HTML名前空間

HTML 名前空間 http://www.w3.org/1999/xhtml (HTML)

[1] http://www.w3.org/1999/xhtml は、 HTML名前空間URL (HTML名前空間 (namespace) ) >>14 です。

[11] 元々 XML + XML名前空間HTML を移植した XHTML において HTML 語彙名前空間名として導入されました。その後 DOMXML名前空間を統合し、 HTML要素をも名前空間URL局所名の組によって識別するようになったため、 XML でない HTML でも名前空間URLとして用いられるようになりました。

[15] 名前空間URLですから、この URL が指す文書には特に意味がありません。

仕様書

語彙

[12] HTML要素は、すべて本名前空間に属します。

HTMLの要素を参照。

[13] 歴史的にはともかく、現在 HTML名前空間に直接所属する属性はありません。

HTMLの要素属性は、null名前空間に属します。

歴史

[2] 名前空間URI http://www.w3.org/1999/xhtml を用いる仕様:

大域属性

[4] XHTML m12n 1.1 <IW:XHTML1m12n:"abstract_modules.html#s_commonatts"> によれば、 XHTML属性集成に含まれる属性は、 XHTML 以外名前空間要素大域属性として使うことができます。

HTML5 の「大域属性」とここでの「大域属性」は意味が異なります。 HTML5 の「大域属性」については >>6 を参照してください。
[3] HTML名前空間大域属性の一覧
名前状態出典
xhtml:aboutW3C 勧告RDFa, XHTML 2.0
xhtml:active削除 → irrelevant (WHATWG WD)Web Applications 1.0
xhtml:citeW3C EDXHTML 2.0
xhtml:classW3C 勧告XHTML m12n 1.1, XHTML 2.0
xhtml:contentW3C 勧告RDFa, XHTML 2.0
xhtml:coordsW3C EDXHTML 2.0
xhtml:datetimeW3C EDXHTML 2.0
xhtml:datatypeW3C 勧告RDFa, XHTML 2.0
xhtml:dirW3C 勧告XHTML m12n 1.1, XHTML 2.0
xhtml:editW3C EDXHTML 2.0
xhtml:encodingW3C EDXHTML 2.0
xhtml:hrefW3C 勧告RDFa 1.1, XHTML 2.0
xhtml:hreflangW3C EDXHTML 2.0
xhtml:hrefmediaW3C EDXHTML 2.0
xhtml:hreftypeW3C EDXHTML 2.0
xhtml:idW3C 勧告XHTML m12n 1.1, XHTML 2.0
xhtml:inlistW3C 勧告RDFa 1.1
xhtml:instanceof削除 → typeof (W3C LCWD)RDFa, XHTML 2.0
xhtml:ismapW3C EDXHTML 2.0
xhtml:layoutW3C EDXHTML 2.0
xhtml:mediaW3C EDXHTML 2.0
xhtml:nextfocusW3C EDXHTML 2.0
xhtml:onclickW3C 勧告XHTML m12n 1.1
xhtml:ondblclickW3C 勧告XHTML m12n 1.1
xhtml:onmousedownW3C 勧告XHTML m12n 1.1
xhtml:onmouseupW3C 勧告XHTML m12n 1.1
xhtml:onmouseoverW3C 勧告XHTML m12n 1.1
xhtml:onmousemoveW3C 勧告XHTML m12n 1.1
xhtml:onmouseoutW3C 勧告XHTML m12n 1.1
xhtml:onkeypressW3C 勧告XHTML m12n 1.1
xhtml:onkeydownW3C 勧告XHTML m12n 1.1
xhtml:onkeyupW3C 勧告XHTML m12n 1.1
xhtml:prefixW3C 勧告RDFa 1.1
xhtml:prevfocusW3C EDXHTML 2.0
xhtml:propertyW3C 勧告RDFa, XHTML 2.0
xhtml:relW3C 勧告RDFa, XHTML 2.0
xhtml:repeatWHATWG WDWeb Forms 2.0
xhtml:repeat-maxWHATWG WDWeb Forms 2.0
xhtml:repeat-minWHATWG WDWeb Forms 2.0
xhtml:repeat-startWHATWG WDWeb Forms 2.0
xhtml:repeat-templateWHATWG WDWeb Forms 2.0
xhtml:resourceW3C LCWDRDFa, XHTML 2.0
xhtml:revW3C 勧告RDFa, XHTML 2.0
xhtml:roleW3C LCWDRole, XHTML 2.0
xhtml:shapeW3C EDXHTML 2.0
xhtml:srcW3C 勧告RDFa, XHTML 2.0
xhtml:srctypeW3C EDXHTML 2.0
xhtml:styleW3C EDXHTML 2.0
xhtml:targetW3C EDXHTML 2.0
xhtml:titleW3C 勧告XHTML m12n 1.1, XHTML 2.0
xhtml:typeofW3C 勧告RDFa
xhtml:usemapW3C EDXHTML 2.0
xhtml:vocabW3C 勧告RDFa 1.1

[5] Style 属性集成に含まれる style 属性は、なぜか大域属性の定義が XHTML m12n 1.1 DTDモジュールに含まれていません。 xml:spacexml:lang もなぜかw

XLIFF の規定

[8] XLIFF 1.2 Representation Guide for HTML ( 版) <http://docs.oasis-open.org/xliff/v1.2/xliff-profile-html/xliff-profile-html-1.2-cd02.html#Structure_MappingAttributes>

XLIFF 1.2 (の手引き) では、 HTMLデータXLIFF として表現する方法が定義されています。そこでは、 XLIFF に直接写像できない HTML属性HTML名前空間大域属性として表すこととしています。 例示としては html:class, html:bordercolorlight, html:bordercolordark が挙げられています。

HTML5 大域属性

[6] HTML名前空間のすべての要素型で定義されている属性については、 HTMLの大域属性の項をご覧ください。

[7] なお、他の名前空間で定義され、 HTML名前空間要素での使用が認められている、 あるいは特に禁じられていない属性名前空間接頭辞つきで用いることができます。 例えば、 XML名前空間XMLNS名前空間の次の属性が使えます。

xml:baseW3C 勧告XML基底
xml:idW3C 勧告xml:id
xml:langW3C 勧告, WHATWG WDXML, HTML 5
xml:spaceW3C 勧告XML
xmlnsW3C 勧告XML名前空間
xmlns:*W3C 勧告XML名前空間

メモ

[9] IRC logs: freenode / #whatwg / 20130116 ( ( 版)) <http://krijnhoetmer.nl/irc-logs/whatwg/20130116#l-410>

[10] IRC logs: freenode / #whatwg / 20140917 ( ( 版)) <http://krijnhoetmer.nl/irc-logs/whatwg/20140917#l-1196>

[16] 同志社大学 歴史資料館 ( 版) <http://hmuseum.doshisha.ac.jp/html/database/timescale/>

<h2 style="margin:0px;" xmlns="">西暦和暦変換</h2>