資源

資源 (Web)

[14] Web における資源 (resource) は、 頻繁に使われる割に明確な定義が存在しない語ですが、概ね URL によって表される対象が資源と呼ばれています。

[15] URL 関連仕様では、 URL で識別されるものが資源とされています。 この資源は必ずしも何らかのプロトコルで取得可能なものでなくてもよく、 概念的なものであっても良いと考えられています。

[16] RDFSemantic Web の界隈では、この概念的な存在の方向に強く寄せられており、 RDFグラフ上の情報の単位のことが一般に資源と呼ばれています。

[17] HTTP では、実用上は URL によって識別される対象 (GET メソッドを使って取得できるもの) が資源と考えられています。ただし仕様上はそれを表現と呼んでおり、 資源はそれを抽象化した概念ということになっています。

[23] HTML では、仕様書中にわりと頻繁に登場しますが、 古い時代からの明確な定義のない用語です。 HTML Standard資源とは表現のことであると述べています。 Fetch Standard の用語の採用により、おおよそ応答に置き換えられていっています。

定義

[4]

資源 (Resource)
この仕様は何が資源であるかの範囲を制限していません。むしろ、 資源という用語は URI識別されるものすべてという一般的な意味で使っています。 よくある例は電子文書画像、一貫した目的の情報源 (例えばロサンゼルス今日天気)、 サービス (例えば HTTP から SMS への関門)、他の資源集成などです。 資源は必ずしもインターネットアクセス可能である必要はありません。 例えば人間会社図書館書籍なども資源となります。 同様に、抽象的概念、例えば数式演算子被演算子 (オペランド) 関係の種類 (例えば従業員)、数値 (例えば無限大) なども資源となり得ます。 RFC 3986 (URI) 1.1. Overview of URIs

[5]

設計上 URI は1つの資源を識別します。 どんなものが資源 (resource) となり得るかの範囲は制限しません。 資源という用語は URI で識別され得るものという一般的な意味で使います。 ハイパーテキスト Web では Web頁, 画像, 製品型録などを 資源と呼ぶのが普通です。 これらの資源の特徴的な性質は、その本質的な性質のすべてをメッセージで伝達できることです。 このようなものを情報資源と呼びます。

出典: Architecture of the World Wide Web, Volume One <http://www.w3.org/TR/2004/REC-webarch-20041215/#def-resource>

[1] HTTP (RFC 1945 1.2, RFC 2068 1.3, RFC 2616 1.3)

resource
A network data object or service {1945} which that can be identified by a URI, (Section 3.2) as defined in section 3.2. Resources may be available in multiple representations (e.g. multiple languages, data formats, size, and resolutions) or vary in other ways.
資源
URI で識別することができるネットワーク・データ物体又はサービス。資源は複数の表現 (例えば、複数の言語、データ書式、寸法、解像度) で利用可能であったり、他の方法で変化したりするかもしれません。

[2]

RFC 2396 にあるように、資源とは番地付け可能な情報またはサービスの単位である。 <http://www.w3.org/TR/xlink/#dt-resource>

[3] 便宜上、資源の一部分のことも含めて資源と言うことがあります。

たとえば XLink の仕様書もそうしています。 XLink の範囲内では (ほとんどの場合) 資源の一部も素片識別子を使って識別できます。 (できなければ連結できません。) XLink の資源の定義は >>2 の通りですが、これに従えば資源の一部も資源です。

(しかし、一般にすべての資源の一部が資源になるとは限らないので注意が必要です。)

[6]

資源 (しげん) (resource) は、 次の性質を持つ論理的実体 (logical entity) です。

[7]

資源 (しげん) (resource)
RFC 2616 で定義されている通り、 IRI によって識別されるネットワークアクセス可能なデータ物体またはサービス資源について詳しくは Architecture of the World Wide Web を参照してください。

[8] Historical - Re: Proposed IETF/W3C task force: "Resource meaning" Review of new HTTPbis text for 303 See Other (Tim Berners-Lee 著, 版) <http://lists.w3.org/Archives/Public/www-tag/2009Aug/0000.html>

[13] HTTP要求の対象を、「資源 (resource) 」といいます。 HTTP資源の性質を制限しません。 HTTP としては、 資源相互作用 (interact) するために使うことができるインターフェイスを定義するだけです。 各資源URI によって識別されます。

資源の種類

[18] 資源には次のような種類があります。

[19] 資源が使われる文脈や性質などによって次のような概念も使われています。

[25] 資源の種類を記述するものとして、 WebDAV には DAV:resourcetype 特性があります。

資源の特性

[20] 資源には次のような状態やメタ情報が付随することがあります。

[21] 資源は、複数の URL で識別できても構いません >>22

resource 属性 (XForms)

[1] XForms 1.1 ( 版) <http://www.w3.org/TR/2009/REC-xforms-20091020/#structure-model-instance>

[9] XFormsresource 属性は、 src 属性とよく似たものですが、 XForms では両者が使い分けられています。

関連

[24] 資源ファイルと読み替えることができる場合が多いですが、 ファイルシステム上のファイルに偏って解釈されるのを嫌って資源という用語を使っているきらいがあります。

[26] 更に、資源表現を区別する場合、表現の方がファイルに近いかもしれません。

メモ

[10] Web Services Transfer (WS-Transfer) ( ( 版)) <http://www.w3.org/TR/2011/REC-ws-transfer-20111213/#terminology>

[11] RDF 1.1 Concepts and Abstract Syntax ( ( 版)) <https://dvcs.w3.org/hg/rdf/raw-file/default/rdf-concepts/index.html#dfn-resource>

[27] Web Annotation Data Model () <https://w3c.github.io/web-annotation/model/wd2/#dfn-resource>

Resource

An item of interest that may be identified by an IRI.

[28] Web Annotation Vocabulary () <https://w3c.github.io/web-annotation/vocab/wd/#dfn-iri>

Resource

An item of interest that may be identified by an IRI.

[29] Web Annotation Protocol () <https://w3c.github.io/web-annotation/protocol/wd/#h-terminology>

Resource

An item of interest that may be identified by an IRI.

[30] Selectors and States () <https://w3c.github.io/web-annotation/selector-note/#dfn-resource>

Resource

An item of interest that may be identified by an IRI.