ラテン文字

ラテン文字

[1] ラテン文字は、英語独語をはじめとする西欧言語表記に主として用いられる用字系です。 代表的なアルファベットであり、単に「アルファベット」と呼ばれることもあります。 また、ローマ字と呼ばれることもあります。

分類

文脈

[9] ラテン文字の用途

メモ

[2]

"Latin characters" is a not-precise term for characters historically related to ancient Greek script and currently used throughout the world. <NONE>

The base Latin characters make up the ASCII repertoire and have been augmented by many single and multiple diacritics and quite a few other characters. ISO/IEC 10646 encodes the Latin characters in the ranges U+0020..U+024F, U+1E00..U+1EFF, and other ranges.

[3] RFC 6365 - Terminology Used in Internationalization in the IETF ( 版) <http://tools.ietf.org/html/rfc6365#page-34>

[4] Requirements for Latin Text Layout and Pagination ( ( 版)) <http://www.w3.org/TR/2014/WD-dpub-latinreq-20140313/>

[5] Requirements for Latin Text Layout and Pagination ( ( 版)) <http://w3c.github.io/dpub-pagination/>

[6] Requirements for Latin Text Layout and Pagination ( ( 版)) <http://www.w3.org/TR/2014/WD-dpub-latinreq-20140930/>

[8] 北京語 - Wikipedia () <https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E4%BA%AC%E8%AA%9E>

漢字に当てはめられないスラングなどもあり、現代においてはアルファベットで表記されるのが普通である。