情報交換

情報交換

歴史

[1]

2.1 情報交換の適合性 交換用符号化情報の符号化文字データ要素 (以下、 CCデータ要素と呼ぶ。) は、 CCデータ要素中の文字のすべての符号化表現が次の (1)〜(4) の条件をすべて満たしている場合に、この規格に適合する。 適合すると主張する場合には、6.1〜6.4 で規定する符号化文字集合の中から、 採用した符号化文字集合を明示しなければならない。

出典: JIS X 0201:1997