Japanese Calendar

和暦

[1] 和暦は、日本です。本項では、日本の暦全般を扱います。

呼称

[2] 日本のことを、和暦邦暦Japanese Calendar などと呼びます。

[3] これらの言葉の指すものは、日本システム全般だったり、 元号のことだけだったり、旧暦のことだったりします。 どれを意味しているのかは、文脈から判断するしかありません。

暦法

[4] 以後の日本の暦は、改暦ノ詔書並太陽暦頒布閏年ニ関スル件によって規定される太陽暦であり、 西洋グレゴリオ暦月日が完全に一致しています。

[5] それ以前は、旧暦でした。

[52] 祭事などでは現在でも旧暦を用いる場合があります。 あるいは月遅れ暦によることもあります。 旧暦月遅れ暦

[127] 東アジアには、 中国式太陰太陽暦日付漢数字で、 グレゴリオ暦日付アラビア数字で表記する書き分けの慣習が一部にあります。 日本においても、 旧暦漢数字、 新暦をアラビア数字で書くことがあります。 しかし広く普及し認知されているとは言い難いです。

紀年法

[6] 現代日本では、 紀年法として日本の元号西暦が併用されています。 その他のいろいろな紀年法が使われることもあります。 現代日本の紀年法

年度

[129] 4月年始とする会計年度学校年度を始めとする様々な年度グレゴリオ年と併用されています。

年度参照。

月名

[45] 日本では、月名月番号 + 接尾辞の「」 によって表されてきました。例えばあるの4つ目の4月と呼ばれています。

[46] その他に、卯月のような異称も使われてきました。 現在もたまに用いられている代表的な異称の他に、 様々なバリエーションが知られています。 詳しくは日本の月名を参照。

[47] 旧暦時代には、第1月のことを正月と呼ぶのが正式とされていたようです。 現在と同じように1月と呼ぶこともあったようですが、どれくらいの比率だったのかはわかりません。

日付の換算

[40] 暦法紀年法和暦西暦の換算については、 暦の換算を参照。

曜日

[74] 曜日参照。

時刻

[9] 明治6年1月1日以後、 改暦ノ詔書並太陽暦頒布で制定された定時法と、 12時間制が用いられています。

[11] 分野によっては24時間制も用いられています。

[12] 現在の日界正子ですが、分野によっては30時間制などが用いられることもあります。 歴史的には他の日界も用いられました。 日界

[10] 標準時として、 UTC と9時間の時差がある中央標準時以来用いられています。

[15] UTC への閏秒の挿入と同期して標準時にも閏秒が挿入されています。

閏秒参照。

[30] 例外として、建築基準法に定められた日影規制においては、 冬至日真太陽時が用いられています。 真太陽時は観測位置によって異なりますから、法令上定められた時間が表す中央標準時時間も、 建築物所在地によって異なってきます。

[213] いくつかの法令日出日没時間制限の基準としています。 日出入

祝日

[13] 日本の祝日を参照。

法的な状態

[174] 日本国における日時法令上の状態は、次のように整理できます。

[183] これとは別に JIS X 0301 (ISO 8601) が存在し、 グレゴリオ暦/西暦に相当するものを定義しています。 (元号を除き、日本国の国内法は直接参照していません。)

ISO 8601 を参照。

実施

[16] 頒暦報時を参照。

アイヌ暦

[128] かつて北海道樺太千島列島で用いられた日時は、 アイヌ暦を参照。

識別子

日本の元号

メモ

[38] Template:和暦 - Wikipedia ( 版) https://ja.wikipedia.org/wiki/Template:%E5%92%8C%E6%9A%A6

[39] ノート:6月2日 - Wikipedia ( 版) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:6%E6%9C%882%E6%97%A5

[98] 国立国会図書館デジタルコレクション - 太政官日誌. 慶応4年 第1−2巻 () http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787614/74

[99] 国立国会図書館デジタルコレクション - 太政官日誌. 明治2年 第11−20号 () http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787635/21

[100] 国立国会図書館デジタルコレクション - 法令全書. 明治2年 () http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787949/52

[101] 国立国会図書館デジタルコレクション - 法令全書. 明治2年 () http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787949/42

[102] 国立国会図書館デジタルコレクション - 法令全書. 明治5年 () http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787952/78

[103] 国立国会図書館デジタルコレクション - 法令全書. 明治6年 () http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787953/91

[104] 国立国会図書館デジタルコレクション - 法令全書. 明治6年 () http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787953/114

[110] 国立国会図書館デジタルコレクション - 法令全書. 明治2年 () http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787949/209

[132] Kyoto University Research Information Repository: 古代日本の曆に就て(8) () https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/168084

[135] 平成元年都市計画環境保全委員会 本文 1989-09-07 東京都議会 会議録検索 () http://www.metro.tokyo.dbsr.jp/index.php/8168983?Template=doc-one-frame&VoiceType=onehit&VoiceID=413879

規制される日影は、規制対象区域内におきまして、冬至日の真太陽時の午前八時から午後四時までに、敷地境界線から五メートル及び十メートルを超える範囲に生ずる日影となっております。

なお、ただいま申し上げました午後八時から午後四時までという時間は明石の日本標準時間でございまして、東京標準時では二十分ほど早くなり、午前七時三十九分から午後三時三十九分までになっております。さらに、その規制時間は、建築基準法に定める基準のうちから、地方公共団体が、それぞれその地方の気候、風土、土地利用状況等を勘案して、条例で指定することになっております。