不定時法

不定時法

[2] 不定時法は、時刻の刻み幅が太陽地球の関係によって変動するものです。

[1] 天文時計 - Wikipedia () https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E6%96%87%E6%99%82%E8%A8%88#.E6.99.82.E9.96.93.E7.B7.9A

日中と夜間がそれぞれ12時間ずつに割り当てられていることから、夏時間との差異(Unequal Hour )が生じる。すなわち、ヨーロッパでは夏は日中が長く夜が短いため、日中の12時間は夜の12時間よりも長い。同様に、冬は日中が短く夜が長い。このような差異は中央から放射状に伸びる弧で補正されている。通常時間は文字盤の外側の時をそのまま読み、夏時間は時針が横切っている弧をたどり、そこに示されている数字を読む。

[3] 万年自鳴鐘 - Wikipedia () https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%87%E5%B9%B4%E8%87%AA%E9%B3%B4%E9%90%98

文字盤の位置を自動で変化させることで、昼夜の長さの変化に対応して一時刻(いっとき)の長さが変わる不定時法に自動で対応する。久重はこれを回転往復運動を応用することで解決した。

[4] Hour - Wikipedia () https://en.wikipedia.org/wiki/Hour#Unequal_hours

[5] Roman timekeeping - Wikipedia () https://en.wikipedia.org/wiki/Roman_timekeeping

[6] Relative hour (Jewish law) - Wikipedia () https://en.wikipedia.org/wiki/Relative_hour_(Jewish_law)