[19] (こよみ) とは、日時と、それにまつわる天文学的社会的政治的民俗的な諸事項を求めたり、定めたりする一連の規則と、 その定めた結果、その運用の総称です。

[20] 日時制度の歴史人類の文化と政治・宗教の歴史でもあります。 古今東西様々な日時制度が運用されてきました。 calendar のような語は、その色々な側面を表すのに使われています。

暦に関する概念

[18] に関する概念

実施

[22] 暦の実施を参照。

プロトコル

[1] 計算機システムにおける暦の指定参照。

異なる暦の間の換算

[2] 暦の換算参照。

暦と宗教や政治

[38] どのを用いるかは、極めて政治的宗教的な判断でもあります。 かつては多くの君主の在位年数を紀年法としていたことからもわかるように、 に関わる事項の決定は政府または宗教組織の統治行為で、 どのを用いるかはどの政府教団に従うか、 という意思表示でもありました。

[39] 南北朝時代、ある勢力が南北どちらに従っていたかは、どちらの元号を使っていたかでわかります。

[40] 現代の日本でも、極左活動家は元号を排除するために訴訟を繰り返していますし、 極右活動家は西暦の使用を攻撃したり、皇紀の使用を推奨したりしています。

元号も参照。

[41] 現代においては、世界中のかなりの地域で西暦が通用しており、 あまり政治的な問題とならない紀年法ではあるようです。 計算機システムなど、西暦のみに対応して世界展開している製品も少なからずあります。 しかし、地域によっては一般市民が西暦に馴染みが薄かったり、 宗教的にあまり好ましく思わなかったりすることもあるようです。 日本のように、西暦が一般市民に浸透していても、 公的には元号が好ましいと考えられているような地域もあります。

[5] 時間帯改暦も参照。

プライバシー

[7] 日時のプライバシーも参照。

関連

[23]

メモ

[3] 暦の基礎知識 ( ( 版)) <http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/hon_kataru/katudou/012.html>

[4] 日本の古暦の様式について ( 版) <http://www.media.saigaku.ac.jp/bulletin/pdf/vol13/human/04_yuasa.pdf>

[8] Wikipedia:各日のスタイルガイド - Wikipedia ( 版) <https://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E5%90%84%E6%97%A5%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89>

[9] 新聞記事文庫 : 読売新聞 1941.5.3 ( 版) <http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/ContentViewServlet?METAID=10071813&TYPE=HTML_FILE&POS=1&LANG=null>

[10] 貴重資料-NAOJ Library ( 版) <http://library.nao.ac.jp/kichou/open/052/>

[11] 暦Wiki/歴史/明治以降の編暦 - 国立天文台暦計算室 ( 版) <http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/CEF2BBCB2FCCC0BCA3B0CAB9DFA4CECAD4CEF1.html>

[12] ( 版) <http://www.hutime.jp/documents/documents/report_20140118.pdf>

[13] Calendar feedback (Ian Hickson <ian@...> 著, 2008-04-20 04:10:55 +09:00 版) <http://permalink.gmane.org/gmane.org.w3c.whatwg.discuss/13776>

[14] 貴重資料-NAOJ Library (Junko Oguri 著, 版) <http://library.nao.ac.jp/kichou/archive/9052/kmview.html>

[15] 天文月報目次一覧 ( 版) <http://www.asj.or.jp/geppou/contents/index.html>

[16] 貴重資料-NAOJ Library () <http://library.nao.ac.jp/kichou/open/052/>

[17] 暦 - Uyopedia () <http://uyopedia.a.freewiki.in/index.php/%E6%9A%A6>

[24] Time Ontology in OWL () <https://w3c.github.io/sdw/time/#x3-2-temporal-reference-systems-clocks-calendars>

A calendar is a set of algorithms that enables clock counts to be converted into practical everyday dates and times related to the movement of astronomical bodies (day, month, year).