日時表示

日時表示

[1] 日時表示の方法は色々あります。

構文

[2] 日時の記述の形式 (構文) は、日時形式を参照。

機器

[3] 時刻を表示する機械を時計といいます。 幾何学的に表示するアナログ時計と、 数値的に表示するデジタル時計に大別されます。

時差の取り扱い

[4] 時間帯時差の一般的な事項は、それぞれの項を参照。

[5] 複数の時刻に関心がある場面では、時計を複数並べたり、 1つの時計に複数のを使ったりすることがあります。

時間帯の接続を参照。

[6] SNS などのWebサービスでは、記事投稿日時などの日時の表記が表示する者の時間帯の設定により変化する方式を採っていることが多いです。

ambtime も参照。

[7] 世界的に展開している Webサービス告知や複数地域で放送されるテレビ番組案内などでは、 時間帯を明記したり、複数の主要な時刻を併記したりする場合がみられます。

[8] 店舗営業時間の案内や、特定の地域放送されるテレビ番組放送時間の案内など、 Webサービスで紹介するのであっても常に現地時刻で表記するべき場合も多々あります。

プロトコル

[9] HTML には日時を記述する time 要素があります。 機械処理向けのHTMLの日時形式日時と、 人間向けの任意の表示文を併記できます。

[10] 多くのアプリケーションプロトコルは、何らかの形で日時を扱っています。 プロトコル要素として日時を記述する部分がある場合が多いです。 日時形式プロトコルごとに定められていますが、 人間に表示する場合は、ロケールなどに従い適切な形に変換するのが普通です。

[11] 具体例は各日時形式の項を参照。

メモ