ISO‐HTML

ISO-HTML

[8] ISO/IEC 15445 (ISO-HTML) は、 HTML の一種を定義した ISO/IEC 国際標準です。

[9] ISO-HTMLHTML4 から派生した仕様でしたが、その後の HTML の進化には追随していません。手続き上現在も有効な国際標準ですが、 実態として有用な仕様書ではありません。

代替

[31] 現在の HTML仕様書については、 HTML Standard を参照

言語

[33] HTML4厳密DTD より更に制限を厳しくしたような SGML応用でした。

[34] pre 要素ではタブの利用に特殊な規定が設けられていました。

準備

[4] HTML文書の「準備」のために、 hn 要素が正しく使われることを DTD レベルで強制するオプションが ISO-HTML利用者の手引き (ISO-HTML の編集者らによる文書で、 国際標準の一部ではないが、同時に開発されたもの) に含まれていました。 pre-html

歴史

開発

1996-05-21NP 提案 (ISO/IEC JTC1/SC18/WG8 N1853)
1996-11提案承認
1997-03-23CD (ISO/IEC JTC 1/SC 18/WG8 N1901,1902)
1997-10-28FCD 案 (ISO/IEC JTC 1/SC 18/WG8 N1935)
1998-03-18FCD ISO-HTML 版 (ISO/IEC JTC 1/SC 18/WG8 N1966)
1998-06-17FCD (ISO/IEC JTC 1/SC 18/WG8 N1995)
1998-10-30FCD (ISO/IEC JTC 1/SC 34 N0010)
1999-04-20DIS (ISO/IEC JTC 1/SC 34 N0064,0065)
2000-01-24Final Text (ISO/IEC JTC 1/SC 34 N0133)
2000-05-15FE IS:2000
2001-08-07DCOR 1 (ISO/IEC JTC 1/SC 34 N0236)
2002-01-28Cor 1:2002
2003-06-01SE IS:2003
2003-08-05確認 (ISO/IEC JTC 1/SC 34 N0438)

[38] Wayback Machine, https://web.archive.org/web/20040222212749/http://www.y12.doe.gov/sgml/wg8/document/1935.sgm

[39] Wayback Machine, https://web.archive.org/web/20001213014300/http://www.ornl.gov/sgml/wg8/document/1898.htm

[50] Wayback Machine, https://web.archive.org/web/20010605011051/http://www.ornl.gov/sgml/wg8/document/1935.pdf

[51] ISO/IEC JTC1/WG4 N1944: Instructions to ISO-HTML Editors, , https://web.archive.org/web/20010110094500/http://www.ornl.gov/sgml/wg8/document/1944.htm

JIS

[21] 日本工業規格 JIS X 4156:2000 (ISO/IEC 15445:2000) ハイパテキストマーク付け言語 (HTML)

[22] http://www.purl.org/NET/ISO+IEC.15445/JP/15445.html

[23] ISO-HTML (ISO/IEC15445) に対応する JIS

[24] 標準情報(TR) TR X 0052:2001 ハイパテキストマーク付け言語(JIS X 4156)の利用者ガイド http://www.purl.org/NET/ISO+IEC.15445/JP/Users-Guide.html

[25] しかしながら、 >>22>>24 も原文はちゃんと ISO-HTML で書いてあるのに、翻訳規格化したらなぜか不思議マーク付けHTML4 Transitional に退化してしまうとはなんとも奇妙ですな。

[29] >>25 提出する JIS 原案は Word 文書に更に退化するらしいですよw

[26] なお、 ISO-HTML は TC1 が既に出ていて HTML 4.01 に対応していますが、 JIS はまだみたいです。

[10] >>6 ISO/IEC 15445:2000/corrected version:2003 に対応した JIS X 4156:2005 が出てます。 http://purl.com/net/dkcc/diary/200512.html#D20051207T2024 (名無しさん 2007-03-09 01:26:25 +00:00)

[27] ところで、 >>24 は原文は GPL で、翻訳でも注釈としてその旨が書かれてますが、それでは当該 JIS TR の扱いはどうなのでしょう? 原文著者と特別に契約したのなら、 GPL でない可能性が高いですが。。。

[28] >>27 HTML UG - Tutorial http://www.y-adagio.com/public/standards/tr_html_ug/tutr.htm3. によると、原著者と話し合った結果 JSA で好きに知る!ということになったのだそうな。せめて GPL/JIS TR の dual license くらいにして欲しかったもんだが。

日本における ISO-HTML

[19] HTML4Strict DTD を更に制限した形になっている文書型のためか、 あるいは ISO という権威に惹かれてか、 00年代前半にはなぜか日本一部の著者コミュニティーで局所的に非常に人気となっていました。 解説サイトや推薦するブログ記事が多数出版され、 XHTML移植する人もいました。

[20] しかし Web の大勢には影響を与えられなかったようです。

章節構造

address

[53] これら記事が掲載された神崎正英Webサイトは、 最新のWeb技術の情報を得られる信頼できる場所として当時の日本Web制作関係者の中では広く知られていた。

[42] ところが本文で

この辺りがクリアにならないと、ISO-HTMLの利用はお薦めしにくいです。

と書かれ >>40, >>43 (版によっては

特別な必要がない限り、ISO-HTMLの利用はお薦めしません

だったらしい >>45, >>43)、 HTMLコメント

<!--しかし、この変なDTDに無理に意義を認めようと、滅茶苦茶な我田引水の解説が一部で横行しているので、何とかして欲しいものではある-->

と書いて公表した >>40 ことで、 「滅茶苦茶な我田引水の解説」 に心当たりがある人達が騒ぎ出したらしい。

[44] そこで >>40 の記事は削除されてしまい、 >>41 の記事にその一部を留めるのみとなった模様。 >>43

[46] ISO-HTML を好んでいる側がなぜ好んでいるのか、 どうにもよくわからない。論者によっても意見は違うのだろう。 わかりやすいのは ISO だからという権威主義 >>45HTML4 Strict より更に制限が厳しいのがいいというのもあるらしい >>45。 それ以外の各論者の諸々の主張は何を目指して何に喜びを感じているのか理解するのが難しい。

[47] 当時は不思議マーク付けの大流行時代で (まあそれは今もかも知れないが)、 その反動で「意識の高い」 Web制作者らは 「正しいHTML」を書くこと、 つまりは HTML4適合するHTML文書を書くこと、 更には HTML4 Strict適合することを良いことと考え実践しようとしていた。 だからそれをもう一段階推し進めて制限を強めたように見える ISO-HTML を支持する人が出てくるのは、まあわかる。

[48] ところが address のように ISO-HTML には不可解な制約があって、 当時の実際の Webサイトの制作に支障をきたすおそれがあった。 でもそれは ISO-HTML の不具合ではなく高尚な意図があると無理くりの擁護を繰り返してまで ISO-HTML の良さを説く人達がいた。 それを見た神崎正英は「作者の人そこまで考えてないと思うよ」 って書いたら炎上しちゃったわけだ。

[49] わけわからんよね、 現実の需要をうまく解決できないならその文書型はその用途には向いてないんだ。 だから ISO-HTML を使わず HTML4 を使えばいいよ、 で終わる話。 でも ISO の権威にひれ伏す人とか、 「正しいHTML」の最先端が ISO-HTML だと思ってる人には 「用途に合わせて文書型を選ぶ」って発想がない。 (「用途に合わせて文書型を選ぶ」こそ ISOSGML 開発チームの考え方なんだけどね。)

[58] うーん、正直言ってこの時代に溢れてたタグ講座とレベルが違わないよね、 DTD を見てるかどうかの違いだけで。 定訳を知らないで一般的でない訳し方してるのは仕方ないとしても、 SGML の理解不足で読み違えている所とか、 英語すら読めていない所とか散見される。

[59] 無知は罪ではないが、よくこの理解度で神崎正英に喧嘩売ったなあw 間違いを指摘しないということは他の論者もこのレベルだったのだろうか。

[60] SGML がわかってないだけでなく HTML4 の知識もなくてわからんって書いてるんよね。 ISO-HTML に拘って力説する前に HTML の勉強しようよ・・・

[45] RobaQ's Diary 2002-03 ( 版) http://robaq.info/200203.xhtml#diary20020307_1

では何故ろばQは ISO-HTML なんて少数派の規格を使っているかと言うと、理由は大体以下の通り。

  • W3C より ISO や JIS の名前に標準化に対する権威を感じる。
  • HTML チェッカが見出しのチェックをより厳格に行ってくれる (チェッカに ISO-HTML 式見出しチェックと言うオプションがつけば、別に HTML 4.01 でも、XHTML 1.0 でもよい)。
  • div に因る見栄えの為のスパゲッティコードを書かないようにする為の自戒 (チェッカが警告してくれれば別に HTML 4.01 でも XHTML 1.0 でも良い)。
  • 読者に HTML は見栄えの為の物ではない、と言う事を読者に気づかせる切っ掛けにしたい (banner まで作ってみたりしたが余り効果がない。寧ろ XML の方が相応しいかもしれない)。
  • 制限の為、自然と Universal な HTML 文書が出来る (しかし、Valid な ISO-HTML 文書より、WCAG1.0 適合の HTML 3.2 文書の方が文書として Univarsal と言える)。

[5] 正しいHTMLを書く理由がない:メモランダム (2007-04-19 02:42:59 +09:00 版) http://mynotes.jp/blog/2007/04/no_reason (名無しさん 2007-04-19 00:03:57 +00:00)

[6] ISO-HTML夜話 (2007-04-09 22:35:57 +09:00 版) http://members.jcom.home.ne.jp/pctips/15445/ (名無しさん 2007-06-04 11:35:04 +00:00)

[7] ISO-HTML準拠MovableTypeテンプレート : 雑記帳 : der Gegenwart (Rusica 著, 版) http://www.rusica.net/note/2006/11/18/isohtmlmovabletype_1.html (名無しさん 2007-06-04 11:35:50 +00:00)

[10] ISO/IEC 15445:2000 (ISO-HTML)の書式について ( ( 版)) http://yupotan.sppd.ne.jp/web/isohtml.html

[11] XHTML Primary は、 ISO-HTML の「理念を加味」したと主張する XHTML 仕様です。ただし ISO-HTML の開発者らは関係していないようです。

[13] 良質なテキストサイトの爲のISO-HTML入門 (まきかずひこ 著, 版) http://kaz.topaz.ne.jp/well/www/isohtml/

[14] ISO-HTML(JIS-HTML, ISO/IEC 15445:2000)について - HTML 4/XHTML 1 リファレンス (Marguerite Site. 著, 版) http://www.marguerite.jp/Nihongo/WWW/RefHTML/__ISO-HTML.html

この規格は日本でもJISが正式に発行しており、このため日本ではJIS-HTMLと呼ぶ場合もあります。

[15] HTML 5時代のISO-HTML・訂正版(平成22年10月27日) - 『しらぎくのWWW作成入門』メモ (Marguerite Site. 著, 版) http://www.memo.marguerite.to/WWW/%E5%B9%B3%E6%88%9022%E5%B9%B4/10%E6%9C%8827%E6%97%A5-HTML_5%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AEISO-HTML(%E8%A8%82%E6%AD%A3%E7%89%88).html

[16] ISO/IEC 15445:2000(ISO-HTML・JIS HTML)ってそんなに厳しいか?|『しらぎくさいと』アメブロ出張所 ( 版) http://ameblo.jp/marguerite-site/entry-11959486677.html

[17] ISO-HTMLは良い (Chisa YOUZAKA 著, 版) http://txqz.net/blog/2005/12/25/2359

[18] 水月の解法 (ISO-HTML版) (ジョージ 著, 版) http://www.oct.zaq.ne.jp/dkcc/shed/sganswer_iso-html.html

[30] HTML 5時代のISO-HTML・訂正版(平成22年10月27日) - 『しらぎくのWWW作成入門』メモ (Marguerite Site. 著, 版) http://www.memo.marguerite.to/WWW/%E5%B9%B3%E6%88%9022%E5%B9%B4/10%E6%9C%8827%E6%97%A5-HTML_5%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AEISO-HTML(%E8%A8%82%E6%AD%A3%E7%89%88).html

[35] 個人の妄想レベルのものにとやかくいうのは野暮な話かもしれませんが、 ISO-HTML とも HTML5 とも互換性がなく独自機能まで追加したものを新 ISO-HTML の予想として提示するとかいう大胆過ぎるwwwww

[32] ISO/IEC 15445 a.k.a ISO-HTML: status report () https://www.w3.org/MarkUp/future/papers/rprice-4may98.html

[36] Masayasu ISHIKAWA's Welcome Page () https://www.w3.org/People/mimasa/

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "ISO/IEC 15445:2000//DTD HTML//EN">

[37] ISO/IEC 15445:2000 - Information technology -- Document description and processing languages -- HyperText Markup Language (HTML) () https://www.iso.org/standard/27688.html

This standard was last reviewed and confirmed in 2017. Therefore this version remains current.