仏印の標準時

越南、ラオス、カンボジアの標準時

[1] ベトナムラオスカンボジアでは、 +07:00標準時として使われています。

[63] 日本の標準時 +09:00 とは2時間の時差があり、日本の方が進んでいます。

呼称

[59] ベトナムの標準時ラオスの標準時カンボジアの標準時に加えてタイの標準時+07:00 なので、 これらをあわせてインドシナ標準時インドシナ時間などと呼ぶこともあります。


[207] ベトナム政府機関は、 時刻Thời gian chuẩn Quốc gia >>203 (国家標準時) と呼んでいます。

[208] ラオス政府機関は、 時刻Standard Lao PDR time >>188 と呼んでいます。

[209] カンボジア政府機関は、 時刻Cambodia Standard Time >>191Cambodian Standard Time >>193Phnom Penh time >>196 と呼んでいます。


[43] tzdata越南から Asia/Ho_Chi_Minh のみを収録しています >>42ホーチミン (旧サイゴン) は南ベトナムの最大の都市です。

[61] Asia/Hanoi (北ベトナム) も一応用意されていますが、 (1970年以後で異なるもののみ区別するという tzdata 採録基準を満たさないため) 追加データ >>54 扱いになっています。

[62] tzdataカンボジアから Asia/Phnom_Penhラオスから Asia/Vientiane を選んでいますが、なぜかどちらも Asia/Bangkok (タイ) の別名と定義しています。

[2] 現在の標準時はどちらも同じですが、歴史的変遷は異なります。 本項およびタイの標準時を参照。

変遷

[14] 越南ラオスカンボジア標準時の変遷の概略
t
時期
東京
東京
芒街利来国际大酒店
芒街利来国际大酒店
北越南暦
旧暦 (北越南)
南越南暦
旧暦 (南越南)
安南
安南
Six Senses Ninh Van Bay
Six Senses Ninh Van Bay
コーチシナ
コーチシナ
ラオス
ラオス
ボーテン
ボーテン
カンボジア
カンボジア
Song Saa Private Island
Song Saa
旧タイ
タイ
新南群島
新南群島西沙諸島 (越南支配地域)
北越南暦
+07:45:40
南越南暦
+07:45:40
t
旧タイ
+06:41:59.3 ()
北越南暦
+07:45:40
南越南暦
+07:45:40
t
北越南暦
+07:45:40
南越南暦
+07:45:40
東京
+07:04:39.5
芒街利来国际大酒店
+07:04:39.5
t
北越南暦
+07:45:40
南越南暦
+07:45:40
東京
+07:04:39.5
芒街利来国际大酒店
+07:04:39.5
t
東京
+07:06:30
芒街利来国际大酒店
+07:06:30
安南
+07:06:30
Six Senses Ninh Van Bay
+07:06:30
コーチシナ
+07:06:30
ラオス
+07:06:30
ボーテン
+07:06:30
カンボジア
+07:06:30
Song Saa Private Island
+07:06:30
旧タイ
+07:06:30
北越南暦
+07:45:40
南越南暦
+07:45:40
t
東京
+07:00
芒街利来国际大酒店
+07:00
安南
+07:00
Six Senses Ninh Van Bay
+07:00
コーチシナ
+07:00
ラオス
+07:00
ボーテン
+07:00
カンボジア
+07:00
Song Saa Private Island
+07:00
旧タイ
+07:00
北越南暦
+07:45:40
南越南暦
+07:45:40
t
東京
+07:00
芒街利来国际大酒店
+07:00
安南
+07:00
Six Senses Ninh Van Bay
+07:00
コーチシナ
+07:00
ラオス
+07:00
ボーテン
+07:00
カンボジア
+07:00
Song Saa Private Island
+07:00
旧タイ
+07:00
新南群島
+09:00
北越南暦
+07:45:40
南越南暦
+07:45:40
t
東京
+08:00
芒街利来国际大酒店
+08:00
安南
+08:00
Six Senses Ninh Van Bay
+08:00
コーチシナ
+08:00
ラオス
+08:00
ボーテン
+08:00
カンボジア
+08:00
Song Saa Private Island
+08:00
旧タイ
+07:00
新南群島
+09:00
北越南暦
+07:45:40
南越南暦
+07:45:40
t
東京
+09:00
芒街利来国际大酒店
+09:00
安南
+09:00
Six Senses Ninh Van Bay
+09:00
コーチシナ
+09:00
ラオス
+09:00
ボーテン
+09:00
カンボジア
+09:00
Song Saa Private Island
+09:00
旧タイ
+07:00
新南群島
+09:00
北越南暦
+07:45:40
南越南暦
+07:45:40
t
東京
+07:00
芒街利来国际大酒店
+07:00
安南
+07:00
Six Senses Ninh Van Bay
+07:00
コーチシナ
+07:00
旧タイ
+07:00
新南群島
+09:00
北越南暦
+07:45:40
南越南暦
+07:45:40
t
東京
+07:00
芒街利来国际大酒店
+07:00
安南
+07:00
Six Senses Ninh Van Bay
+07:00
コーチシナ
+07:00
旧タイ
+07:00
新南群島
+08:00
北越南暦
+07:45:40
南越南暦
+07:45:40
t
東京
+07:00
芒街利来国际大酒店
+07:00
安南
+07:00
Six Senses Ninh Van Bay
+07:00
コーチシナ
+07:00
北越南暦
+07:45:40
南越南暦
+07:45:40
新南群島
+08:00
t
東京
+08:00, +07:00
芒街利来国际大酒店
+08:00, +07:00
安南
+08:00
Six Senses Ninh Van Bay
+08:00
コーチシナ
+08:00
ラオス
+08:00
ボーテン
+08:00
カンボジア
+08:00
Song Saa Private Island
+08:00
旧タイ
+08:00
新南群島
+08:00
北越南暦
+07:45:40
南越南暦
+07:45:40
t
東京
+07:00
芒街利来国际大酒店
+07:00
安南
+07:00
Six Senses Ninh Van Bay
+07:00
コーチシナ
+07:00
ラオス
+07:00
ボーテン
+07:00
カンボジア
+07:00
Song Saa Private Island
+07:00
旧タイ
+07:00
新南群島
+07:00
北越南暦
+07:45:40
南越南暦
+07:45:40
t
東京
+07:00
芒街利来国际大酒店
+07:00
安南
+08:00
Six Senses Ninh Van Bay
+08:00
コーチシナ
+08:00
ラオス
+07:00
ボーテン
+07:00
カンボジア
+07:00
Song Saa Private Island
+07:00
旧タイ
+07:00
北越南暦
+07:45:40
南越南暦
+07:45:40
t
東京
+07:00
芒街利来国际大酒店
+07:00
安南
+08:00
Six Senses Ninh Van Bay
+08:00
コーチシナ
+08:00
ラオス
+07:00
ボーテン
+07:00
カンボジア
+07:00
Song Saa Private Island
+07:00
旧タイ
+07:00
北越南暦
+07:00
南越南暦
+07:45:40
t
東京
+07:00
芒街利来国际大酒店
+07:00
安南
+07:00
Six Senses Ninh Van Bay
+07:00
コーチシナ
+07:00
ラオス
+07:00
ボーテン
+07:00
カンボジア
+07:00
Song Saa Private Island
+07:00
旧タイ
+07:00
新南群島
+07:00
北越南暦
+07:00
南越南暦
+07:00
t
東京
+07:00
芒街利来国际大酒店
+08:00
安南
+07:00
Six Senses Ninh Van Bay
+07:00
コーチシナ
+07:00
ラオス
+07:00
ボーテン
+07:00
カンボジア
+07:00
Song Saa Private Island
+07:00
旧タイ
+07:00
新南群島
+07:00
北越南暦
+07:00
南越南暦
+07:00
t
東京
+07:00
芒街利来国际大酒店
+08:00
安南
+07:00
Six Senses Ninh Van Bay
+07:00
コーチシナ
+07:00
ラオス
+07:00
ボーテン
+08:00
カンボジア
+07:00
Song Saa Private Island
+07:00
旧タイ
+07:00
新南群島
+07:00
北越南暦
+07:00
南越南暦
+07:00
t
東京
+07:00
芒街利来国际大酒店
+08:00
安南
+07:00
Six Senses Ninh Van Bay
+08:00
コーチシナ
+07:00
ラオス
+07:00
ボーテン
+08:00
カンボジア
+07:00
Song Saa Private Island
+08:00
旧タイ
+07:00
新南群島
+07:00
北越南暦
+07:00
南越南暦
+07:00
t
現所属国
東京
越南
芒街利来国际大酒店
越南
安南
越南
Six Senses Ninh Van Bay
越南
コーチシナ
越南
ラオス
ラオス
ボーテン
ラオス
カンボジア
カンボジア
Song Saa Private Island
カンボジア
旧タイ
ラオスカンボジア
新南群島
越南
北越南暦
越南
南越南暦
越南
t
tzdata
東京
Hanoi
安南
Ho_Chi_Minh
ラオス
Vientiane
カンボジア
Phnom_Penh

仏印時代

[44] tzdataAsia/Ho_Chi_Minh (安南) の元の地方時+07:06:40 としています >>42。 同様に Asia/Hanoi (東京) は +07:03:24Asia/Phnom_Penh (カンボジア) は +06:59:40Asia/Vientiane (ラオス) は +06:50:24 としています >>54

[16] 一時支那王朝の支配下にあった現在の越南では、 中国式太陰太陽暦の一種が使われていました。 その計算には、北京経度 +07:45:40 が使われていました。

[20] 越南の旧暦を参照。

[211] ラオスカンボジアでは、 タイと同様に、 6時制が用いられていました。 その後仏印時代に24時間制に改められました。

[47] コーチシナフランス領となりました。 カンボジアは1863年にフランス保護国となりました。 越南の北部・中部は1882年-1886年にフランス保護国となりました。 1887年にインドシナ総督府が設置されました。 ラオスは1888年にフランス保護国となりました。 ラオスは更に1899年に仏印に編入されました。 からにかけて、 越南国境が確定しました。実際にはその北側にも仏印の勢力が及んでいました。

[94] 時点の情報では、 Saigon経度より +07:16:56Cochin China の時刻とされています。 Lower Laos, Cambodia, Annam でもこの時刻が使われているとされています。 Tongking については、 Haifong 平均時 +07:04:39.5 が示されています。 >>93

[95] サイゴン経度は実際には +07:06 近辺で、 +07:16:56 ではそれより9分も進んでいます。 +07:16:56安南東岸に当たり、 あり得ない値ではありませんが、サイゴンの時刻ではありませんし、 サイゴンを退けるほどの大都市もなさそうです。 当時フランスではパリ子午線を用いており、グリニッジ子午線とは9分の差がありました。 グリニッジ子午線基準に換算済みの値に誤ってもう一度9分を加えたらちょうど +07:16 になりますが...

[96] 当時の電信各社は、 Saigon+07:06 としていました >>93

[35] 広州湾租借地は1899年にフランスが占領し、 1900年に租借地となりました。仏印に編入されました。

[49] 1904年頃、仏印標準時+07:00 (に近いパリ中度基準の時刻?) とすることが検討されていたようです。清國海関とも協議しています。

中国の標準時も参照。

[270] 日本官報に掲載された電信で用いる時刻の表では、 仏印は「柴棍標準時」とされています >>271

[226] 頃の米国海軍天文台時差の表は、 地方平時法的時刻であるとし、 Cochin China, Cambodia, Anam (Saigon) は +07:16:56 >>724+07:06:48.2 >>725+07:06:49 >>725 ChinaTonkin+07:04:39.5 >>724 や +07:06:39.5 >>725 としていました >>724, >>725 (出典 C.T.)

[212] ベトナムハノイ清国昆明を結ぶ鉄道ベトナム側が開業しました。

[19] より、仏印パリからに104度17分17秒の Phu Lien 天文台子午線時刻を採用しました (付け仏印官報) >>67

[45] tzdataAsia/Ho_Chi_MinhAsia/HanoiAsia/Phnom_PenhAsia/Vientiane は、 を境に +07:06:30 としています >>42, >>54 (Phù Liễn MT と注釈があります >>42)。 パリパリ平均時 = +00:09:21 (→ +07:06:30.13 () ) なのかパリ子午線 = 東経 2°20′14.03″ (→ +07:06:29.3 () ) のどちらを指すのかわからないが、 いずれにせよ単位で丸めて +07:06:30 だと注釈があります >>67

[168] Time ChangesFRENCH INDO-CHINA は、 から Phu-Lien observatory 地方平時 106.35E (= +07:06:20) としていました >>1256

[162] Time ChangesVIETNAM, SOUTHCAMBODIALAOS は、 から 地方平時 106.35E (= +07:06:20) としていました >>1256

[120] ShanksVIETNAMCAMBODOIALAOS は、 から +07:06 としています (それ以前は LMT) >>119

[55] timeanddate.com は、 Phnom PenhVientiane の時刻について、 から +07:06:20 としています >>311, >>315

[113] >>270 の表のの改正により、 仏印は「ピユリアン氣象臺ノ時刻(巴里ノ時刻ヨリ早キコト六時五十七分九秒)」 と変更されました >>112


[21] より、フランス本国が +00:00 を採用したのに合わせて >>18仏印+07:00 >>18, >>42 に切り替えました (付け仏印官報803ページ所収 付け法令 >>67)。

[169] Time ChangesFRENCH INDO-CHINA は、 から、 AnnamCambodia標準時 +07:00Laos標準時 +07:00 (政府のみ)、 他の province標準時 +08:00 としていました >>1256

[163] Time ChangesLAOS は、 から標準時 +07:00 (政府のみ利用) としていました >>1256

[121] ShanksVIETNAMCAMBODOIALAOS は、 から +07:00 としていました >>119

[312] timeanddate.com は、 Phnom PenhVientiane の時刻について、 から +07:00 としています >>311, >>315

[142] tzdataAsia/Ho_Chi_MinhAsia/HanoiAsia/Phnom_PenhAsia/Vientiane は、 を境に +07:00 としています >>42, >>54


[1224] 米国政府時差の表は、 Indo-China標準時採用としていました >>1225

[170] Time ChangesFRENCH INDO-CHINA は、 全国から標準時 +08:00 としていました >>1256

[165] Time ChangesVIETNAM, NORTHLAOS は、 から標準時 +08:00 としていました >>1256

[122] ShanksVIETNAMCAMBODOIALAOS は、 から +08:00 としていました >>119

[164] timeanddate.com は、 Phnom PenhVientiane の時刻について、 から +08:00 としています >>311, >>315

[75]リール地學協會報告()」によると、 仏印標準時フランス標準時 + と定められるようになったようです >>74


[179] 出版の文書にも、仏印+07:00 標準時とあります >>192。 加えて、報時球 (北緯10度46分40秒東経106度42分22秒) は

  • 地方時10時=グリニッジ平均時14時53分11秒7
  • 標準時10時=グリニッジ平均時15時0分0秒
... に落下させられたといいます >>194 (グリニッジは前日)。

[38] 中華民国農暦の計算を +07:45:40 から +08:00 に変更しました。 越南の旧暦がこの変更に追随したのかどうかは不明です。 農暦越南の旧暦

[171] Time ChangesFRENCH INDO-CHINA は、 全国から標準時 +07:00 としていました >>1256

[167] Time ChangesVIETNAM, NORTHLAOS は、 から標準時 +07:00 としていました >>1256

[123] ShanksVIETNAMCAMBODOIALAOS は、 から +07:00 としていました >>119

[166] timeanddate.com は、 Phnom PenhVientiane の時刻について、 から +07:00 としています >>311, >>315

[213] これらの根拠は不明です。

[91] 日本軍の内部文書には「河内時間」 と注記がある仏印に関する記述があります >>90

戦時下

[12] タイ・仏印国境紛争により、 カンボジアラオスタイ寄り地域 (旧タイ領土) がタイ領となりました。
[68] フランス本国政府はドイツに敗北し解体、 かわってヴィシー政権が成立しました。 仏印ヴィシー政権に、 広州湾租借地自由フランスに従いました。

[22] に、 仏印は1時間進めてより +08:00 に切り替えました >>18

[8] 報告によると、 付で総督府から資源節約のために 夜に1時間進めるとの発表があった >>7ようです。

[10] 付け仏印官報に掲載されています >>67

[9] フランス本国が +01:00 を採用したのに合わせた >>18 変更だともいいます。

[214] 実質的な通年夏時刻の導入でした。

[143] tzdataAsia/Ho_Chi_MinhAsia/HanoiAsia/Phnom_PenhAsia/Vientiane は、 を境に +08:00 としています >>42

[79] これが広州湾租借地で実施されたかは不明ですが、 広州湾租借地自由フランス管理下にあったのなら、 そちらの統治は仏印本土とは切り離されていたでしょうから、 この時点では実施されなかったのかもしれません。

[24] には、自由フランス政権の支配下にあった広州湾租借地に、 ヴィシー政権との協定により日本軍が進攻しました。 その後のいずれかのタイミングで、周辺地域と同じ、中華民国南京国民政府通年夏時刻 +09:00 に切り替えられた可能性があります。

[99] 日本に発行されたからに発行されたでは、 仏印 (やタイ) は +07:00 となっています >>106

[108] 1942年10月出版の >>107 は、「数日前の新聞」によると仏印日本軍+09:00 を使っており、兵員が現地太陽時とのずれに戸惑っているらしい、 と述べています。 (>>22 によればまだ現地標準時+07:00 だったはずですが、日本軍がそれと異なる本国の時刻を使っていたというのは不自然なことでもありません。)

[6] 昭和18年の日本政府内の文書には、「佛印時間」 >>87, >>89、「安南時間」 >>89 4ページ、「「タイ」時間」>>89 9ページ といった注記が見られ、軍部隊以外の日本関係者は現地民と同じ時間を使っていたのではないかと思われます。

[88] >>87 の 5ページには広州湾租借地に関する交渉に関して 「地方時間」とあります。どこの時刻を指しているのかは不明ですが、 広州湾租借地時刻 = 仏印時刻 = +08:00 でしょうか。
[92] >>89 の 5ページには西貢の「現地時間」とあります。
[69] 日本軍仏印処理を行いました。すなわち、 仏印からフランス軍が駆逐され、ベトナム帝国ラオス王国カンボジア王国独立しました。

[23] 、 旧仏印+09:00 に移行しました >>18

[144] tzdataAsia/Ho_Chi_MinhAsia/HanoiAsia/Phnom_PenhAsia/Vientiane は、 を境に +09:00 としています >>42, >>54


[52] ベトナム帝国皇帝ベトナム八月革命により退位しました。 一方ラオス王国独立を撤回しました。 カンボジア王国独立を事実上撤回しました。

[25] ベトナム民主共和国独立を宣言し、 +07:00 を採用しました >>18, >>42 (内務省法令 >>70)。

[51] tzdataAsia/Ho_Chi_MinhAsia/HanoiAsia/Phnom_PenhAsia/Vientiane は、 を境に +07:00 としています >>42, >>54カンボジアラオスについては不明のため越南に合わせた >>54 とされています。

[31] 以後、 中華民国は旧広州湾租借地に進攻し、 フランス中国への返還に合意しました。

[127]広州湾租借地も周辺の旧中華民国汪兆銘政権支配地域同様に +09:00 から +08:00 に移行したと思われますが、時期は不明です。

[53] 以後、北ベトナム農村部はベトナム民主共和国により、 南ベトナムフランスコーチシナ共和国により支配される状態となりました。 末には本格的な戦闘に発展しました。 (第一次インドシナ戦争) ラオスフランスの支配下に戻りました。
[13] タイ・仏印国境紛争タイ領に復帰していた仏印西部は、 再び仏印領土となりました。

[71] 仏印+08:00 を採用しました (付け仏印官報所収 法令) >>67ベトナムラオスカンボジアフランス支配領域でこれが用いられました >>67

[72] ベトナム民主共和国支配地域では、引き続き +07:00 が用いられました >>67

[46] tzdataAsia/Ho_Chi_MinhAsia/HanoiAsia/Phnom_PenhAsia/Vientiane は、 を境に +08:00 としています >>42, >>54

[56] 1948年6月にコーチシナ共和国は廃止されベトナム臨時中央政府が設立され、 更には1949年6月にはベトナム国となりました (南ベトナム)。 1949年7月にはラオスが独立しました。 1949年11月にはカンボジアが独立しました。
[60] 1953年10月22日の仏ラオス条約により、 ラオスは完全に独立しました。 カンボジア王国も完全に独立しました。
[30] ジュネーブ協定で休戦と越南ラオスカンボジアの独立が承認されています。 なお同協定では「北京平均時」を休戦時刻の規定における「地方時」であると定義しています >>32北京平均時+08:00 を指すと思われます。 停戦後、北ベトナムベトナム民主共和国の支配下に、 南ベトナムフランスベトナム国の支配下となりました。

[58] カンボジアについて、 tzdataAsia/Phnom_Penh は (正確な日付は不明として) を境に +07:00 としています >>54

[27] ラオスでは、から >>18, >>67 または >>54 Asia/Vientiane (その出典は Trần の本) を境に +07:00 が用いられました。

[28] 北ベトナムハノイでは、 から +07:00 が用いられました >>18, >>67, >>54

[145] tzdataAsia/Hanoi (北ベトナム) は、 を境に +07:00 としています >>54

[29] 北ベトナムハイフォンでは、 から +07:00 が用いられました >>18, >>67


[33] ベトナム国 (南ベトナム) は +07:00 に移行しました >>18, >>67

[48] tzdataAsia/Ho_Chi_Minh は、から +07:00 としています >>42

[57] ベトナム国にかわりベトナム共和国が成立しました (南ベトナム)。 フランス軍が撤退しました。

[132] カナダ時差の表は、 Indo-China, Federation of: Cambodia, Laos, Viet Nam をいずれも +07:00 としています >>134

[34] ベトナム共和国 (南ベトナム) は +08:00 に移行して としました >>67 (付け法令362-TTP号 >>67)。

[128] tzdataAsia/Ho_Chi_Minh (南ベトナム) は、から +08:00 としています >>42

[135] の航空時刻表は、 SAIGON (南ベトナム) を +08:00 としています >>133

[149] の航空時刻表には、 次のようにありました >>148, >>150

[151] 版にはそれに加えて Kuala-Lumpr, Singapore +07:30 とありました >>152


[40] ベトナム民主共和国 (北ベトナム) は +07:00 を採用しました >>41, >>67 (決議 121/CP >>26)。 同時にグレゴリオ暦を用いることも定めました >>41

[39] ベトナム民主共和国のこの決議により、北ベトナム旧暦は、 以後 +07:00 で計算されるようになりました。 南ベトナムはその後も滅亡まで北京基準のままでした。

[129] テト (越南暦正月) に行われた北ベトナムによるテト攻勢の際には、 時差による南北のの違いからテト日付がずれており、 南ベトナムにとってはテト休戦中に奇襲を受けた形となりました。

[131] 当時サイゴン (南ベトナム) で取材中だった産経新聞記者の友田錫は、 の回顧録で、 東京とは時差が2時間と述べています >>130東京+09:00 なので、サイゴン+07:00 だったことになりますが、他の情報とは矛盾します。

[138] 米軍時間帯図に基づくという 日本百科事典時間帯図は、 北ベトナム+07:00南ベトナム+08:00 で塗っています >>139

[154] の航空時刻表には、次のようにありました >>153

[156] の航空時刻表には、次のようにありました >>155

[158] の航空時刻表には、次のようにありました >>157

[137] の航空時刻表は、 SAIGON+08:00 としていました >>136

[172] カンボジアクーデターがあり、 クメール共和国が成立しました。 カンボジア王国は滅亡しましたが、 中華人民共和国保護下にカンボジア王国民族連合政府が成立しました。 カンボジア王国民族連合政府亡命政権でしたが、 カンボジア領内に支配地域を拡大していきました。 またベトナム戦争中の米国南ベトナムカンボジアに進攻しました。

[160] の航空時刻表には、次のようにありました >>159

[36] 春、サイゴンが陥落し、ベトナム戦争は終結しました。 ベトナム共和国は崩壊し、南ベトナム共和国臨時革命政府が設立されました。

[126] サイゴン (南ベトナム) 陥落を現地で体験した日本人記者の藤原亙の回顧録では、 南北に時差があり、ハノイ (北ベトナム) が「先行」していたとあります (いつの出来事かは明記されていませんが、 サイゴン陥落が、 藤原記者のサイゴン脱出がで、 の日常光景を記したものと思われます) >>124。 ただ他の情報では北ベトナム+07:00南ベトナム+08:00 と南が1時間先行しているとされていて、本記事の内容とは整合しません。

[37] 南ベトナム共和国臨時革命政府は +07:00 を採用すると正式決定しました >>18, >>67

[50] tzdataAsia/Ho_Chi_Minh は、を境に +07:00 としています >>42

[124] 三十年戦争の終幕を見る, 藤原亙 (TBS), 民放くらぶ・第 60号 () http://minpou-club.org/pdf/0060.pdf

新しい一日の始まり。

サイゴンと、時計の針が先行するハノイとの二つの標準時が残ってお り、早起きで勤勉な「北」の質実を誇示することで、 「南」の精神風土を矯め治そうとしているかのように感じられた

[130] ベトナム断想Ⅰ テト攻勢―衝撃の一日 | 取材ノート | 日本記者クラブ JapanNationalPressClub (JNPC) (友田錫 (元産経新聞記者 記), ) https://www.jnpc.or.jp/journal/interviews/25574

午前10時前後だった。2時間の時差のある東京の本社では、夕刊の締め切りがせまっているはずだ。

独立国時代

[11] 、南北越南は統一されました。
[174] カンボジアベトナムに進攻しました。 、 反攻したベトナムプノンペンを制圧しました (カンボジア・ベトナム戦争)。 プノンペンにはカンボジア人民共和国が成立しました。 民主カンボジア (ポルポト政権) は首都陥落後も一部地域を統治し続けました。

[141] 英軍時間帯図は、 越南全域を +07:00 で塗っていました >>140

[114] 中越戦争中華人民共和国越南北部に進攻し、 一時占領下に置きましたが、その後撤退しました。

[115] 中華人民共和国の占領下で中華人民共和国の軍隊以外でも中華人民共和国の標準時 +08:00 が用いられたかは不明です。

[116] 中越国境紛争中華人民共和国越南老山者陰山に進攻しました。 までこの地を占領していました。

[117] 中華人民共和国占領地は中華人民共和国の軍隊の拠点となっており、 もっぱら中華人民共和国の標準時 +08:00 が用いられたものと推測されます。

[178] カンボジアからベトナム軍が撤退しました。 カンボジア人民共和国カンボジア国に改称しました。
[183] カンボジア王国が再興されました。 国際連合カンボジア暫定統治機構は解散しました。 旧民主カンボジアのうちポルポト派は新政府に参加しませんでした。
[184] ポルポト派は滅亡しました。
[118] 、陸上及びトンキン湾内の中越国境が確定しました。

[185] カンボジアでは、 長年の内戦で統一政権の統治下になく混乱していた上、 ポルポト政権の弾圧により法律が破棄され法律家が迫害されていましたが、 カンボジア王国再建後、 再整備が進んでいます。 現在カンボジア法令上明確に標準時が定められているかは不明です。 内戦前の標準時法令の効力が持続しているかも不明です。

[161] ASEAN標準時 +08:00 の制定の動きに対して、 1時間の標準時変更が必要となるカンボジアは反対しているようです。


[204] 現在ベトナム保時は、 Viện Đo lường Việt Nam (Vietnam Metrology Institute) の Phòng Đo lường Thời gian - Tần số (Laboratory of Time & Frequency) >>203, >>199 が担当しています。 本研究室では、 3人の研究員が原子時計を運用しており、 その時刻UTC(VMI) と呼ばれています >>202時刻NTP により提供されています >>202

[205] VMI 研究員の説明 >>202 によると UTC(VMI) = UTC + 7 h であり、 UTC に7時間加えたベトナムの標準時UTC(VMI) であるとも読めますが、同時に |UTC - UTC(VMI)| < 100 ns ともあり、他の UTC(n) 同様に UTC誤差以外の時差のない時刻とも説明されています。

[206] VMIWebサイトには、 「Thời gian chuẩn Quốc gia」 >>203 (「National standard time」 >>199) と称して時刻が示されています。 しかしその実態は http://flash-clocks.com/free-flash-clocks-blog-topics/free-flash-clock-176.swf で無償提供されている Flash により現在時刻を表示する時計であり、 利用者時計時刻を表示しているだけに見えます。 (時差+07:00 ではなく利用者の設定に従っているようです。)

[17] Vietnamese calendar - Wikipedia, the free encyclopedia ( 版) https://en.wikipedia.org/wiki/Vietnamese_calendar

North Vietnam switched from UTC+8 to UTC+7 on August 8, 1967, with South Vietnam doing likewise in 1975 at the end of the Vietnam War.

[188] Invitation for Bids Procurement of Office Equipments | dof.maf.gov.la () http://dof.maf.gov.la/en/invitation-for-bids-procurement-of-office-equipments/

office hours: 0900 to 1600 hours (Standard Lao PDR time)

[189] Admimistrative Arrangements ADSOM WG () https://www.mod.gov.la/10thADMM/admimistrative-arrangements-adsom-wg.html

Local time in the Lao P.D.R is GMT+7.

[190] ເປັນຫຍັງລົງທຶນໃນລາວ (Mr. Korakan著, ) http://www.investlaos.gov.la/la/index.php/why-laos

 ຂົງເຂດເວລາ Time Zone  UTC+7

[191] Displaying items by tag: សំណង់ () http://www.moeys.gov.kh/en/teacher-training/tag/%E1%9E%9F%E1%9F%86%E1%9E%8E%E1%9E%84%E1%9F%8B.html

10:00 A.M. on 27 March, 2014 (Cambodia Standard Time)

[193] () http://www.mpwt.gov.kh/wp-content/uploads/2016/04/Invitation-for-Bids-NCB1-RW07.pdf

Cambodian Standard Time

[195] REQUEST FOR EXPRESSIONS OF INTEREST: Consulting Services – Service Provider for Implementation for Community Development Fund (Reference no.: LASED/NCDDS/IC/34/17 – QBS) – គ.ជ.អ.ប () http://ncdd.gov.kh/citizens/reoi-icdf-2018/

5:00 p.m. on 31 May 2018 (local time)

[196] () https://www.eccc.gov.kh/sites/default/files/Readvertise%20REOI%20No%20UNK%20PU%20EOI%20012%20001.pdf

5 pm Phnom Penh time (GMT+7)

[197] Annex III () http://www.cdc-crdb.gov.kh/cdc/job_opportunities/request%20for%20proposal/annex_iii.htm

Monday 25 April 2011, 1700 hours (local time, i.e. GMT + 7 hours).

[198] General Information () https://www.aseantelmin17.gov.kh/article/general-information

The standard Cambodian time zone is GMT+7

[200] Du Bao WRF () http://www.vnbaolut.com/ind3.htm

Hàng ngày có bốn dự báo 72 giờ của VNBAOLUT.COM bằng mô hình WRF cho 00 UTC (7 giờ sáng VN),

06 UTC (1 giờ trưa VN),  12 UTC (7 giờ tối VN) và 18 UTC (1 giờ khuya VN)

Dự báo 15 ngày bắt đầu từ 00 UTC (7 giờ sáng VN) và 12 UTC (7 giờ tối VN)

[201] ITPC - Online Trade and Investment Information Portal — Visiting Vietnam () http://itpc.hochiminhcity.gov.vn/importers/how_to_import/visiting_vietnam/folder_listing/?set_language=en

Vietnam is twelve hours ahead of Eastern Standard Time and 11 hours ahead of Eastern Daylight Time. Vietnam consists of a single time zone.

リゾートタイム

[125] リゾート施設は、国内標準時とは異なる独自のリゾートタイムを採用していることがあります。 海洋リゾートの類は日照時間確保のために夏時刻相当のものを採用しており、 中華人民共和国国境近辺のカジノの類は中華人民共和国人観光客 (と従業員) のため中華人民共和国の標準時を採用しています。

詳しくはリゾートタイムを参照。

ボーテン

[109] 中華人民共和国ラオス国境ラオス側の都市ボーテンには、 以来中国資本のカジノが進出していました。 から経済特区となり >>76、 半ば租界化していたといいます。 現地の中国人中華人民共和国の標準時 +08:00 を用いていました。 ラオス人はほとんどいませんでした >>78

[110] 中共政府の圧力でカジノは閉鎖され >>102ボーテンは廃墟と化しました。 その後改めて中国資本による再開発が進められており、 の取材でも当地では +08:00 が用いられている >>105 ようです。

[76] 中国雲南省と東南アジアを結ぶ交通ルートの現状 ―大メコン圏における水路と陸路― (橋谷 弘 ) http://repository.tku.ac.jp/dspace/bitstream/11150/261/1/komyu33-10.pdf#page=15

ところで,このボーテンにも中国資本のカジノが置かれている。ここには “Boten Golden City” と呼ばれる 21 km2 の経済特区が設置され,中国企業ゴールデンシティ・グループが 2003 年にラオス政府から 30 年の年限で使用権を得る契約を結んでいる。この契約は,さら に 60 年の延長が可能である。この中に,カジノやホテルのほか,将来はゴルフ場,コンベ ンションセンター,別荘から空港までの建設が計画されている17)。 ここですでに開業している 271 室のカジノホテル皇京錦倫大酒店では,中国の人民元だけ が通用し,中国時間と中国語が使用され,中国人はノービザで入国できる(写真 36)。つまり, ここは完全に中国人のための経済特区なのである。

[111] ゴーストタウンと化していた中国・ラオス国境の町ボーテン : ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌 (sanyo-kansatu著, ) http://inbound.exblog.jp/22437603/

kenichiro_yamadaさんにメールで問い合わせたところ、いろいろ教えていただきました。

同ブログによると、彼が初めてボーテンを訪ねたのは、2008年9月です。

ボーテン国境(2008年9月5日)

http://laotimes.exblog.jp/8569316/

そこには、こんな風に書かれていました。

「本地域はラオス国内であることを、忘れてしまいそう。ここでは食べ物から飲料水、人、通貨、言葉、全てが中国でした。面白いことにホテルの時間も中国時間。中国南下の前線がウドムサイとすれば、ここはさながら基地といったところでしょうか」。

[78] 国境の外の「少数民族問題」 -ラオス境内中国ボーダーの中国の経済進出に関わる諸問題- (京都大学経済学研究科教授 大西 広 ) http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:5nQp_Ro8Wb4J:www.econ.kyoto-u.ac.jp/~shanghai/100712%2520simpo/100712%2520onishi.doc

私は以前2 度ラオスに調査に入ったことがあるが、この五月連休に三度目の調査を行なった。一度目は2008 年8 月の南部サワナキット・クロン間の「東西回廊」地区の視察、二度目は2009 年-2010 年の年末年始のボーテン・フェイサイ間の「南北回廊」地区の視察、そして今回はムアンサイ、ボーテン、ルアンナムタ、ムアンシン地区の調査である。

ただし、あまりに多くの中国人が進出し、一種の「租界地」化した国境の街ボーテンの問題自体も論じないわけにはいかない。ここは、ラオス政府が設定した「特区」として、ここでは殆どの看板は漢語で書かれ、ラオス人を見つけることは難しい。ようやく、3 店のレストラン、2 店の小商店をラオス人が経営し、他に国境管理員と警官、中国人経営のホテルやカジノの従業員として働く少数のラオス人がいるが、人口の99%は中国人である。大型のビルの建設が進み、綺麗なアパートは既にラオス語の話せない、ないし話す気もな ければ必要もない中国人入居者で満ちていた。特に不遜と思ったのは、彼らは腕時計を中国時間に合わし、中国時間で暮らしていたことである。

[80] Oudom Xay no.1 (Laos): kamatsu' () http://kamatsuhashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/oudom_xay_no1_l.html

午前7時に宿をcheck-outし、バスターミナルにてチケットを購入。 中国との国境の街・ボーテン行きのバスは今日はないらしく、 国境を越えた所にある中国の街・モーハン行きのバスに乗って ボーテンにて途中下車することにした。

さすが中国行きのバス、である。乗客は私達を除き(おそらく) 全員が中国人。バス内の時計は中国時間を表示し、乗客は持参した 食べ物を食べ、ゴミを床に散らしていく。タバコを吸う人もいる。 バスの中に入ると、ここがラオスだということを忘れそうになる。 (色々な意味で)とても旅情に溢れた移動だった。

[77] ラオス ウドムサイ県 / 中国国境のカジノホテルご紹介[ラオス/観光情報]:海外旅行 都市別安全情報|OTOA [ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ] () http://www.otoa.com/support/country_ns_detail.php?area=B&country=LA&ns=1&code=15145

ラオス北部、ウドムサイ県の中国国境地点にオープンいたしましたカジノホテル「皇京錦倫大酒店」をご紹介いたします。

同ホテル、国内では2ヵ所目となるカジノ場で、主にカードゲームが中心のカジノです。

ホテルは横に長く、ロビーを中心に両ウイングが客室部分で、一階ロビー奥がカジノ場となります。カジノ場の入口手前にはセキュリティーチェックがあります。(カメラは持ち込み不可!です)

尚、カジノ場も含め、ホテル館内では中国元払いとなります。よって同地へご旅行の際は、中国元をご持参いただく必要があります。

(さらに申し上げると同地域は特別経済区扱いのため、ラオス領土ではありますが地域の基本通貨は元と考えた方が良いと思われます。)

もし中国元をお持ちでない場合には、ホテルのカジノ場内(ロビーにはありません)に両替所があります。ここではドル、バーツ、キープが両替可能です。

又、ホテル内の公用語は中国語となります。タイ語の通訳は数名しかいないため、混雑時には通訳をつかまえるのもやっとの状況です。

さらに館内の時計は中国(北京時間)を示しておりますので、モーニングコールをご利用の際には注意が必要です。

(ラオス~中国間には1時間の時差がありますが、ここでは営業時間も中国時間でシフトしています)

同ホテルをご利用の場合、ラオス国内にはありますが、サービスも含め中国国内のホテルとの認識が必要です。

※皇京錦倫大酒店 (Royal Jinlun Hotel) 住所: The Golden Boten city, Luangnamtha, Laos

新南群島・西沙諸島

[15] 東南アジアの標準時も参照。

周辺地域

[4] 東南アジアの標準時も参照。

[5] タイの標準時中国大陸の標準時フィリピンの標準時マレーシアの標準時も参照。

メモ

[64] [tz] [PATCH] tzdata: Asia/Ha_Noi: Add new timezone () https://mm.icann.org/pipermail/tz/2014-October/021669.html

[65] () http://www009.upp.so-net.ne.jp/K_Yoshida_web/Laos2012_07.html

ハノイに着陸するときの衝撃がすごくて、思わず「下手くそ」とつぶやいてしまった。ハノイは日本の古い地方空港みたい。滑走路の端っこがぼこぼこだったのが気になった。ハノイで3時間ほど待たされた。暇なのでお土産物屋さんを見て回ったが、活気はあまりなく、店員にもやる気があまりなかった。ある店舗では店員がおらず、水を買おうとしてうろうろしていたら、ベンチに座っていた女性が来てレジの対応をしてくれた。立ちっぱなしが面倒だから、近くのベンチに座ってよう、と言うことなのだろう。

ベンチに座ってみていたら、空港の時計がバンコク標準時に比べて10分遅れていることに気がついた。空港内の別の時計も同じ時刻を指していた。確かハノイはバンコクと同じ時間を使っているはずだが、まあ、なんかの手違いかな、と思っていた。自分の腕時計で搭乗開始の時間になったが、窓口では全然準備が始まらない。ただ時間にいい加減なだけかと思っていたら、そうではなかった。なんと、10分遅れの空港の時計がその時刻になると、係員がきっちりとその時間にゲートを開けた。どうやらこの空港には特殊なローカルタイムがあるらしい。

[66] ハノイ国際空港は変な空港だった - ミャンマー・日本語教室ブログ - Yahoo!ブログ () http://blogs.yahoo.co.jp/winjapn1789/26099071.html

ハノイ国際空港は変な空港だった - ミャンマー・日本語教室ブログ - Yahoo!ブログ () https://web.archive.org/save/https://blogs.yahoo.co.jp/winjapn1789/26099071.html

3. 出発便を案内するテレビ画面がない。時計も全然ない。

空港なのだから、各航空会社の出発便の時刻や搭乗口番号などをずらっと表示したテレビ画面があるのが当然なのに、ここの待合ロビーには1台もありません。

出発時間が近づくとやっと搭乗口が何番かのアナウンスがあり、その搭乗口に便名などが掲示される仕組みです。

また、時計が全然ないので、ベトナム時間が今、何時なのか全然わかりませんでした。

結局、探し回った末、喫茶店に小さなデジタル時計があるのを発見しました。

[73] カンボジア・ベトナム旅行の1日目 - 趣味いろいろの戯れ () https://kacco.kahoku.co.jp/blog/ozozoz/19984

ベトナムのハノイに着き、みなさんは出口や国内線乗り継ぎに向かいました。私たちは国際線

乗り継ぎなので、係の人に聞いてとごに行けばよいのか教えてもらいました。すると、中国の

大連でもそうでしたが、検問所みたいなところに行き、そこでパスポートに通過の印を押して

もらい、カンボジア行きの待合室へと無事行くことができました。

待合室の時計を見ると、時差は2時間という情報だったのにそれより30分遅れています。

それで、今は何かで時差は2時間30分なのかなと思ってしまいました。だって、待合室内

の時計すべてが30分遅れて同じだったのですから・・・。

[84] 7.西貢港報時信号ニ関スル件 (昭和11年、アジア歴史資料センター | Japan Center for Asian Historical Records著, ) https://www.jacar.archives.go.jp/aj/meta/image_B10074461600

[85] >>84+07:00南支那地方標準時と呼んでいます。

[86] 0810:ブ~ンっとシェムリへ : エンドー帝国 カンボジア撮影日記 (ong-bak著, ) http://enen.exblog.jp/5465809/

出発まであと少しかと時計を見てたら、他の場所の時計と示す時間が違う。

デジカメで確認すると、その時計の時間は早かった。

国際空港の時計の時間くらいちゃんと合わせておけよ…

[98] 中国雲南省からベトナムへ国境越える旅7日間 | 風の旅行社 () http://www.kaze-travel.co.jp/ic-kz-cb-16.html

国境を越えたところで、すぐにガイドさんと会えなかったことは、改善点が必要だと思いました。中国とベトナムでは川1本で時差1時間となり、双方それを理解していなかったのは意外でした。今一度、場所、時間、風社の黄色いロゴをもっていることなど、手続きの確認が必要だと思いました。

[100] Remove many invented abbreviations in 'asia' (eggert著, ) https://github.com/eggert/tz/commit/1b99dcde6342dd10969041b32b00b813d4f4a36e

[146] プノンペン陥落の波紋:毎日新聞 (毎日新聞 1979年1月8日(月曜) 1面トップ記事 ) http://www.mekong.ne.jp/special-theme/19790107/19790108.htm

7日バンコクで明らかになったところでは、プノンペン放送は同日午

後5時半(カンボジア時間も同じ、日本時間同7時半)に予定されていた定時放送から中止した。

[215] The VNCA's Virtual Archive | Holiday Ceasefire Periods Announced (Dates Existence: 03 December 1971 ) https://vva.vietnam.ttu.edu/repositories/2/digital_objects/106913

0000 Indochina time, that is 0100 Saigon Time

[216] The VNCA's Virtual Archive | NFLSV Statement On Truce For HolidaysHanoi VNA International Service (Dates Existence: 20 November 1967 Existence: Majority of material found within 20 November 1967 ) https://vva.vietnam.ttu.edu/repositories/2/digital_objects/173022

zero hour 24 December 1967 Indochina time--that is from 0100 24 December 1967 Saigon time

[217] The VNCA's Virtual Archive | NFLSV Issues 12-Hour Christmas Cease-Fire - (Liberation Radio [Clandestine] in Vietnamese to South Vietnam) (Dates Existence: 08 December 1965 ) https://vva.vietnam.ttu.edu/repositories/2/digital_objects/133325

from 1800 hours on

24 December 1965 to 0600 hours on 25 December 1965, Indochina time--that is. from

1900 hours on 24 December 1965 to 0700 hours on 25 December 1965, Saigon puppet

government time

[218] The VNCA's Virtual Archive | Memo - re: The Situation in South Vietnam (Dates Existence: 02 November 1963 ) https://vva.vietnam.ttu.edu/repositories/2/digital_objects/577478

0700 Saigon time {1800 EST 1 November in Washington.)

[219] The VNCA's Virtual Archive | Joint US And South Vietnamese Attacks on North Vietnam (Dates Existence: February 1965 ) https://vva.vietnam.ttu.edu/repositories/2/digital_objects/191787

Commencing at 2 a.m. on Feruary 7th, Saigon time (1 p.m. yesterday,

eastern standard time

[220] The VNCA's Virtual Archive | Report, United States Mission in Vietnam - A Study of Viet Cong Use of Terror (Dates May 1966 ) https://vva.vietnam.ttu.edu/repositories/2/digital_objects/619871

However

it was not specified whether the meeting time, 1200 hours was to

be Saigon time or Hanoi time (Hanoi is one hour behind Saigon - ed.)

[221] The VNCA's Virtual Archive | Hanoi Announcement Takes Saigon By Suprise (Dates Existence: 03 April 1968 ) https://vva.vietnam.ttu.edu/repositories/2/digital_objects/145929

2130 hours Hanoi time--2230 hours Saigon time

[222] 陥落サイゴン72時間(3)毎日新聞 () http://www.mekong.ne.jp/special-theme/kanrakusaigon72h/3.htm

毎日新聞 1975年(昭和50年)5月14日(水曜日) (3)

            陥落 サイゴン72時間 -3- 撤退命令

サイゴン時間は、自然にさからっている。子午線どおりなら、グリニッジ標準時との差は7時間、

ハノイと同じ時間になるはずだ。しかし、北ベトナムと張り合うためか、ハノイより1時間早い時差

をおいている。だから、サイゴンでは午前6時にならないと夜が明けない。

4月29日午前4時。まだ、真っ暗な空の、西の一角が赤く染まっていた。

[223] UTC+08:00 - Wikipedia () https://en.wikipedia.org/wiki/UTC%2B08:00

The southern half of Vietnam (Republic of Vietnam) was formerly part of this time zone prior to the communist takeover of the South on April 30, 1975, making it 1 hour ahead of North Vietnam.

[224] (7) ヴィエトナムにおける戦争の終結及び平和の回復に関する協定(仮訳) () https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/bluebook/1973/s48-shiryou-5-7.htm

第2条 休戦は,グリニッジ標準時1973年1月27目24時に南ヴィエトナム全域にわたり実施される。

[225] 日本ファシストのベトナム侵略 ―― フラ ンス ・日本支配下 のベ トナ ム社会 (チャン・フイ・リエウ, グエン ・ ルオン ・ピ ック, グエン ・ カック ・ ダム (編) ) http://www.junposha.com/library/pdf/60010_08.pdf

一九四五年

三月九日午後四時、日本の大使館員は、一九四五年にフランスが日

本に米を供給する新しい協定を結ぶ件でドク!と討議するため、サ

イゴンの総督府にやってきた

この討議は折り合うのに困難はなか

った。六時〔現地時間。日本時間では七時――訳者〕になると日本の大使

松本〔俊一〕と総領事河野が協定調印のため総督府にや

てきた。

七時ちょうど その一枚の紙切れ

は最後通牒であった。

その附帯事項は、インドシナ総督の回答の時限を同月九日夜九時

以前と明確に定めていた。すなわち最後通牒を受け取ってから二時

間である。

[227] [tz] Add new timezone for Hanoi Capital, Vietnam () https://mm.icann.org/pipermail/tz/2019-February/027533.html

[228] [tz] Add new timezone for Hanoi Capital, Vietnam () https://mm.icann.org/pipermail/tz/2019-February/027547.html

[229] [tz] Add new timezone for Hanoi Capital, Vietnam () https://mm.icann.org/pipermail/tz/2019-February/027584.html

[230] [tz] Add new timezone for Hanoi Capital, Vietnam () https://mm.icann.org/pipermail/tz/2019-February/027585.html

[231] 東南アジア伝統天文学の重層構造 () http://www2.nao.ac.jp/~mitsurusoma/gendai5/24_ohashi.pdf

[232] [tz] oral history contribution to the time zone history of Cambodia () https://mm.icann.org/pipermail/tz/2019-August/028408.html