tzdata

Time Zone Database

[11] Time Zone Database は、現代世界各地で利用されている時間帯に関する情報を集めたデータベースです。

[42] 機械可読時間帯データベースとしては世界最大のもので、 多分野で非常によく用いられています。

呼称

[27] tz databasetzdatazoneinfoOlson database など色々な名称で呼ばれています。

収録内容

[12] 世界中が対象です。

[31] 政府が承認した正式なものでなくても、実態があれば収録されているようです。 しかし私企業が独自に実施しているリゾートタイムなどは収録されていないようです。

過去情報

[13] 1970年以前 >>9 は積極的な収録の対象にはなっていないようです。 現行の時間帯の過去の情報として(あれば)記載はされていますが、 現在同じ時間帯1970年より前に時差があったとしても、 分けていません。

[14] 日本西部標準時は1937年に廃止されたので、収録されていません。 (かつて含まれていましたが、誤りとして削除されています。)

[9] ( 版) <https://www.ietf.org/timezones/data/CONTRIBUTING>

the data entries do not cover all of civil time before 1970

[34] 実際色々と実態と合っていない情報や怪しい情報が含まれているのですが (各地の標準時の項を参照。)、範囲外ということでほとんど検証もされていないようです。 tzdata 自体には注意書きがありますが、 tzdata を情報源として使っているプラットフォームWebサイトはそのような注意書きもないので、要注意です。

[33] 標準時制定前は代表点の経度が選ばれてその地方時に当たる時差が記述されています。 これは tzdata の側で適当に決定したもので、必ずしも公式なものとは一致していません。

具体例は日本標準時を参照。

標準時名

[37]時間帯に含まれる各時代の時差には、名前が付されていることがあります。

[38] 例えば Asia/Tokyo には、時代によって JSTJCST のような名前が与えられています。

[39] この名前は、政府等が正式に用いているものの場合もあれば、 tzdata 側で勝手に付けたものもあるようです。現地人には馴染みの薄いものの場合もあります。

[41] 同じ時差でも名前だけ切り替わっているものもいくつかありますが、 その時期も、何が根拠なのかよくわからないことが多いです。

[40] 頃から、 勝手につけた根拠の薄い名前は削除していく方針になったようで、 徐々に削られていっています。

[48] また、各時代の時間帯名が必ず反映されているわけでもない >>47 ようです。

閏秒

[49] tzdata には閏秒の一覧表も含まれています。


[44] あまり知られていませんが、 tzdata には「right」 な時刻用を生成するオプションがあります。

[45] かつては right/Australia/Adelaide のように right/ を頭に付けることで、 (本来閏秒のないUTCを採用しているはずの) POSIX システムで閏秒を考慮した別の時間帯を選択できるようになっていました。 しかしこの方式は localtimegmtime時差を求めるアプリケーションと互換性が無いことがわかり、 用いられなくなっています。 >>43

[46] 本来閏秒の実施と時間帯時差直交する概念のはずですから、 そもそもこの仕組みには無理がありそうです。

情報源

[17] Shanks & Pottenger の他、多くの人々からの情報提供により構築されています。

[61] 著作権問題については Shanks 参照。

[32] メーリングリストでの情報提供による改訂があった場合、 コメントとしてデータファイルに説明や出典が記載されています。

管理

[15] 元々は Arthur David Olson がメンテナンスしていましたが、2009年に ICANN に移管されています。

[35] eggert がメンテナンスを担当しています。 正式には IANAWebサイトで配布されていますが、 eggertGitHub リポジトリーで随時開発が進められています。

ライセンス

[16] データベース自体は Public Domain とされています >>8

[8] ( 版) <https://www.ietf.org/timezones/data/README>

Unless otherwise specified, all files in the tz code and data are in the public domain, so clarified as of 2009-05-17 by Arthur David Olson. The few exceptions are code derived from BSD, which uses the BSD license.

文脈

[19] tzdata時間帯の名前が使われているプロトコル要素
[36] tzdata を使っているプラットフォームプログラミング言語

メモ

[1] RFC 6557 - Procedures for Maintaining the Time Zone Database ( ( 版)) <http://tools.ietf.org/html/rfc6557>

[2] IRC logs: freenode / #whatwg / 20111118 ( ( 版)) <http://krijnhoetmer.nl/irc-logs/whatwg/20111118>

[3] Distrotech/tzdata ( ( 版)) <https://github.com/Distrotech/tzdata>

[4] eggert/tz ( ( 版)) <https://github.com/eggert/tz>

[5] IANA — Time Zone Database ( 版) <https://www.iana.org/time-zones>

[6] Index of /timezones ( 版) <https://www.ietf.org/timezones/>

[7] RFC 6557 - Procedures for Maintaining the Time Zone Database ( 版) <https://tools.ietf.org/html/rfc6557>

No ownership claims will be made by ICANN or the IETF Trust on the database or the code. Any person making a contribution to the database or code waives all rights to future claims in that contribution or in the TZ Database.

[10] ( 版) <https://www.ietf.org/timezones/data/Theory>

[18] The tz Archives ( ()) <https://mm.icann.org/pipermail/tz/>

[20] tzurl.org ( ()) <http://tzurl.org/>

This site provides the latest Olson DB timezone definitions in iCalendar format.

[21] Google Code Archive - Long-term storage for Google Code Project Hosting. ( ()) <https://code.google.com/archive/p/tzurl/>

A tool to convert Olson DB timezone information to iCalendar representations

[22] benfortuna/tzurl: Automatically exported from code.google.com/p/tzurl ( ()) <https://github.com/benfortuna/tzurl>

[23] tz database - Wikipedia ( 版) <http://ja.wikipedia.org/wiki/Tz_database>

[24] draft-lear-iana-timezone-database-04 - IANA Procedures for Maintaining the Timezone Database ( ( 版)) <http://tools.ietf.org/html/draft-lear-iana-timezone-database-04>

[25] Updating the time zone database ( ()) <http://nodatime.org/1.1.x/userguide/tzdb.html>

Noda Time comes with a version of the tzdb (aka zoneinfo) database, which is now hosted by IANA. This database changes over time, as countries decide to change their time zone rules. As new versions of Noda Time are released, the version of tzdb will be updated. However, you may wish to use a new version of tzdb without changing which version of Noda Time you're using. This documentation tells you how to do so.

[26] Joda-Time – Java date and time API - Time Zones ( (Brian S O'Neill著, )) <http://www.joda.org/joda-time/timezones.html>

Time zone data is provided by the public IANA time zone database. The following table shows all the time zones supported by Joda-Time, using version 2013d of the database. It is also possible to update to a later version of the database. This table can be rebuilt by running org.joda.example.time.TimeZoneTable.

[28] draft-lear-iana-timezone-database-04 - IANA Procedures for Maintaining the Timezone Database () <https://tools.ietf.org/html/draft-lear-iana-timezone-database-04>

[29] Strava Activities V3 API ( ()) <https://strava.github.io/api/v3/activities/>

"timezone": "(GMT-08:00) America/Los_Angeles",

[30] Phase out alphanumeric abbrs from etcetera ( (eggert著, )) <https://github.com/eggert/tz/commit/5659c5322976ea171e6a5afe14e9bc8172a51e24>

[50] time - The Go Programming Language () <https://golang.org/pkg/time/#Location>

[51] /query · API.AI ( ()) <https://docs.api.ai/docs/query>

timezone String Time zone from IANA Time Zone Database

Examples: America/New_York, Europe/Paris Optional.

[52] API Reference - Web Application - Tizen Web Device API Reference - System - Time API | Tizen Developers () <https://developer.tizen.org/development/api-references/web-application?redirect=https://developer.tizen.org/dev-guide/3.0.0/org.tizen.web.apireference/html/device_api/mobile/tizen/time.html>

[53] draft-newman-datetime-01 - Date and Time on the Internet () <https://tools.ietf.org/html/draft-newman-datetime-01>

[54] Clarify LICENSE file (eggert著, ) <https://github.com/eggert/tz/commit/7097a652778d35acf747d14f8bf7b3ced479bbc0>

[55] A shapefile of the TZ timezones of the world () <http://efele.net/maps/tz/world/>

[56] dateutils tzmaps (Sebastian Freundt著, ) <http://www.fresse.org/dateutils/tzmaps.html>

tzmap files are simply tab-separated lists of the format:

SPECIFIER \t ZONENAME [\t ZONENAME]...

sorted by SPECIFIER. On this site we provide mappings from IATA and ICAO airport codes, as well as mappings from Market Identification Codes (MIC).

[57] hroptatyr/dateutils at tzmaps () <https://github.com/hroptatyr/dateutils/tree/tzmaps>

[58] RFC 6557 - Procedures for Maintaining the Time Zone Database ( ()) <https://tools.ietf.org/html/rfc6557>

[59] () <http://web.mit.edu/jhawk/tmp/tz/gov.uscourts.mad.139342.1.0.pdf>

[60] Remove Canada/East-Saskatchewan from 'backward' (eggert著, ) <https://github.com/eggert/tz/commit/d5054b62469ef1b1b0cea3192f6cc814ade989d9>

[62] OWL-Timetime:timeZone に関する仕様書NOTE は、時間帯を記述するために、 tzdata の各時間帯についての英語版 Wikipedia記事から DBPedia が割り当てた URL を使うことができるとしています >>63。 なぜ規定ではなく NOTE とされているのかは不明です。利用例があるのかどうかはわかりません。

[63] Time Ontology in OWL () <https://w3c.github.io/sdw/time/#time:timeZone>

[64] [tz] Reason for removal of several TZ () <https://mm.icann.org/pipermail/tz/2017-December/025607.html>

[65] Extending <chrono> to Calendars and Time Zones () <http://www.open-std.org/jtc1/sc22/wg21/docs/papers/2017/p0355r4.html>

[66] [tz] Was Azerbaijan the first government to cite tzdb? () <https://mm.icann.org/pipermail/tz/2017-November/025540.html>

[67] draft-murchison-tzdist-tzif-00 - The Time Zone Information Format (TZif) () <https://tools.ietf.org/html/draft-murchison-tzdist-tzif-00>

[68] マイクロソフトには、世界中の時刻を監視する「時の番人」がいる|WIRED.jp () <https://wired.jp/2017/12/27/microsoft-time-lords/>

マイクロソフトは、このデータベースからデータを取得し、将来のWindows更新プログラムを準備する。また、世界各地で従業員が政府と緊密な関係を築いていることを活かして、このデータベースの更新にたびたび協力している。各地の従業員が、それまで知られていなかったタイムゾーンの変更が行われる気配を察知すると、その情報をワシントン州レドモンドにあるマイクロソフト本社に通知するのだ。ただし、マイクロソフトのプレゼンスがない地域では、IANAのデータに頼ることになる。

「私たちは、IANAのオープンソースコミュニティと非常によい協力関係を築いています。世界のどこかで変更が行われることを把握すれば、『こんなことが起こっているぞ』と伝えることで、彼らのコミュニティに貢献しています」とラマドスは語る。「トンガのような離島の場合は、当然ながらその地域にいる現地の人々に頼るしかありません」

ただし、時刻のデータを正しく取得できても、それをどのように登録するかが問題となる。ラマドスのチームは、マイクロソフトの世界各地の専門スタッフと連携し、データのすべての内容がその地域にとって適切なかたちで登録されるようにしている。

[69] theory.html fixes for Nome and backzone (eggert著, ) <https://github.com/eggert/tz/commit/361e42e00756afe10e0ac0276c01363ace48d11c>

[70] tzvalidate files | tzvalidate () <https://nodatime.github.io/tzvalidate/>

[71] nodatime/tzvalidate: Short-term repository for IANA tz validation code () <https://github.com/nodatime/tzvalidate>

[72] [tz] OpenJDK/CLDR/ICU/Joda issues with Ireland change () <http://mm.icann.org/pipermail/tz/2018-January/025908.html>

[73] [tz] Irish Standard Time vs Irish Summer Time () <http://mm.icann.org/pipermail/tz/2018-January/025820.html>