地域

地域部分タグ (言語タグ)

[128] 地域 (region) 部分タグは、 特定の地域における言語のバリエーション (方言綴りの差異など) を表すために使うことあができます。 RFC 4646 2.2.4., RFC 5646 2.2.4.

[272] 言語タグ全体については、「言語タグ」の項も参照してください。

仕様書

呼称

[274] Unicode言語識別子Unicodeロケール識別子では領土 (territory) unicode_region_subtag とも呼ばれています >>276

構文

[129] 地域部分タグは、言語拡張言語用字系の後で、 その他の部分タグの前になければなりません RFC 4646 2.2.4., RFC 5646 2.2.4.

[145] 地域部分タグは複数個あってはなりません。 他の言語と区別するような意味を持たない時は省略して構いませんRFC 4646 2.2.4., RFC 5646 2.2.4.

語彙

2文字ラテン文字

[130] 2文字のラテン文字地域部分タグは、

... で定義された、またはそれにより登録された2文字の国符号を更に IANA に登録したものです。 RFC 4646 2.2.4., RFC 5646 2.2.4.

例外的予約国符号

[279] >>131 で「例外的の予約 (exceptionally reserved) 」された 2文字の国符号についても、 RFC 4646 には含まれていませんでしたが、 RFC 5646 においては IANA に登録され、利用できることとされています。 RFC 5646 2.2.4.

UK

[280] ただし、 GB と同義の UK は除外されています RFC 5646 2.2.4.

[291] Unicode地域符号としては、 UK も認められています。 ただし、やはり GB正規形とされています。 >>278

私用

[281] 私用AA, QM ... QZ, XA ... XZ, ZZIANA に登録されており、利用することができます RFC 4646 2.2.4., RFC 5646 2.2.4.

[282] Unicode言語識別子Unicodeロケール識別子では、そのうち特に XA .... XZ応用が使っても良いと定めています。 >>278

[283] 逆にそれ以外の私用Unicode領土符号は特別な意味を割り当てるために予約されているということです。

[5] XK は、コソボを表すため用いられています。

QO

[284] Unicode言語識別子Unicodeロケール識別子では QOOutlying Oceania を表します >>278

QU

[285] Unicode言語識別子Unicodeロケール識別子では QU欧州連合 (European Union) を表します >>278

[286] しかし EU を用いるのが好ましい (preferred) とされています >>278

[287] EU が割り当てられる前にこちらの意味が定義されたようです。

ZZ

[288] Unicode言語識別子Unicodeロケール識別子では ZZ未知・非妥当な領土 (Unknown or Invalid Territory) を表します >>278

3文字数字

[132] 3文字の数字地域部分タグは、

... により定義、または登録されたものを更に IANA に登録したものです。ただしこれには例外が多くあります。 RFC 4646 2.2.4., RFC 5646 2.2.4.

[292] Unicode地域符号としては、 001 (世界) は標準形 (standard form) を表すとされています。 >>278

[293] 例えば ar-001 は現代標準アラビア語を表します >>278

文脈

ISO 国符号の利用される場面

歴史

[262] RFC 3066 では2文字国符号と、3文字から8文字の部分タグが2番目の部分タグとして認められていました。 3文字から8文字の部分タグIANA に登録することができるものとされていました。 1文字の部分タグは将来の拡張のために予約されていました。 RFC 3066 2.2

[263] 当時は用字形部分タグはなく、また私用は1番目の部分タグx を使うことによってのみ表せました。

[290] RFC 1766 では2番目以降の部分タグとして任意の値を登録できるとされていました RFC 1766 2.

[271] RFC 1766RFC 3066ISO 3166 における私用国符号 (>>130) に言及していました RFC 1766 2., RFC 3066 2.2.RFC 1766 では単に ISO で予約されているとしているだけでしたが、 RFC 3066 では使ってはならないとされていました。 RFC 4646 以降は使って良いとされています。

関連

[289] UTS #35: Unicode Locale Data Markup Language ( 版) <http://unicode.org/reports/tr35/#Numeric_Codes> では私用の2文字国符号、3文字国符号、3文字数値符号の対応関係が規定されています。

[294] ISO 3166-1 alpha-2 - Wikipedia, the free encyclopedia ( ( 版)) <http://en.wikipedia.org/wiki/ISO_3166-1_alpha-2>

[295] RFC 5854 - The Metalink Download Description Format ( ( 版)) <http://tools.ietf.org/html/rfc5854#section-4.2.16.2>

[2] OASIS Open Document Format for Office Applications (OpenDocument) Version 1.2 - Part 1: OpenDocument Schema ( 版) <http://docs.oasis-open.org/office/v1.2/os/OpenDocument-v1.2-os-part1.html#a18_3_11countryCode>

[4] BR に従う証明書では、の指定として適切な符号が割り当てられていない時 XX を使います >>3

[6] XPath and XQuery Functions and Operators 3.1 () <https://www.w3.org/TR/2017/REC-xpath-functions-31-20170321/#lang-cal-place>

The geographical area identified by a country code is defined by the boundaries as they existed at the time of the date to be formatted, or the present-day boundaries for dates in the future.

[7] Top-level Element: <originInfo> (MODS Ver. 3 User Guidelines: Metadata Object Description Schema, Library of Congress) () <https://www.loc.gov/standards/mods/userguide/origininfo.html>

iso3166 – This source code is used with country codes from ISO 3166. See the ISO 3166 Code Lists for a listing of the codes.

[8] RFC 7483 - JSON Responses for the Registration Data Access Protocol (RDAP) () <https://tools.ietf.org/html/rfc7483#section-3>

country codes: Where the identity of a geopolitical nation or

country is needed, these identities are represented

with the alpha-2 or two-character country code

designation as defined in [ISO.3166.1988]. The

alpha-2 representation is used because it is freely

available, whereas the alpha-3 and numeric-3

standards are not.

[9] JSON API Reference | Worldpay Developer () <https://developer.worldpay.com/jsonapi/api#orders>

countryCode: String

The ISO 3166 alpha-2 2-letter country code. ISO country codes are defined here.

[10] () <https://www.cs.auckland.ac.nz/~pgut001/pubs/x509guide.txt>

Country codes in DNs created by MS software can contain values other than

the allowed two-character ISO code (for example three-character country name

abbreviations).

[11] RFC 5139 - Revised Civic Location Format for Presence Information Data Format Location Object (PIDF-LO) () <https://tools.ietf.org/html/rfc5139#section-3.3>

The "country" element differs from that defined in [RFC4119] in that

it now restricts the value space of the element to two uppercase

characters, which correspond to the alpha-2 codes in [ISO.3166-1].

[12] RFC 4119 - A Presence-based GEOPRIV Location Object Format () <https://tools.ietf.org/html/rfc4119>

| country | The country is | US |

| | identified by the | |

| | two-letter ISO 3166 | |

| | code. | |

[13] RFC 5774 - Considerations for Civic Addresses in PIDF-LO () <https://tools.ietf.org/html/rfc5774#section-4.2.1>

[14] マップのローカライズ  |  Google Maps JavaScript API  |  Google Developers () <https://developers.google.com/maps/documentation/javascript/localization?hl=ja>