methodcreateComment注釈作成[DOM1]
    methodcreateCDATASection文字データ区間作成[DOM1]
    methodcreateProcessingInstruction処理指令作成[DOM1]
    methodcreateAttribute属性作成[DOM1]
    methodcreateAttributeNS属性作成[DOM2]
    methodcreateEntityReference実体参照作成[DOM1]
    focusHTMLDocument4 (Trident)
    methodgetElementById識別子による子要素取得[DOM2]
    methodgetElementsByTagName要素型名による子要素取得[DOM1]
    methodgetElementsByTagNameNS要素型名による子要素取得[DOM2]
    hasFocusHTMLDocument4 (Trident)
    inheritStyleSheetsHTMLDocument3 (Trident)
    lastStyleSheetSetCSSOM
    lastModifieddocument (JavaScript 1.0)
    loadBindingDocumentGecko
    locationdocument (JavaScript 非推奨, WinIE 3)
    mediaHTMLDocument4 (Trident)
    mimeTypeHTMLDocument2 (Trident)
    namePropHTMLDocument2 (Trident)
    namespacesHTMLDocument4 (Trident)
    onactivateHTMLDocument5 (Trident)
    onafterupdateHTMLDocument2 (Trident)
    onbeforeactivateHTMLDocument5 (Trident)
    onbeforedeactivateHTMLDocument5 (Trident)
    onbeforeeditfocusHTMLDocument3 (Trident)
    onbeforeupdateHTMLDocument2 (Trident)
    oncellchangeHTMLDocument3 (Trident)
    onclickdocument (JavaScript 1.0)
    oncontextmenuHTMLDocument3 (Trident)
    oncontrolselectHTMLDocument4 (Trident)
    ondataavailableHTMLDocument3 (Trident)
    ondatasetchangedHTMLDocument3 (Trident)
    ondatasetcompleteHTMLDocument3 (Trident)
    ondblclickdocument (JavaScript 1.0)
    ondeactivateHTMLDocument5 (Trident)
    ondragstartHTMLDocument2 (Trident)
    onerrorupdateHTMLDocument2 (Trident)
    onfocusinHTMLDocument5 (Trident)
    onfocusoutHTMLDocument5 (Trident)
    onhelpHTMLDocument2 (Trident)
    onkeydowndocument (JavaScript 1.0)
    onkeypressdocument (JavaScript 1.0)
    onkeyupdocument (JavaScript 1.0)
    onloadOpera
    onmousedowndocument (JavaScript 1.0)
    onmouseupdocument (JavaScript 1.0)
    onmousewheelHTMLDocument5 (Trident)
    onpropertychangeHTMLDocument3 (Trident)
    onreadystatechangeHTMLDocument2 (Trident)
  • removeBinding
  • onpointerlockerror
  • onpointerlockchange
    onrowexitHTMLDocument2 (Trident)
    onrowenterHTMLDocument2 (Trident)
    onrowsdeleteHTMLDocument3 (Trident)
    onrowsinsertedHTMLDocument3 (Trident)
    onselectionchangeHTMLDocument4 (Trident)
    onselectstartHTMLDocument2 (Trident)
    onstopHTMLDocument3 (Trident)
    parentDocumentHTMLDocument3 (Trident)
    parentWindowHTMLDocument2 (Trident)
    pluginsdocument (JavaScript 1.1)
    postMessage
    preferredStyleSheetSetCSSOM
    protocolHTMLDocument2 (Trident)
    queryCommandEnabledHTMLDocument2 (Trident)
    queryCommandIndetermHTMLDocument2 (Trident)
    queryCommandStateHTMLDocument2 (Trident)
    queryCommandSupportedHTMLDocument2 (Trident)
    queryCommandTextHTMLDocument2 (Trident)
    queryCommandValueHTMLDocument2 (Trident)
    recalcHTMLDocument3 (Trident)
    readyStateHTMLDocument2 (Trident)
    referrerdocument (JavaScript 1.0)
    releaseCaptureHTMLDocument3 (Trident)
    releaseEventsdocument (JavaScript 1.2)
    removeBindingGecko
    routeEventdocument (JavaScript 1.2)
    securityHTMLDocument2 (Trident)
    selectionHTMLDocument2 (Trident)
    selectedStyleSheetSetCSSOM
    setBoxObjectFor
    styleSheetsHTMLDocument2 (Trident)
    styleSheetSetsCSSOM
    tagsdocument (JavaScript 1.2)
    text
    uniqueIDHTMLDocument3 (Trident)
    URLdocument (JavaScript 1.0)
    urlHTMLDocument2 (Trident)
    URLUnencodedHTMLDocument4 (Trident)
  • visibilityState
  • mozVisibilityState
  • msisibilityState
  • webkitVisibilityState
    widthdocument (JavaScript 1.2)
  • Related: HTMLDocument, SVGDocument, DocumentTraversal

    [12] DOM Client Object Cross-Reference:document - MDC (2006-01-30 05:13:37 +09:00 版) <http://developer.mozilla.org/en/docs/DOM_Client_Object_Cross-Reference:document> (名無しさん)

    Document 物体が実装し得る界面

    [9] Document 物体が実装しているかもしれない界面には、 次のようなものがあります。

    Document
    DOM水準1〜3
    DocumentView
    DOM水準2
    DocumentEvent
    DOM水準2〜3
    DocumentStyle
    DOM水準2
    DocumentCSS
    DOM水準2
    DocumentTouch
    Touch Events (旧)

    など

    参考文献

    [13] Opera 9 は、 XML 文書文書要素の外の空白Text 節点として残すようです。

    生成

    [36] 文書が作成される場面には、次のものがあります。

    x
    処理・種別
    input
    入力
    html
    HTML文書/XML文書
    mime
    内容型
    xmldoc
    XMLDocument
    origin
    起源
    url
    番地
    x
    navigate (URL)
    html
    Content-Typeメタデータ次第
    xmldoc
    ×
    origin
    資源依存
    effective
    資源依存
    mime
    Content-Typeメタデータ次第
    url
    最後の応答URL
    input
    バイト列
    x
    navigate (iframe srcdoc文書)
    html
    HTML文書
    xmldoc
    ×
    mime
    text/html
    url
    about:srcdoc
    origin
    親閲覧文脈 sandbox による
    #input
    ?
    x
    navigate (XSLT)
    input
    XSLT
    x
    関連付けられた不活性雛形文書
    html
    元の文書と同じ
    xmldoc
    ×
    origin
    新しい不透明起源
    input
    なし
    x
    HTML Imports
    html
    HTML文書
    xmldoc
    ×
    origin
    input
    バイト列
    x
    new Document
    xmldoc
    ×
    html
    XML文書
    origin
    大域オブジェクト文書起源
    mime
    application/xml
    input
    なし
    x
    responseXML
    xmldoc
    ×
    html
    Content-Typeメタデータ次第
    origin
    文脈オブジェクト設定群オブジェクトと同じ
    effective
    文脈オブジェクト設定群オブジェクトと同じ
    mime
    Content-TypeメタデータoverriddenMimeType 次第
    input
    バイト列
    x
    createDocument
    xmldoc
    html
    XML文書
    origin
    文脈オブジェクト文書起源
    mime
    文書要素次第
    input
    なし
    x
    createHTMLDocument
    xmldoc
    ×
    html
    HTML文書
    origin
    文脈オブジェクト文書起源
    mime
    text/html
    input
    なし
    x
    parseFromString
    xmldoc
    html
    MIME型次第
    origin
    新しい不透明起源
    mime
    引数次第
    input
    文字列
    x
    transformToDocument
    html
    xslt:output 次第
    origin
    新しい不透明起源
    input
    XSLT
    x
    初期about:blank文書
    xmldoc
    ×
    html
    HTML文書
    origin
    作成子Document依存
    effective
    作成子Document依存
    url
    about:blank
    input
    なし
    x
    clone
    html
    元と同じ
    origin
    元と同じ
    xmldoc
    元と同じ
    mime
    元と同じ
    url
    元と同じ
    input
    DOM
    [37] innerHTML など素片構文解析アルゴリズムでも文書が作られますが、 スクリプトから観測することはできません。

    廃棄

    [46] 文書の廃棄の処理やそれを試みる処理は色々あります。

    文書の分類

    [44] 文書の分類

    文脈

    [45] 文書は色々な場面で使われます。

    Window インターフェイス document 属性

    [42] Window インターフェイスdocument IDL属性取得器は、 次のようにしなければなりません >>49

    1. [53] 文脈オブジェクト関連付けられた文書を返します。

    [55] このIDL属性は、 Unforgeable です >>49

    [54] 文書環境JavaScript ソースコードで単に document と書いて文書にアクセスできるのは、本 IDL属性が呼び出されるからです。


    [66] Window オブジェクトは、 関連付けられた Document (associated Document) を持ちます >>49

    [43] window.document の値は、普通は作成時に作られてから変化しません。 例外的に、初期about:blank文書と共に作られた Window オブジェクトの場合には、 文書オブジェクトの初期化の際に変更されることがあります。

    [64] 詳しくは活性文書の設定を参照。

    歴史

    SGML

    [59] JIS X 4151‐1992 3.
    (229) 文書 (document)
    1単位として処理される情報の集まりを記述したもの。
    [60] ISO/IEC 10744:1997 3 Definitions <http://www.y12.doe.gov/sgml/wg8/docs/n1920/html/clause-3.html#def-3.23>
    3.23 文書 (document)
    1単位として識別され、人間が知覚することを想定した情報集成

    XML

    文書 (document)
    文書データ流れ (stream) であって、 その参照する任意の他の流れと結合することによって、 関連付けられた DTD で定義されている形で組織化された要素中に含まれる情報を持つよう構造化されているものです。
    [61] Service Modeling Language, Version 1.1 ( 版) <http://www.w3.org/TR/2009/REC-sml-20090512/#document>
    Document
    A well-formed XML document, as defined in [XML].

    DOM2 DocumentView

    [50] DOM ViewDocumentView 界面は、 Document 物体に実装されて、 文書物体から view 物体への access となるものです。

    [51] defaultView IDL属性のみがありました。

    [52] この界面が実装されているかは、 hasFeatureView/2.0 で確認出来ます。


    [72] DOM AbstractView.document 属性の値は、その view の対象である文書 (DocumentView) です。 この属性は読取専用です。

    [73] この属性の初出は DOM 2 View です。 hasFeature では View/2.0 で実装の有無を確認出来ます。

    [76] 一行で IE の JavaScript を高速化する方法 - IT戦記 ( 版) <http://d.hatena.ne.jp/amachang/20071010/1192012056>

    [77] (X)HTML5 Tracking ( 版) <http://html5.org/tools/web-apps-tracker?from=3713&to=3714>

    [78] Web Applications 1.0 r6115 Change how document[name] works to be compatible with both IE (which typically are targetted with <object>) and other UAs (which typically are targetted with <embed>). ( ( 版)) <http://html5.org/tools/web-apps-tracker?from=6114&to=6115>

    [79] Web Applications 1.0 r6771 A first pass (for this quarter, anyway) at cleaning up some terminology around the word 'document'. ( ( 版)) <http://html5.org/tools/web-apps-tracker?from=6770&to=6771>

    [80] Web Applications 1.0 r7845 Match reality better. (Turns out parts of the spec already assumed this was defined this way anyway.) ( ( 版)) <http://html5.org/tools/web-apps-tracker?from=7844&to=7845>

    [81] Web Applications 1.0 r8097 Add more cross references to the new 'concept-window-document' thing, and clean up <frameset>'s event definitions (I always forget to update that when I'm updating <body>'s...). ( ( 版)) <http://html5.org/tools/web-apps-tracker?from=8096&to=8097>

    根節点 (XPath 1.0 データ・モデル)

    [14] XPath 1.0データ・モデルでは、 XML文書に対応する構造のうちの最上位にある節点根節点 (root node) です。

    XPath 1.0XSLT 1.0データ・モデルでは根節点といいますが、 DOMでは「文書節点」 (Document節点)、 XML情報集合では「文書情報項目」、 XPath 2.0XSLT 2.0XDM では「文書節点」と呼んでいます。 XDM では「根節点」はのことをいいます。

    仕様書

    親節点

    [5] 根節点は、親節点を持ちません。

    子供節点

    [6] XPath 1.0データ・モデルでは、根節点子供となるのは丁度1個の文書要素要素節点と、零個以上の注釈節点処理指令節点です。

    XPath 1.0データ・モデルには文書型宣言相当のものはありません。

    [16] XSLT 1では、XPath 1.0データ・モデルより拡張されていて、 原始木結果木も、要素節点の個数は零個以上の任意個で、 テキスト節点子供にすることもできます。 XSLT 1.0

    外部解析対象実体相当の表現力です。

    根要素・文書要素との関係

    [7] 根節点 = 文書節点根要素 = 文書要素は、 名前が似ていて紛らわしいですが、別のものです。根要素根節点子供にあたります。

    [19] XPath 2.0 が採用している XDM では「根節点」はを指し、 文書節点 (相当) とは限りません。

    文書情報項目 (XML 情報集合)

    [17] XML情報集合文書情報項目 (the document information item) は、 XML 文書を表す情報項目です。

    文書節点 (XDM)

    仕様書

    子供

    [21] XDM文書節点子供として、要素節点テキスト節点コメント節点処理指令節点を任意の順序で0個以上使うことを認めています。 XML情報集合などに比べて制限が非常に緩くなっています。 >>20

    [62] XQuery 1.0 and XPath 2.0 Data Model (XDM) (Second Edition) ( ( 版)) <http://www.w3.org/TR/2010/REC-xpath-datamodel-20101214/#dt-document>

    [63] XQuery and XPath Data Model 3.0 ( ( 版)) <http://www.w3.org/TR/xpath-datamodel-3/#dt-document>

    HTML5

    [22] Web Applications 1.0 r6153 The platform is full of crazy. ( ( 版)) <http://html5.org/tools/web-apps-tracker?from=6152&to=6153>

    [23] Web Applications 1.0 r6329 Move some Document concepts to DOM Core. ( ( 版)) <http://html5.org/tools/web-apps-tracker?from=6328&to=6329>

    [24] Web Controls 1.0 ( ( 版)) <http://www.whatwg.org/specs/web-controls/current-work/#the-documentui>

    [25] Web Applications Markup Language 1.0 ( ( 版)) <http://hixie.ch/specs/html/apps/web-apps-1#the-documentui>

    [26] IRC logs: freenode / #whatwg / 20120628 ( ( 版)) <http://krijnhoetmer.nl/irc-logs/whatwg/20120628#l-252>

    [27] IRC logs: freenode / #whatwg / 20121011 ( ( 版)) <http://krijnhoetmer.nl/irc-logs/whatwg/20121011>

    [28] XBL 2.0 ( ( 版)) <http://dev.w3.org/2006/xbl2/Overview.html#the-documentxbl-interface>

    [30] Web Applications 1.0 r8273 Remove security checks on Document since there should now be no way to get to a Document from another origin. ( ( 版)) <http://html5.org/tools/web-apps-tracker?from=8272&to=8273>

    [31] Web Applications 1.0 r8406 Rearrange how Document objects are initialized and created to make things a little clearer ( ( 版)) <http://html5.org/tools/web-apps-tracker?from=8405&to=8406>

    [32] XQuery and XPath Data Model 3.0 ( ( 版)) <http://www.w3.org/TR/xpath-datamodel-3/#DocumentNode>

    [39] Tie Location to the Window object · whatwg/html@fdd8216 ( 版) <https://github.com/whatwg/html/commit/fdd8216a902a065dd3e205cbbc1b5a6b527970a2>

    [40] Adding event handler attributes cut/copy/paste · whatwg/html@efe130a ( 版) <https://github.com/whatwg/html/commit/efe130a0566a43067659c1d92bf712b151db0727>

    [41] Shadow: add DocumentOrShadowRoot mixin · whatwg/dom@4183385 ( 版) <https://github.com/whatwg/dom/commit/418338575c7f79a18d20ebcc88c19834366379cf>

    [56] Align with origin changes in HTML · whatwg/dom@20b3f3e ( 版) <https://github.com/whatwg/dom/commit/20b3f3e427180e40531a40d1d93ea0097c221c90>

    [57] Change .createElement() namespace to match UAs by ayg · Pull Request #213 · whatwg/dom ( 版) <https://github.com/whatwg/dom/pull/213>

    [58] [blink] Revision 166179 ( 版) <https://src.chromium.org/viewvc/blink?view=revision&revision=166179>

    [65] Be more precise about nested and discarded browsing contexts (domenic著, ) <https://github.com/whatwg/html/commit/39118df640ad4a3f03f164fb5ffe0a56316297be>

    [67] Make Window and Document named/indexed properties exclude shadow trees (domenic著, ) <https://github.com/whatwg/html/commit/7b567729ac3cc66b074b0df53138c353ec540bb9>

    [68] 22960 – Document, XMLDocument, HTMLDocument, oh my () <https://www.w3.org/Bugs/Public/show_bug.cgi?id=22960>

    [69] Specify global object references in more detail (annevk著, ) <https://github.com/whatwg/dom/commit/fa8adb6cd107cd845feaeb71c9da208971b670ca>

    [70] 22960 – Document, XMLDocument, HTMLDocument, oh my () <https://www.w3.org/Bugs/Public/show_bug.cgi?id=22960>

    [71] Copy the origin pointer when cloning a document (annevk著, ) <https://github.com/whatwg/dom/commit/623f655c9f58039fa6b30e0f65ee325700e8b977>

    [38] XQuery and XPath Data Model 3.1 () <https://www.w3.org/TR/2017/REC-xpath-datamodel-31-20170321/#dt-document>

    [82] What Is an ActiveX Document? () <https://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa733734(v=vs.60).aspx>

    The word "document" in "ActiveX document" is somewhat misleading. While the genesis of ActiveX documents reveals that a Microsoft Visual Basic ActiveX document is analogous to a Word document, when you create a Visual Basic ActiveX document, the distinction between a "document" and an application becomes genuinely blurred. While a traditional document (such as a Word document) is static, ActiveX documents need not be. Using Visual Basic, you can create a complete application with the semantics of a traditional document. In other words, you have the functionality of the application, but the flexibility of a document's behavior — when a user opens an ActiveX document, she will not only have the full functionality of an application, but the ability to persist and distribute "copies" of the data intrinsic to the application. Thus, the "document" is truly active.

    [83] Remove <applet> (zcorpan著, ) <https://github.com/whatwg/html/commit/b9b9d60f9451c05f8e8d542e4094f987ae1a5fb8>

    [84] <a> and <area> are not window named objects (ayg著, ) <https://github.com/whatwg/html/commit/9c209523143cb97551799e185e2a5d2750854bda>

    [86] Cleanup remaining Document/Window object relations (annevk著, ) <https://github.com/whatwg/html/commit/39dbb3e6de4216476cf7193ad9e5d56a861d5297>

    [87] Cleanup remaining Document/Window object relations by annevk · Pull Request #3933 · whatwg/html () <https://github.com/whatwg/html/pull/3933>