明治五年太政官布告第三百三十七号

日本の改暦

[24] 日本では、明治5年をもって従来の太陰太陽暦 (旧暦) が廃止され、 明治6年より太陽暦 (グレゴリオ暦) が採用されました。

[4] 明治5年11月9日太政官布告第337号。 太陰太陽暦(天保暦)を廃して、太陽暦 (グレゴリオ暦)を採用するもの。

天保暦明治5年12月3日をグレゴリオ暦明治6年1月1日とする。

閏年は、明治31年5月11日勅令第90号 『閏年ニ関スル件』がグレゴリオ暦同様に定めています。

ちなみにこれらは未だ効力を有しています。

日本と太陽暦

まず。用語などについては太陰太陽暦の項を参照してください。

[2] 日本では1873年(明治6年から)グレゴリオ暦(実は置閏法もグレゴリオ暦にあわせたのは明治31年ですが)を使っています。 しかし、この改暦は1ヶ月前になってから決定されたというのはご存知ですか(明治5年11月9日 = グレゴリオ暦12月8日) 実は新暦の1月1日は旧暦12月3日にあたっていたので日本において「明治5年12月」は2日間しかありませんでした。 (「一番短い月は?」と聞かれて「閏年以外の2月の28日間です」と答えるのは間違いです :-)、なお西洋でのグレゴリオ改暦の際の「1582年10月」は21日間です。) とうぜん庶民は大混乱だったそうです。

なんでこんなにとっさに改暦が行われた(当然明治の初期のうちにグレゴリオ暦の導入は必要だったのでしょうが、なにもこんなに突然...)かというと情けないことに財政難が理由なんだそうです。 明治6年も旧暦のままにすると「閏月」が生じ年13ヶ月になります。すでに政府は月給制を導入していたので1年に13回も月給を払うのは痛いと、しかし明治6年元日で改暦を行えば短い明治5年12月分の月給も省略しちゃえるから2か月分も月給が節約できる、うれしー。となるわけです。 西洋でユリウス暦からグレゴリオ暦の改暦が一通り済むまで宗教上の理由で結局3世紀もかかったのに比べると、なんとも情けない理由ですね :-)

もひとつ愚痴(?)、今まで日本では伝統的に陰暦正月すなわち立春の頃に「お正月」のお祝いをしていたのに、現代日本では寒の入りも前のグレゴリオ暦1月1日に「お正月」のお祝いをしています。なのに「迎春」という言葉だけは生き残っているんですよねぇ。 それだけではなく現代日本では、陰暦の日付をそのままグレゴリオ暦の日付に数字どおり移して伝統行事を行っていることが多いですよね。 桃の節句なのに桃の花はどこだ〜、七夕の節句なのに梅雨空で織姫と彦星がデートできないぞ〜、重陽の節句なのに菊酒飲めないぞ〜ってな奴です。

しかしながら太陰太陽暦の日付はまぁ月の満ち欠けによって決まるので「日常生活暦」のグレゴリオ暦とあわせるのは不便なのでいまさら復活するわけにはいきません。 (たとえば「立春」といえばグレゴリオ暦では毎年2月4日頃で一定ですが、日本の旧暦に直すと2000年は12月29日, 2001年は1月12日, 2002年は12月23日, 2003年は1月4日などと最大では約30日の幅で変動します) しかし、陰暦の日付は新暦より平均1ヶ月ちょっと遅れているということに着目してそこで月遅れという知恵(高岡の七夕とかお盆休みとか)が生まれたんですね。

でもアケリスさんのいうとおり「1月1日」にははっきりいって何の意味もないので。その意味のない日に日本で伝統的なお正月を行ってもね。

いっそのことお正月も月遅れにして立春の日に「お正月」(2月3,4日頃)のお祝いをすればいいと個人的に思ったりします。 お正月に暦は変わらないけれど季節感としてはこのあたりがちょうどいいような。

というのも12月25日のクリスマスが終わったとたんお正月セールになるなんてまさにあわただしい日本人の姿をあらわしているなぁと思いませんか。 12月にはゆっくりクリスマスを祝って、1月に入ったらお正月に向けて「のんびり師走気分」。もっと冬を楽しみましょう :-)

マーケティング的にも11, 12月いっぱいクリスマスセールを行えるし、1月いっぱいから2月上旬へお正月セールを行えるから経済効果も... あ、バレンタインがお正月のお祝いで消えちゃうか、まぁあんなもんいいや :-)

[1] 太陽暦からこっちに移しました。適切だったかはわかりませんが...

明治5年12月

[11] 天保暦明治5年/1872年12月は改暦により1日、2日のみとなるため、 明治5年11月23日の太政官布告で11月30日、31日とすることにされました >>12 が、 11月24日に取り消されています >>13

定時法

[7] 改暦ノ布告グレゴリオ暦の採用だけでなく、時刻も従来の不定時法にかわり定時法を導入しています。

[8] 午前0時~12時、午後1時~午後12時というの数値呼称もこの時導入されています。

[9] 午後0時はありません。
[10] には言及がありません。

ユリウス暦採用説

[20] 日本ではユリウス暦が用いられたことはありません。 当初の置閏法には不具合があり、ユリウス暦相当になっていましたが、 日付グレゴリオ暦相当でした。つまりユリウス暦でもグレゴリオ暦でもない独自のになってしまっていました。 実際に違いが生じてしまう前に修正されています。

[21] これを日本で当初ユリウス暦が採用されたと説明する文献 >>17, >>18 もありますが、 実際にはユリウス暦とはずれており、ユリウス暦を採用しようとする意思があったわけでもないので、 不適切です。

[22]ユリウス暦からグレゴリオ暦改暦された」という間違った説明に引きづられているのか、 置閏法修正時に1週間日付が飛ばされたと説明する文献 >>19 まであります。

[17] 暦の歴史 ( 版) http://www.vivonet.co.jp/rekisi/a05_roma/solar_calendar.html

日本は、明治6年にユリウス暦を導入、明治33年にグレゴリオ暦を採用した。

[18] 日本の紀年法について - その他(法律) 解決済 | 教えて!goo ( 版) http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4003470.html

グレゴリオ暦への改暦は明治31年でした。明治5年の勅令が天保暦からユリウス暦への改暦ですね。

[19] 元号の改元日の境界処理 (中博俊著, ) http://blogs.wankuma.com/ognac/archive/2008/07/30/150960.aspx

12月を一ヶ月飛ばしたのは、公務員給与を一ヶ月不払い(5年度の支給分)になるので、予算的に助かった...という都市伝説があります。真偽は知りません。何を血迷ったか、そのとき古い太陽歴であるユリウス暦を採用したため、明治31年にグレゴリオ暦に切替直したようです。このときも、一週間、存在しない日があったそうです。

換算

[25] 暦の換算参照。

メモ

[16] 太陰暦ヲ廃シ太陽暦ヲ行フ附詔書 国立公文書館 デジタルアーカイブ 画像データ表示 ( 版) http://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?KEYWORD=&LANG=default&BID=F0000000000000000349&ID=M0000000000000841660&TYPE=&NO=

[23] 明治改暦、太政官布告のもう一つの間違い (M.Suzuki著, ) http://koyomi.vis.ne.jp/doc/mlwa/200704120.htm

[26] 国立国会図書館デジタルコレクション - 新聞集成明治編年史. 第一卷 (新聞集成明治編年史編纂会著, ) http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1920323/288

[27] グレゴリオ暦 - Wikipedia () https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%AA%E6%9A%A6#.E6.97.A5.E6.9C.AC.E3.81.AB.E3.81.8A.E3.81.91.E3.82.8B.E3.82.B0.E3.83.AC.E3.82.B4.E3.83.AA.E3.82.AA.E6.9A.A6.E5.B0.8E.E5.85.A5

[28] 新暦 - Wikipedia () https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%9A%A6

[29] () http://www.ps.ritsumei.ac.jp/assoc/policy_science/194/194_12_unoki.pdf

新生活運動協会は昭和 31 年に法人格を申請する際に「新

生活運動の基礎理念並びに実践項目とその進め方」を示している。

1.社会生活環境と習俗の刷新

▷旧暦慣行の是正

[30] 全記録分離期・軍政下時代の奄美復帰運動、文化運動 - 間弘志 - Google ブックス () https://books.google.co.jp/books?id=cEQzTBes-ssC&pg=PA114&lpg=PA114

都市化する街に旧暦の時間は似っかわしくないのだろう力'。新生活運動が提唱されるのは、名瀬市の都市化と同時期である。満年齢の提唱や旧正月の廃止、生活改善等が各界から出された。満年齢の開始は 51 年 1 月のことである。生活改善は婦人会を中心に提唱された。 50 年 12 月に生活改善、婦人解放にっいて協議、「会礼の際の配膳(吸い物)廃止、年始会礼は二日まで、酒は出しっきり、歳暮禁止」などを確認した。また「年末年始の自粛」をテーマに座談会を持った。 23 日付南海日日では「自粛を全郡的に」のタイトルで「忘年会他禁止、家回り禁止、自粛正月の気運、吸い物禁止、来年から満年齢に」などを主張している。

51年頃からは行政も生活改善に乗り出した。名瀬市公民館が生活改善で意見を募集、20通の意見が寄せられた。「迷信の打破を」に関しては「旧暦の暦からエトの削除を、根拠のない理性に合わない恐怖から逃れねばならない」等の意見があった。また「冠婚葬祭簡素化」では「祭日が多い、厳粛を旨に、酒食の供応廃止、冗費の節約を」等の声が出ている。 14日付南海日日社説は「自粛運動と共同募金」と題して「新暦による正月の提唱は、生活改善の上から特に注目される」「新暦による新しい生活習慣の秩序を確立するためには、暦年の科学的な啓蒙も一面においては必要であろう」と書いている。当時を振り返った松岡モモヨは「分離中の奄美の婦人たち」(「奄美郷土研究会報」第12号、71年10月) の中で主な活動として「時間励行、冠婚葬祭の簡素化、カマドの改善、旧正月を新正月に」などを挙げている。 52年1月には「今年限りの旧正月 三方村で自粛正月呼びかけ」の記事が見える。

正月の自粛と旧正月廃止の動きはその後も新聞をにぎわす。喜界町は「二十八年から新暦で」「自粛正月を」と申し合わせをしている。 53年12月には「教育上障害のある旧正月」の投書が掲載された。

[31] しちぐゎち(旧盆)と旧暦 – 沖縄の心(しまぬくくる) 「うちなーぐち・ウチナーグチ・島言葉・沖縄方言」の紹介 () http://i-uchina.com/diary/post1491/

沖縄のお正月の時期が、なぜ旧暦から新暦に変わったのかは、1956年(昭和31年)、米軍下の琉球政府に新生活運動推進協議会ができて「新正月一本化運動」が推奨されたのが原因で、徐々に変わりはじめ、沖縄復帰のころには新正月が主流となりました。(一部地域で旧暦のところもある。)

[32] 旧正月(行雲流水) | 宮古毎日新聞社ホームページ -宮古島の最新ニュースが満載!- () http://www.miyakomainichi.com/2012/01/29609/

▼沖縄では、琉球処分後、明治の後半頃、県庁や寄留商人、教育界が率先して、「新正普及運動」「新正一本化運動」を行ったようだ。旧正は沖縄正月、新正は大和正月といわれていた。中部・南部では大和正月は少数派だが地域によっては今も残っている

▼戦後は社会教育の一環としてしきりに「新正一本化運動」が展開された。琉球政府創立4年後の1956年、琉球政府は新生活運動推進協議会を設置。新正一本化運動に取り組むも、〈新生活即新正一本化〉は〈上からのおしつけ運動〉であるとの印象を県民に与えたらしい

▼琉球政府の運動提唱から、どれほどの時を経てか、今や旧正は、漁業の町を中心に行われる少数派となっている。マスコミは旧正特番を組んで、琉球舞踊を放映、旧正に一役買う

[33] 秋田県内における結婚式の改善運動 −公民館結婚式を中心に− () http://www.akihaku.jp/publication/report/41/aktpmrep41_073-086.pdf

新暦の行事は正月が一番早く、昭和 27 年か 28

年頃に新暦になった。正月の移行については比較

的穏やかにすすんだが、盆行事の新暦化には昭和

37 ~ 38 年頃まで時間がかかった。新暦で盆を行

うために、青年会で新暦の8月 13 日に盆踊りを

企画し、集落の人々の参加を促すなどして徐々に

意識を変えていった。

旧暦から新暦に移行する際には年配者の

反対が強く、「新暦の 15 日に満月になるのか」と

言われ、返答に困ったこともあったという。

[34] 桜の街 幸手市へようこそ () https://www.city.satte.lg.jp/ka/kyouiku-iinkai/syakaikyouiku/oshirase/bunka/minnanobunkazai/19.htm

当時の役場は新暦への切り替えを積極的に進めようとしました。その様子を幸手町の広報紙の記事から拾ってみました。

  ・ 「十数年以前に新暦を用いて正月をやった処、結局二回やってしまったという喜劇となり…その時期の話題の一つとなっている…」(昭和27年1月号)  

       

  ・ 「当地方の慣習のうち一番複雑で不経済なのは「正月」の存在で、もちろん新正月でやった他に月おくれ正月も行なっている家庭が大半なようである。町教育委員会では、この不経済と不合理を考えて明三十年から「新正月」の一本やりで推進することを決議、一般家庭の協力を切望している。」(昭和29年8月)  

       

  ・ 「結局今年も、新暦正月、月遅れ正月、両方やる家、両方やらない家の四種となる」(昭和31年1月)  

       

  ・ 「栗橋、久喜、杉戸と新正月に囲まれたなかで、幸手町だけが月遅れでいるのは不自然であり、やるべきだという結論に達した」(昭和35年12月)  

▲「さってニュース」(昭和29年8月12日号)から

新暦正月への切り替えは昭和二〇年代後半に「新生活運動」の一環として始まりましたが、記事のようになかなか進まず、農村部まで浸透したのは市町村合併後の昭和三〇年代後半でした。

[35] 二つの正月 ―植民地台湾における時間の重層と交錯(1895-1930 年)― () http://www.jats.gr.jp/journal/pdf/gakkaiho009_02.PDF

[36] 国立国会図書館デジタルコレクション - 法令全書. 明治5年 () http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787952/312

[37] 国立国会図書館デジタルコレクション - 法令全書. 明治6年 () http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787953/76

[38] 国立国会図書館デジタルコレクション - 法令全書. 明治6年 () http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787953/94

[39] 国立国会図書館デジタルコレクション - 法令全書. 明治6年 () http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787953/124

[40] 国立国会図書館デジタルコレクション - 法令全書. 明治6年 () http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787953/265

[41] 国立国会図書館デジタルコレクション - 法令全書. 明治6年 () http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787953/463

[42] 国立国会図書館デジタルコレクション - 法令全書. 明治5年 () http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787952/172

[43] 国立国会図書館デジタルコレクション - 法令全書. 明治5年 () http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787952/233

[44] 国立国会図書館デジタルコレクション - 法令全書. 明治5年 () http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787952/234

[45] 国立国会図書館デジタルコレクション - 法令全書. 明治5年 () http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787952/236

[46] 国立国会図書館デジタルコレクション - 法令全書. 明治5年 () http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787952/243

[47] 国立国会図書館デジタルコレクション - 法令全書. 明治5年 () http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787952/245

[48] 国立国会図書館デジタルコレクション - 法令全書. 明治5年 () http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787952/271

[49] 国立国会図書館デジタルコレクション - 法令全書. 明治5年 () http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787952/312

[50] 国立国会図書館デジタルコレクション - 太政官日誌. 明治5年 第85−108号 () http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787663/34

[51] 国立国会図書館デジタルコレクション - 太政官日誌. 明治5年 第85−108号 () http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787663/39

[52] 国立国会図書館デジタルコレクション - 太政官日誌. 明治5年 第85−108号 () http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787663/57

[53] 国立国会図書館デジタルコレクション - 太政官日誌. 明治5年 第85−108号 () http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787663/59

[54] 国立国会図書館デジタルコレクション - 太政官日誌. 明治5年 第85−108号 () http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787663/65

[55] 国立国会図書館デジタルコレクション - 太政官日誌. 明治5年 第85−108号 () http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787663/67

[56] 改暦ニ付月日定方・二条 (独立行政法人国立公文書館 | NATIONAL ARCHIVES OF JAPAN著, ) https://www.digital.archives.go.jp/das/image/M0000000000000841662

[57] 国立公文書館 デジタルアーカイブ (独立行政法人国立公文書館 | NATIONAL ARCHIVES OF JAPAN著, ) https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/MetSearch.cgi?DEF_XSL=default&IS_KIND=summary_normal&IS_SCH=META&IS_STYLE=default&IS_TYPE=meta&DB_ID=G9100001EXTERNAL&GRP_ID=G9100001&IS_SORT_FLD=&IS_SORT_KND=&IS_START=1&IS_TAG_S1=fpid&IS_CND_S1=ALL&IS_KEY_S1=F0000000000000000349&IS_NUMBER=100&ON_LYD=on&IS_EXTSCH=F9999999999999900000%2BF2009121017005000405%2BF2005021820554600670%2BF2005021820554900671%2BF2005031609204303022%2BF2005031610541803024%2BF0000000000000000349&IS_DATA_TYPE=&IS_LYD_DIV=&LIST_TYPE=default&IS_ORG_ID=F0000000000000000349&CAT_XML_FLG=on

[58] 紀元年号ノ書式 (独立行政法人国立公文書館 | NATIONAL ARCHIVES OF JAPAN著, ) https://www.digital.archives.go.jp/das/image/M0000000000000843881