時刻

時刻

[8] 時刻 (time) (とき) は、時間軸上の位置です。

呼称

[18] 時刻は、時間とも呼ばれます。時刻時間はあまり厳密に使い分けられていません。

日の時刻

[13] 日常的には、多くの場合、時刻日付と組み合わせて用います。 日付と、当日だけを考えた日の時刻とを組み合わせた日時によって任意の時刻を表します。

[14] 計算機上の日時形式など、より単純な表現が好ましい場合には、 を区別しない時刻を用いることがよくあります。 中間的な方式として、ユリウス日のように整数単位を表し、 小数部日の時刻を表すものもあります。

絶対時刻、相対時刻、時間

[16] 時刻には、通常の日時のような絶対時刻の他に、 特定の文脈内の相対値である相対時刻もあります。

[17] 時刻時間時間間隔といいます。 時刻自体が特定の基準点からの経過を表していると考えれば、 時間の特殊形です。

時刻モデル

[10] 時刻の体系やデータモデルについては、 時刻系標準時日時形式を参照。

[11] 時刻の表示方法については、時計日時形式日時の表示を参照。

[5] 時刻時間単位は、時間を参照。

時刻の管理と同期

[12] 標準時報時を参照。

ISO 8601 における時刻

[1] ISO 8601:2004 2.1.5

mark attributed to an instant by means of a specified time scale IEC 60050-111

[3] >>1IEC 60050-111 では date と呼ばれています >>2

関連

[19] 日の時刻単位の1つについては、を参照。

[6] の関連

メモ

[7] 15時から17時くらいの間ってなんて言う? () <http://anond.hatelabo.jp/20160720145852>

[9] 時刻,時,時間 — ものみの塔 オンライン・ライブラリー ( ()) <http://m.wol.jw.org/ja/wol/d/r7/lp-j/1200002094>

1世紀に 西暦1世紀当時のユダヤ人は,日中を日の出で始まる12時間とする数え方を用いました。「日中の十二時間があるではありませんか」とイエスは言われました。(ヨハ 11:9)もちろんこの方法では,季節によって一日ごとに時間の長さが変わりました。それが現在の時間と同じ長さであったのは,春分と秋分の日だけでした。パレスチナではさほど大きくなかったと思われるこのわずかな変動は,大して不都合を生じさせなかったようです。一日の始まりは現在の午前6時ごろに相当したと思われます。イエスはぶどう園の働き人に関する例えの中で,第3時,第6時,第9時,第11時,およびその1時間後の「夕方」(第12時と思われる)に言及されました。これらの時間はそれぞれ,現在の午前8時から9時,午前11時から正午,午後2時から3時,午後4時から5時,そして午後5時から6時に相当します。(マタ 20:3,5,6,8,12; 使徒 3:1; 10:9)クリスチャン・ギリシャ語聖書では時間を表わすのに,真夜中や,「おんどりの鳴くころ」という言い方も用いられています。(マル 13:35; ルカ 11:5; 使徒 20:7; 27:27。「おんどりの鳴くころ」を参照。)ローマの支配下にあったユダヤ人は,夜を三つに分ける以前の方法ではなく,四つの見張り時に分けるローマ人の方法を採用していたようです。―ルカ 12:38; マタ 14:25; マル 6:48。