日時の暦法明記

日時の暦法明記

暦法の明記

[19]平成31年」、「1024 BCE」 のように暦法紀年法年番号に併記することがよくあります。

[2] 東洋では 「令和元年」、 「西暦2014年」、 「民国13年」、 「ユリウス暦1423年12月2日」、 「南宋淳煕十四年丁未」 などと伝統的に年番号の直前の日時構成要素元号スロット (暦法スロット) となっています。

[4]推古天皇3年」、「推古3年」 のように元号ではないものの元号に準じて使われるものを便宜上疑似元号ということがあります。 元号年東洋の即位紀年

[3] 英語では 「AD 2019」、 「1024 BC」、 「this 13th day in June, 1715, in the year of our Lord」、 「this third day of September in the year of our Lord, one thousand seven hundred and eighty-three」、 「in the year of our Lord 1917, and in the Eighth year of Our Reign」 などと位置が一定しません。

計算機システムでの明記方法については計算機システムにおける暦の指定

時差の明記

時差の記述

地名の明記

[50] 暦の歴史 ( 版) http://www.asahi-net.or.jp/~nr8c-ab/rekireki.htm

実際には国単位で暦が違うのではなく、都市単位で異なった暦を使っていましたので、 手紙などには「XX市XX年XX月XX日」と書かれています。

[61] その後も現在に至るまで、欧米手紙書籍の端書などに日付だけでなく地名も添えることがよくありますが、 ただの位置の記録というだけでなく、こういう事情もあっての慣習なのでしょうか。

複数日時併記

[1] 異なる暦法時間帯日時を併記することがよくあります。

[5] 19世紀や20世紀初頭の国際条約では、 署名部分に両国の日付が併記されていたりしました。 幕末維新期の日時琉球の元号李氏朝鮮の日時

セキュリティーとプライバシー

日時のセキュリティー日時のプライバシー

メモ