中華民国

中華民国 (国家)

[2] 中華民国は、台湾にあるです。

[3] 以前は支那にありましたが、現在支那大陸中華人民共和国の支配下にあります。

地域

[21] 現在の中華民国の支配地域:

[23] かつては他国の領土内に中華民国系住民の居住地がありました。

文化

歴史

[4] 歴史的な政府:

y
時期
n
名称
c
首府
l
指導者
note
備考
n
中華民国湖北軍政府
y
1911年10月11日-
c
武昌
n
中華民国湖南軍政府
y
1911年10月22日-
n
秦隴復漢軍政府
y
1911年10月22日-
n
山西軍政府
y
1911年10月29日-1911年12月12日
c
太原
l
昆明
n
雲南軍政府
y
1911年10月31日-
n
江西軍政府
l
李烈鈞
y
1911年10月31日-
y
1911年11月4日-
c
貴陽
n
大漢貴州軍政府
l
楊藎誠
y
1911年11月5日-
n
江蘇革命軍政府
l
程德全
y
1911年11月9日-
n
広東軍政府
l
胡漢民
y
1911年11月12日-
n
山東軍政府
l
陳其美
y
1911年11月23日-
c
銀川
n
支那寧夏革命軍政府
y
1911年11月22日-
c
重慶
n
大漢蜀北軍政府
y
1911年11月22日-
n
大漢四川軍政府
n
中華民国臨時政府
y
1912年1月1日-1913年3月10日
c
南京
l
孫文
note
1913年、袁世凱臨時大総統となり北京遷都
n
北京政府 (北洋政府)
y
1912年3月10日-1915年12月31日
l
袁世凱
c
北京
y
1916年1月1日-3月22日
n
中華帝国
l
袁世凱
c
北京
y
1916年3月23日-1917年7月1日
n
北京政府 (北洋政府)
c
北京
note
1917年、張勲復辟により朝復興。
y
1917年7月14日-1924年10月23日
n
北京政府 (北洋政府)
c
北京
y
1917年9月-1920年8月
l
孫文 (1917)
n
広東護法軍政府
c
広州
y
1920年11月-1921年4月
l
孫文
n
広東護法軍政府
c
広州
note
1921年、正式政府化。
y
1921年4月-1922年
l
孫文
n
中華民国政府 (広州)
c
広州
y
1923年2月21日-1924年
l
孫文
n
広州政府
c
広州
n
中華民国臨時政府
y
1924年11月24日-
l
段祺瑞
c
北京
n
北京政府 (北洋政府)
c
北京
y
-1928年6月3日
note
北伐により崩壊。
y
1925年-1926年
n
広州国民政府 (広東国民政府)
c
広州
l
汪兆銘
y
1926年-1927年9月20日
n
武漢国民政府
c
武漢
l
汪兆銘
note
1927年、南京国民政府と分裂した後統合。
n
南京国民政府
y
1927年4月10日-1928年
c
南京
n
南京国民政府
y
1928年-1932年1月
l
蒋介石
c
南京
note
1932年1月、広州国民政府と合流直後に洛陽遷都
y
1930年
n
北平国民政府
l
閻錫山
y
1931年
n
広州国民政府
l
汪兆銘
note
1932年1月、南京国民政府と合流。
n
国民政府 (洛陽)
y
1932年1月-1932年12月
l
林森
c
南京
note
1932年12月、南京遷都
n
新南京国民政府
y
1932年12月-1937年
l
林森 (1932年)
c
南京
note
1937年に武漢遷都
n
冀東防共自治政府
y
1935年12月25日-1938年2月1日
l
殷汝耕 (1935)、池宗墨 (1937)
c
通州 (1935)、唐山 (1937? 1938?)
note
1938年に中華民国臨時政府に合流。
n
中華民国臨時政府
y
1937年12月14日-1940年3月30日
c
北京
l
王克敏
note
1940年に南京国民政府に統合。
n
武漢国民政府
y
1937年-1938年
note
1938年に重慶遷都
n
中華民国維新政府
c
南京
y
1938年3月28日-1940年3月30日
l
梁鴻志
note
1940年に南京国民政府に統合。
n
重慶国民政府
y
1938年-1946年
note
1946年に南京遷都
n
南京国民政府 (汪兆銘政権精衛政権)
c
南京
y
1940年3月30日-1945年8月16日
l
汪兆銘 (1940)、陳公博 (1944)
note
1945年に解散。傘下に蒙古聯合自治政府
n
新南京国民政府
y
1946年5月5日-1948年5月20日
c
南京
note
1948年5月20日に中華民国政府に改組。
n
中華民国政府
y
1948年5月20日-1949年
c
南京
l
蒋介石
note
1949年に台北遷都
n
中華民国政府 (台湾国民政府)
y
1950年-1996年
c
台北

[17] 中華民国枠内の独立した地方政府:

[16] 中華民国中国大陸を支配していた時代に、旧清國の領域の一部を支配した他の政権 (租界等を除く):

[18] 歴史的な政府組織:

[5] その他:

[1] 外務省: 外交史料 Q&A その他 ( 版) <http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/shiryo/qa/sonota_02.html#19>

外務省記録「各国国名及地名称呼関係雑件」のなかに、1930年(昭和5年)10月に、浜口雄幸内閣が中国の呼称を常則として「中華民国」とするとの閣議決定を行った際の記録が残されています。

この閣議決定が行われるまで、日本政府は、条約や国書を除いて中国を「支那」と呼称するとの閣議決定(1913年6月)に基づき、中国の呼称として通例「支那」を使用していました。

[6] 国民政府 - Wikipedia ( 版) <https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E6%B0%91%E6%94%BF%E5%BA%9C>

[7] 旧中華民国 (1912-1949) | 政治・法律・行政 | 国立国会図書館 ( 版) <https://rnavi.ndl.go.jp/politics/entry/China2.php>

[8] InfoLib NEARDB:『北京特別市公署市政公報』目次検索データベース(1938~1944年) 簡易検索画面 ( 版) <http://app.cias.kyoto-u.ac.jp/infolib/meta_pub/G0000020BJG>

[9] 臨時政府公報 - 维基文库,自由的图书馆 ( 版) <https://zh.wikisource.org/wiki/%E8%87%A8%E6%99%82%E6%94%BF%E5%BA%9C%E5%85%AC%E5%A0%B1>

[10] 政府官職資料庫 (Sevian 著, 版) <http://www.ssic.nccu.edu.tw/index.php/tw/sample-sites-3/2013-02-27-09-58-57>

「中華民國政府官職資料庫」收錄中華民國體制下,各時期總統府公報人事任免命令。內容涵蓋我

國百年來的文武官員異動紀錄,並提供政府人事相關資訊查詢及公報影像瀏覽。資料庫共收錄七種政府

公報,迄今已建置15,708筆數位化影像檔,以及85萬筆以上的人事異動紀錄,並持續資料更新。

[11] 中華民國政府官職資料庫 ( 版) <http://gpost.ssic.nccu.edu.tw/>

[12] 使用說明 (中華民國總統府-首頁 著, 版) <http://www.president.gov.tw/Default.aspx?tabid=164>

[13] 政府公報資訊網 ( 版) <http://gaz.ncl.edu.tw/>

[14] 全國法規資料庫入口網站 ( 版) <http://law.moj.gov.tw/>

[15] 蒙藏法規彙編檢索 ( 版) <http://www.mtac.gov.tw/monchang_rule/index.php>

[19] 上海週報 () <http://www.lib.kobe-u.ac.jp/kichosyo/shanghai/intro.html>

[20] 上海週報 () <http://www.lib.kobe-u.ac.jp/kichosyo/shanghai/index.html>

このページは、神戸大学大学院人文学研究科海港都市研究センターおよび神戸大学附属図書館の所蔵する雑誌『上海』『上海週報』の目次情報と本文画像を提供するものです。著作権保護期間内、あるいは権利関係が不明のため、本文が表示できないコンテンツが含まれていますので、あらかじめご了承下さい。(2009年8月公開)

[22] Faqs 新法・改正法解説記事書誌情報検索 R-LINE 光華寮訴訟以外に中華民国が当事者となっている裁判例はどうやって探せばよいですか? () <http://www.ryukoku.ac.jp/apps/opac.lib.ryukoku.ac.jp/rline/faqs/view/15>