4文字元号の省略形

4文字元号の省略形

[84] 日本奈良時代には4文字元号が使われました。 日本の公年号漢字2文字でないものは、 この時代の5号だけでした。

[1] やはり面倒だったのか、 便宜上2文字に略した事例が数多く知られています。 中には記号的に1文字に略した事例までありました。

用例

性質

[2] 2文字の元号の慣習の強さを表すものとされます。 >>64 p.145 (新日本古典文学大系 続日本紀三, 1992, 補注17-五一 天平感宝への改元)

[31] 久保常晴は次のように解釈しました。 >>14

[32] 当時久保常晴が収集した範囲になかった史料が今では知られているので、 この分析もいくらか訂正が必要でしょう。

関連

[5] 近現代の元号名の省略については、 元号名元号コード参照。

メモ