open

Window インターフェイス open メソッド (DOM)

[165] window.open は、 新しい閲覧文脈を開くことを求めるものです。

仕様書

メソッド呼び出し

[75] Window インターフェイスopen メソッドは、 新しい (補助閲覧文脈) をポップアップするものです。 次の引数があります。

n
t
o
省略
d
説明
n
1
t
USVString
o
省略可能
d
新しく表示する文書URL
n
2
t
DOMString
o
省略可能
d
妥当な閲覧文脈名またはキーワード。省略時は _blank
n
3
t
DOMString
o
省略可能
d
ポップアップの表示オプション。

[32] Window インターフェイスopen メソッドは、 次のようにしなければなりません >>31

  1. [248] URL を、第1引数USVString として解釈した結果に設定します。 既定値about:blank とします。
  2. [249] 対象を、第2引数DOMString として解釈した結果に設定します。 既定値_blank とします。
  3. [172] 機能群を、第3引数DOMString として解釈した結果に設定します。 既定値空文字列とします。 ただし null空文字列とします (TreatNullAs=EmptyString)。
  4. [153] URL対象機能群について、窓を開く手順群を実行した結果を返します。 ただし例外投げられたら、再び投げます。

[8] Document インターフェイスopen メソッドは、現在の文書document.write によって指定した HTML ソースコードで置き換えるべく、 現在の内容を消去して構文解析器を起動するものです。次の引数があります。

n
t
o
省略
d
説明
n
1
t
DOMString
o
省略可能
d
無視されます。
n
2
t
DOMString
o
省略可能
d
replace なら置換有効空文字列 (既定値) なら無効

[74] このメソッドは DOM0 時代のもので、現在では通常の DOM木の操作を用いるべきと一般的には考えられています。

[73] Document インターフェイスopen メソッドは、 次のようにしなければなりません >>7

  1. [250] 引数が3つ以上ある場合、
    1. [154] URL を、第1引数USVString として解釈した結果に設定します。 既定値about:blank とします。
    2. [155] 対象を、第2引数DOMString として解釈した結果に設定します。 既定値_blank とします。
    3. [251] 機能群を、第3引数DOMString として解釈した結果に設定します。 既定値空文字列とします。
      ただし null空文字列とします (TreatNullAs=EmptyString)。
    4. [254] 文脈オブジェクト活性文書でない場合、
      1. [255] InvalidStateError DOMException投げ、 ここで停止します。
    5. [252] URL対象機能群について、窓を開く手順群を実行した結果を返します。 ただし例外投げられたら、再び投げます。
  2. [253] それ以外の場合、
    1. [184] を、第1引数DOMString として解釈した結果に設定します。
    2. [185] 置換を、第2引数DOMString として解釈した結果に設定します。 既定値空文字列とします。
    3. [256] CEReactions の事前処理を実行します。
    4. [183] 文書を開く手順群を、 文脈オブジェクト置換について実行します。 例外投げられたら、CEReactions の事後処理を実行し、 例外再び投げ、ここで停止します。
    5. [257] CEReactions の事後処理を実行します。
    6. [223] 文書を返します。
[69] document.open 相当の処理は、 document.write から呼び出されることがあります。

Window 用の処理

[33] 窓を開く手順群 (window open steps) は、 URL対象機能群について、 次のようにします >>31

  1. [34] 始点閲覧文脈を、入口設定群オブジェクト有責閲覧文脈とします。
  2. [41] 機能群を、 機能群字句化した結果に設定します。
  3. [261] noopener を、機能群noopener存在するか否かに設定します。
  4. [40] 対象閲覧文脈置換有効利用者閲覧文脈を明示した閲覧文脈の選択の結果に設定します。
    閲覧文脈名
    対象
    機能群
    機能群
    noopener
    noopener
  5. [76] 対象閲覧文脈が「なし」の場合、
    1. [162] null を返し、ここで停止します。
  6. [163] URL空文字列以外なら、
    1. [179] 結果を、URL入口設定群オブジェクトAPI基底URLに対して解決した結果に設定します。
    2. [177] 結果失敗の場合、
      1. [180] SyntaxError DOMException投げ、 ここで停止します。
    3. [226] それ以外の場合、
      1. 新しい資源を、結果に設定します。
  7. [247] URL空文字列の場合、
    1. 置換有効なら、
      1. 対象閲覧文脈WindowProxy オブジェクトを返し、停止します。
    2. それ以外なら、
      1. 新しい資源は、 URL about:blank とします。
  8. [90] 新しい資源URL about:blank置換有効なら、
    1. [91] タスクタスクキューに追加します。
      タスク
      タスク源
      ?
      処理
      1. [89] 単純イベントを発火します。
        単純イベント
        イベント型
        load
        対象
        対象閲覧文脈Window オブジェクト
        target override
        対象閲覧文脈Window オブジェクト文書
  9. [78] それ以外なら、
    1. [146] navigate します。
      navigate する閲覧文脈
      対象閲覧文脈
      新しい資源
      新しい資源
      例外有効
      置換有効
      置換有効
      新しい最上位閲覧文脈
      置換有効
      始点閲覧文脈
      始点閲覧文脈
      利用者閲覧文脈を明示した
      利用者閲覧文脈を明示した
      例外投げられたら、再度投げます。
  10. [100] noopenerの場合、
    1. [104] 対象閲覧文脈について disown します。
    2. [101] null を返します。
  11. [102] それ以外の場合、
    1. [103] 対象閲覧文脈WindowProxy オブジェクトを返します。
[81] Chromeポップアップがブロックされた場合 (対象閲覧文脈が無い場合) に undefined を返し、例外は投げないようです。

Document 用の処理

[46] 文書を開く手順群 (document open steps) は、 文書置換について、 次のようにしなければなりません

  1. [118] 事前条件確認:
    1. [119]
      ... のいずれかの場合、
      1. [120] InvalidStateError 例外を投げ、停止します >>7
    2. [121] 文書活性文書でない場合、
      1. [122] 文脈オブジェクトを返し、ここで停止します >>7
    3. [128] 文書文書の起源入口設定群オブジェクト有責文書文書の起源同じ起源でなければ、
      1. [129] SecurityError 例外を投げ、停止します >>7
    4. [124] 文書活性構文解析器を持ち、その script nesting levelなら、
      1. [125] 文脈オブジェクトを返し、ここで停止します >>7
    5. [126] 文書ignore-opens-during-unload counterなら、
      1. [127] 文脈オブジェクトを返し、ここで停止します >>7
  2. [209] 置換:
    1. [210] 置換replace (ASCII大文字・小文字不区別) の場合、
      1. [211] 置換を、に設定します >>7
    2. [212] それ以外で、
      ... のすべてを満たす場合、
      1. [216] 置換を、に設定します >>7
    3. [217] それ以外の場合、
      1. [218] 置換を、に設定します >>7
      2. [56] 新しいセッション履歴エントリーを作成します。
        セッション履歴エントリー
        navigate引数の新しい資源
        応答は、
        応答
        Content-Type
        text/html
        本体 (文字列)
        文書構文解析器構文解析したテキスト >>7 (≒ reload override buffer)
        文書
        なし >>7
        その他
        現在の文書の状態 >>7
        上書きURL
        文書の番地 明記されておらず
        reload override flag
        明記されておらず
  3. [219] unload:
    1. [220] 文書salvageable を、に設定します >>7
    2. [221] 結果を、 文書について prompt to unload a document を実行した結果に設定します >>7
    3. [222] 結果refused to allow the document to be unloaded の場合、
      1. [224] refused to allow the document to be unloaded を返します。
      2. [227] ここで停止します >>7
    4. [228] unload a document を実行します。 >>7
      文書
      文書
      recycle
  4. [87] 文書の新規化 >>7:
    1. [229] 文書について、文書のabort を実行します。
    2. [230] 文書影を含む包括的子孫の各節点について、
      1. [207] 節点について全イベントリスナー群を削除します。
    3. [231] 文書と関連付けられたタスクをすべてタスクキューから削除します。
    4. [108] 文書について null変異イベント無効ですべて置換を実行します。
    5. [110] を、新しい Window に設定します。
    6. [109] InitializeHostDefinedRealm 抽象操作を実行します。
      大域オブジェクト
      大域this
      閲覧文脈WindowProxy
    7. [115] realm実行文脈を、走っているJavaScript実行文脈に設定します。
    8. [112] realm実行文脈について閲覧文脈環境設定群オブジェクトの設定を行います。
    9. [111] 文書閲覧文脈文書について、 活性文書を設定します。
    10. [113] 文書singleton をすべてrealm で新たに作成したものに置き換えます (>>47)。
    11. [88] 文書WindowHTTPS状態を、 入口設定群オブジェクト有責文書WindowHTTPS状態に設定します。
    12. [233] 文書salvageable を、に設定します。
    13. [234] 文書番地を、 入口設定群オブジェクト有責文書文書番地に設定します。
  5. [235] 文書ready for post-load tasksの場合、
    1. [236] 文書reload override flag を、に設定します >>7
    2. [237] 文書reload override buffer を、空文字列に設定します >>7
  6. [238] 文書iframe load in progress フラグがの場合、
    1. [239] 文書mute iframe load フラグを、に設定します >>7
  7. [240] 文書構文解析器を、 新しいHTML構文解析器に設定します >>7
    [241] HTML構文解析器
    script-created parser
    confidence
    irrelevant
  8. [70] 文書現在文書準備度を、 loading に設定します >>7
  9. [71] 単純イベントを発火します。 >>72
    readystatechange
    対象
    文書
  10. [245] 文書閲覧文脈最上位閲覧文脈文書族文書に関連付けられた履歴探索タスク源タスクを (あれば) タスクキューから削除します。 >>7
  11. [242] 文書閲覧文脈セッション履歴エントリーのうち、 現在エントリーよりも後のものを (あれば) 削除します。 (現在エントリーは含みません。) >>7
  12. [137] 文書閲覧文脈セッション履歴エントリーのうち、 現在エントリーより前で文書文書であるものを (あれば) 削除します。 >>7
  13. [138] 置換の場合、
    1. [139] 文書閲覧文脈セッション履歴現在エントリーの前に、 新しいセッション履歴エントリーを挿入します。 >>7
  14. [142] 文書fired unload フラグを、に設定します。 >>7
  15. [140] 文書構文解析器挿入点を、 入力ストリームの末尾に設定します。 >>7
  16. [141] 文書を返します。 >>7
[246] document.open だけでなく、 document.writedocument.writeln からも呼び出されます。

[45] 文書は、 ignore-opens-during-unload counter を持ちます >>7。 初期値は 0 です >>7prompt to unload a documentunload a document からの document.open を抑制するために使われます。

[158] 文書は、 throw-on-dynamic-markup-insertion counter を持ちます >>157。 初期値は 0 です >>157カスタム要素構築器の実行中の document.opendocument.write を抑制するために使われます。

[123] かつては第1引数で HTML平文かを指定できました。 平文の場合テキストファイルのDOM構築が行われていました。

[51] 第1引数の元々の意図は MIME型の指定だったようですが、実際には HTML かどうかの区別の意味しか無くなっていたようです。

[52] しかも元の文書HTML構文解析器の動作中には必ず HTML と解釈されるようです。 IEFirefox構文解析器の停止後には平文にも対応するようですが、 Chrome は常に HTML と解釈します。

[53] IEjavascript:navigate なら正しく処理できますが、 onclick ではなぜか document.write が反映されずに真っ白な状態になります。

[54] デモ:

[93] document.openDOM0 時代の遺物です。当時は文書要素の書き換えができなかった (せいぜいフォーム制御子の現在の状態や画像URL を変更できる程度だった) ので、data: URL もありませんから、 クライアント側で文書を生成する必要があれば document.open を使う他ありませんでした。

[94] 現在となっては document.open を使うべき理由はまったくありません。 実装により細かな挙動が異なり不安定なので、使うべきではありません。

文書の singleton オブジェクトの置き換え

[47] 文書singleton を置き換える際、具体的にどのオブジェクトが該当するかは、 例示にとどまっていて、完全なリストはありません。

[48] 次のものが該当します。

[49] 大域オブジェクトも置き換わるので、他のフラグの再設定も合わせて、 document オブジェクトへの参照がすべて別の文書に書き換わったのとほぼ同じ結果となるようです。しかし引き継がれる状態もあるようです。

[62]文書document.open するスクリプトdocument.open 前に windowexpando を設定し、後に参照すると、 IEFirefox では undefined になっていますが (仕様通り)、 Chrome では前と同じ値が得られます。

[63] var で宣言した変数はどのブラウザーでも前後同じ値が得られます。 前に var で宣言した変数に後で window からアクセスしてもどのブラウザーでも undefined になります。 前に expando で設定したのと同じ名前の var に後でアクセスしても、 どのブラウザーでも undefined になります。

[64] Chrome では historylocationdocument.forms にアクセスしても、前と同じ値が得られます。 IEFirefox では違う値になります。

[82] Chrome では適切な雛形内容所有子文書は変化しないように見えます。

[150] Chrome ではイベントリスナーも無効化されるふいんきがあります。

履歴移動

[60] document.open で作られた文書の再読込や履歴の移動も、 あたかも通常のページであるかのように扱われることが意図されているようですが、 実装も仕様書も不安定な状態のようです。

[65] 閲覧文脈閲覧文脈再読込は、 document.open 後の時、 通常の処理ではなく overridden reload となります。 overridden reload は次のようにしなければなりません

  1. [84] 次の通り navigate します。
    navigate する閲覧文脈
    閲覧文脈
    新しい資源
    新しい応答 >>58 で、
    [96] 応答
    HTTPS状態
    閲覧文脈活性文書HTTPS状態 >>58
    CSPリスト
    閲覧文脈活性文書CSPリスト >>58
    ヘッダーリスト
    Referrer-Policy
    閲覧文脈活性文書参照元ポリシー >>58
    Content-Type
    text/html
    本体 (文字列)
    閲覧文脈活性文書reload override buffer の値 >>58
    始点閲覧文脈
    引数として指定されたもの >>58
    reload override flag
    >>58
    上書きURL
    閲覧文脈活性文書文書の番地 >>58
    キャッシュ上書き
    引数として指定されたもの
    置換有効
    例外有効
    例外投げられたら、再度投げます。
[66] HTML Standardキャッシュ上書きフラグに言及していませんが、 本 navigate が作成した文書からの fetch に影響するかもしれません (ししないかもしれません)。
[67] location.reload も参照。

[59] 文書は、 reload override flagreload override buffer を持ちます >>58。 初期状態では未設定で >>58document.open などが設定することがあります。

[61] IEFirefoxoverridden reload に対応しているようですが、 Chrome は対応していないようです。

[55] IE平文location.reload した後も平文として扱うようです。 Firefox平文でも location.reload 後に HTML にしてしまうようです。現在の HTML StandardFirefox の動作です。

[68] document.open で作られた文書から他の文書に移動したら、 元の文書は通常通り処理されます。 document.open から再度 document.open を再度実行したら、 前の状態は document.write で生成されたソースコードで保存されます (>>56)。

[57] >>56Firefox の動作で、 IE文書reload override flagなら navigate の新しい資源をソースでなく URL としているようです。 (最初の document.open より前のセッション履歴エントリーに戻った時にネットワークアクセスが発生します。そちらの仕様なら、 script-created parser でない普通の構文解析器の時に、構文解析したテキストを保持し続けずに済みます。)

features 引数の処理

[80] 新しい補助閲覧文脈が開かれる場合 (ポップアップの場合)、 第3引数 features の指示が適用されます。

[77] 対象閲覧文脈が新しい閲覧文脈かつ補助閲覧文脈なら、 CSSOM View の規定を適用しなければなりません >>31


[79] 次の機能があります。

[44] features 引数で指定できる機能

[191] 機能分離子 (feature separator) は、 ASCII空白=, です。 >>31

  1. |
    1. ASCII空白
    2. =
    3. ,

[42] features引数の字句化 (tokenize the features argument) は、 features を次のようにします >>31

  1. [173] 機能群を、新しい順序付き写像に設定します。
  2. [193] features符号位置を次の通り先頭から末尾まで順番に読んでいきます。
    1. [194] 機能分離子をあるだけ読みます。
    2. [195] 名前を、機能分離子以外をあるだけ読んだ結果に設定します。
    3. [196] ASCII空白をあるだけ読みます。
    4. [197] = を読んだ場合、
      1. [198] , 以外機能分離子をあるだけ読みます。
      2. [199] を、機能分離子以外をあるだけ読んだ結果に設定します。
    5. [200] それ以外の場合、
      1. [201] を、空文字列に設定します。
    6. [202] 名前を、名前ASCII小文字化した結果に設定します。
    7. [178] 名前を、名前機能名の正規化を適用した結果に設定します。
    8. [188] 名前空文字列でない場合、
      1. [203] を、ASCII小文字化した結果に設定します。
      2. [189] 機能群のキー名前の値を、に設定します。
    9. [174] 繰り返して更に続きを読みます。
  3. [190] 機能群を返します。

[175] 機能名を正規化 (normalize a feature name) するとは、 次の通り機能名を置き換えることをいいます。 >>31

screenx
left
screeny
top
innerwidth
width
innerheight
height
それ以外
機能名

歴史

[166] window.opendocument.open は、 DOM0 で導入されました。

[5] Latest topics > Chromeウィンドウを最前面にする・最背面にする - outsider reflex (Piro(SHIMODA Hiroshi) 著, 2007-09-29 12:59:12 +09:00 版) <http://piro.sakura.ne.jp/latest/blosxom/mozilla/xul/2007-09-26_zlevel.htm> (名無しさん)

[6] Firefox 2、Safari 3.1.1、Opera 9.27 のいずれも、 createDocument で作成した DocumentHTMLDocument ではなく、したがって document.open() は使えないようです。

[9] ブラウザごとのwindowオブジェクトの違いを理解する :CodeZine ( 版) <http://codezine.jp/article/detail/3065?p=4>

[10] Bug 325352 – document.open doesn't clear the document ( 版) <https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=325352>

[11] window.openでポップアップブロックされた時の挙動はブラウザによって違う - SEの行き着くところ… ( 版) <http://d.hatena.ne.jp/AWAWA/20090414/1239691058>

[12] >>11 <http://www.whatwg.org/specs/web-apps/current-work/multipage/browsers.html#dom-open>, <http://www.whatwg.org/specs/web-apps/current-work/multipage/browsers.html#the-rules-for-choosing-a-browsing-context-given-a-browsing-context-name>

null を返すのが仕様上正しい実装かな。不可視の閲覧文脈が選ばれているとみなすなら Opera も正しいといえるかも。

[13] Web Applications 1.0 r7304 Fix an infinite loop. There's no interop here, really, so I tried to find a compromise between what browsers do and keeping the requirements sane and simple. Tests at: http://www.hixie.ch/tests/adhoc/dom/level0/document/open/unload/ -- See also IRC ranting starting at http://krijnhoetmer.nl/irc-logs/whatwg/20120831#l-67 and ending at http://krijnhoetmer.nl/irc-logs/whatwg/20120901#l-140 ( ( 版)) <http://html5.org/tools/web-apps-tracker?from=7303&to=7304>

[14] IRC logs: freenode / #whatwg / 20120831 ( ( 版)) <http://krijnhoetmer.nl/irc-logs/whatwg/20120831>

[15] [whatwg] Details on window.open ( ( 版)) <http://lists.whatwg.org/pipermail/whatwg-whatwg.org/2012-December/038408.html>

[16] Web Applications 1.0 r7593 Try to better define how popup blockers work. ( ( 版)) <http://html5.org/tools/web-apps-tracker?from=7592&to=7593>

[17] Web Applications 1.0 r7626 Make document.open() do nothing on non-active documents ( ( 版)) <http://html5.org/tools/web-apps-tracker?from=7625&to=7626>

[18] Web Applications 1.0 r7729 document.open() legacy hack for compat ( ( 版)) <http://html5.org/tools/web-apps-tracker?from=7728&to=7729>

[19] Web Applications 1.0 r8201 Make the parser not execute scripts pending for the document after document.open() has been called on it. ( ( 版)) <http://html5.org/tools/web-apps-tracker?from=8200&to=8201>

[20] Bug 25709 – Take over open() features argument spec http://dev.w3.org/csswg/cssom-view/#the-features-argument-to-the-open()-method ( ( 版)) <https://www.w3.org/Bugs/Public/show_bug.cgi?id=25709>

[21] Window.open - Web API Interfaces | MDN ( ( 版)) <https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/Window.open>

[22] 解決:window.open()を使いつつIEでRefererを渡す方法 - @blog.justoneplanet.info ( ( 版)) <http://blog.justoneplanet.info/2007/07/18/windowopen%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%A4ie%E3%81%A7referer%E3%82%92%E6%B8%A1%E3%81%99%E6%96%B9%E6%B3%95/>

[23] Web Applications 1.0 r8701 Defer to CSSOM View for window.open(..., ..., features, ...) ( ( 版)) <http://html5.org/r/8701>

[24] IRC logs: freenode / #whatwg / 20140820 ( ( 版)) <http://krijnhoetmer.nl/irc-logs/whatwg/20140820#l-856>

[25] Web Applications 1.0 r8777 Recast window.open() in terms of an algorithm. ( ( 版)) <https://html5.org/r/8777>

[26] Web Applications 1.0 r8778 Simplify window.open even further ( ( 版)) <https://html5.org/r/8778>

[27] Web Applications 1.0 r8779 Fix window.open() to be more like deployed browsers rather than defaulting to 'about:blank'.]] ( ( 版)) <https://html5.org/r/8779>

[28] Web Applications 1.0 r8795 Match browsers better ( ( 版)) <https://html5.org/r/8795>

[29] Web Applications 1.0 r8816 Make window.open() match browsers better ( ( 版)) <https://html5.org/r/8816>

[30] RE: Figuring out the behavior of WindowProxy in the face of non-configurable properties ( (Travis Leithead 著, 版)) <https://lists.w3.org/Archives/Public/public-script-coord/2015JanMar/0033.html>

[1] IE11 の環境で DPI が既定値から変更されていると HTML アプリケーション (.hta) が縮小表示される ( 版) <http://support.microsoft.com/kb/2923604/ja>

Internet Explorer 11 の環境で、DPI 値 を既定の 100% から変更していると、HTML アプリケーション (.hta) が縮小表示される場合があります。

HTML アプリケーションが frame 構造で、frame 内のコンテンツより window.open を使用して同一 frame 内にコンテンツを表示する場合、縮小表示される現象が発生します。 

[3] GeckoOperadocument.open メソッドで開かれた文書charsetUTF-8WinIEUTF-16 (unicode) にしますが、 WebKit は元(?)の charset を引き継ぎます。

[2] Part2 - browsersec - Browser Security Handbook, part 2 - Browser Security Handbook - Google Project Hosting ( 版) <https://code.google.com/p/browsersec/wiki/Part2#Window_appearance_restrictions>

[4] 717339 – Selection's Ranges should be removed on document.open() ( 版) <https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=717339>

[35] Bug 9726 – Spec the features argument ( ( 版)) <http://www.w3.org/Bugs/Public/show_bug.cgi?id=9726>

[36] Inline Images on Web Pages ( ( 版)) <http://elf.org/essay/inline-image.html>

[37] [whatwg] location.reload() on document.open()ed documents ( ( 版)) <http://lists.whatwg.org/htdig.cgi/whatwg-whatwg.org/2010-December/029360.html>

[38] Web Applications 1.0 r8058 Try to match reality a bit better for popup blockers. ( ( 版)) <http://html5.org/tools/web-apps-tracker?from=8057&to=8058>

[39] [whatwg] Details on window.open ( ( 版)) <http://lists.whatwg.org/pipermail/whatwg-whatwg.org/2013-July/040083.html>

[83] Web Security Context: User Interface Guidelines ( 版) <http://www.w3.org/TR/wsc-ui/#robustness-apis-obscure-security-ui>

Web user agents MUST prevent web content from obscuring, hiding, or disabling user interfaces that display security context information, except in response to a user interaction.

User agents MUST restrict window sizing and moving operations consistent with section 7.1 Keep Security Chrome Visible. This prevents attacks wherein agent chrome is obscured by moving it off the edges of the visible screen.

User agents MUST NOT allow web content to open new windows with the agent's security UI hidden. Allowing this operation facilitates picture-in-picture attacks, where artificial chrome (usually indicating a positive security state) is supplied by the web content in place of the hidden UI.

User agents MUST prevent web content from overlaying chrome. This helps to ensure that user interactions that are perceived to target agent chrome are not redirected to Web applications.

[85] Integrate Fetch into HTML · whatwg/html@7c5555a ( 版) <https://github.com/whatwg/html/commit/7c5555a16f2920c02244c10756bb2f1a11e87a22>

[86] Add 'HTTPS state' to settings objects · whatwg/html@6de5241 ( 版) <https://github.com/whatwg/html/commit/6de524157fcf341e10efb3eec634bcf7325e6ee4>

[92] window.open() の dialog オプションは非対応となりました | Firefox サイト互換性情報 ( 版) <https://www.fxsitecompat.com/ja/docs/2015/dialog-option-for-window-open-is-no-longer-supported/>

window.open メソッドの dialog オプションが Web コンテンツから使用できなくなりました。この非標準機能は、最小化、最大化、復元ボタンをウィンドウのタイトルバーから取り除くものでしたが、Windows 版の Firefox とその他 Gecko ベースのブラウザしか対応していませんでした。

[95] Add and populate global object's "CSP list" · whatwg/html@479dfbf ( 版) <https://github.com/whatwg/html/commit/479dfbf1ff68b746ed3f81cc7415165e3342709e>

[97] Move 'HTTPS state' from Window to Document · whatwg/html@68390ce ( 版) <https://github.com/whatwg/html/commit/68390cea99f9f19881a16e1c8adaf1b130b4d1cc>

[99] Add a 'noopener' <link rel> keyword and window feature · whatwg/html@2992ea9 ( 版) <https://github.com/whatwg/html/commit/2992ea921bc75e44157451a37a807a8ce0b9a884>

[98] Per #290 window.open() can now return null · whatwg/html@1cf1475 ( 版) <https://github.com/whatwg/html/commit/1cf14758fda3d7c157c0a89334bd3bc0cad7686e>

[105] 27419 – Need to define that document.open() also creates a new Realm and global environment record per https://esdiscuss.org/topic/relationship-between-globals-realms-and-global-environment-records ( 版) <https://www.w3.org/Bugs/Public/show_bug.cgi?id=27419>

[106] Remove the storage mutex due to lack of implementation · whatwg/html@1b918cf ( 版) <https://github.com/whatwg/html/commit/1b918cf72fcbba011f83b92ab5d1f483fb1cafa3>

[107] Rewrite global object initialization to delegate to ES · whatwg/html@cf0355d ( 版) <https://github.com/whatwg/html/commit/cf0355d7e0e229b98f7fbd51b8c7608010c787f5>

[114] Rewrite script execution on top of ES · whatwg/html@4891d18 ( 版) <https://github.com/whatwg/html/commit/4891d18aaf2df1d40aa61f467a5a10cfc19dd85d>

[116] Windows XP SP2上でのwindow.open: Oka Laboratory 備忘録 ( 版) <http://okalab.cocolog-nifty.com/blog/2004/11/windows_xp_sp2w.html>

例えば<a>タグ内にwindow.openを組み込んでいる場合、開いた別窓の下部にステータスバーが常時表示されてしまいます。またアドレスバーを非表示に設定しているときはタイトルバーのタイトルの前にドメイン名が表示されます。

[117] Fix #536: abort document.open() if origins mismatch · whatwg/html@05599ab ( 版) <https://github.com/whatwg/html/commit/05599abc3f79d5ef644f9a8464532cc4626a3d46>

[130] Tie Location to the Window object · whatwg/html@fdd8216 ( 版) <https://github.com/whatwg/html/commit/fdd8216a902a065dd3e205cbbc1b5a6b527970a2>

[131] Location has a strong tie with Window · Issue #24 · annevk/html-cross-origin-objects ( 版) <https://github.com/annevk/html-cross-origin-objects/issues/24>

[132] Tie Location to the Window object by annevk · Pull Request #584 · whatwg/html ( 版) <https://github.com/whatwg/html/pull/584>

[133] Make document.open() and close() check for an XML document · whatwg/html@0ee9935 ( 版) <https://github.com/whatwg/html/commit/0ee993535960c18ea154ab6ec37fa62edcad1057>

[134] Sync with recent changes to the JS spec's job queue · whatwg/html@5af258f ( 版) <https://github.com/whatwg/html/commit/5af258f33e3e2f55eb30e611cb7aee625a8bd16a>

[135] Clarify settings object, realm, and global relationships · whatwg/html@0866f1b ( 版) <https://github.com/whatwg/html/commit/0866f1b3f4b4ea5a99a30909e9bbe557dea0b460>

[136] Reset the "fired unload" flag at the end of document.open() · whatwg/html@1f6fa09 ( 版) <https://github.com/whatwg/html/commit/1f6fa09728b2842091b401cfdcbf462944698e93>

[143] Formalize custom element reactions · whatwg/html@27aa7bc ( 版) <https://github.com/whatwg/html/commit/27aa7bc4fa6f168654a8c858f0773e611f679b39>

[144] Assign document's origin during creation · whatwg/html@b94d600 ( 版) <https://github.com/whatwg/html/commit/b94d600e0e4de5ddea2215078611d6dfd0800391>

[145] Editorial: turn "exceptions enabled" into a flag ( (annevk著, )) <https://github.com/whatwg/html/commit/879edbfcb25586caec8df93f303a434a700a18bc>

[147] Use USVString for all URLs ( (domenic著, )) <https://github.com/whatwg/html/commit/018b983b77b2cd908f6d00100e7e0abe893dd2c3>

[148] Integrate with the Referrer Policy spec, part 2 of n ( (domenic著, )) <https://github.com/whatwg/html/commit/176e74243c649b709b9959b7d08b327290c2f403>

[149] Define the document's referrer in terms of Fetch ( (annevk著, )) <https://github.com/whatwg/html/commit/148dcd7d8214433b80de92b19d27cc5de128f849>

[151] Use relevant settings object for pushState/replaceState URL parsing (domenic著, ) <https://github.com/whatwg/html/commit/b568cf93ac374c440e29e01a2619365dde7c45c8>

[152] Remove the "replace" argument to window.open() (domenic著, ) <https://github.com/whatwg/html/commit/f444d452cb062ba848570c7b69e6cfcf8aac5c62>

[156] Make document.write etc. throw during parsing custom elements (domenic著, ) <https://github.com/whatwg/html/commit/00c6fa07bdb9f0d08a28f6c6e1ababca7d08618c>

[161] Do not throw when window.open() is popup blocked (annevk著, ) <https://github.com/whatwg/html/commit/fbbc480d527224afbff15d5ec4284ab8cbd0a1a4>

[164] Return null when window.open() is popup blocked (annevk著, ) <https://github.com/whatwg/html/commit/29ded68f4147ad84c12a2a08b1db817a790c3c09>

[167] Clarify origin check in document.open() (jeisinger著, ) <https://github.com/whatwg/html/commit/87e60aba2af808d16201d906101e93d0c62b8339>

[168] Add additional feature names to window.open() · Issue #2464 · whatwg/html () <https://github.com/whatwg/html/issues/2464>

[169] [cssom-view] Move tokenizing of window.open's features arg to HTML (zcorpan著, ) <https://github.com/w3c/csswg-drafts/commit/48c88c28bdc9a1ef2e52e38544cf7f90517b72e0>

[170] [cssom-view] Make window.open's features use Web-exposed screen area (zcorpan著, ) <https://github.com/w3c/csswg-drafts/commit/80c0561f714b96ae696d17f46774b26c1d251e90>

[171] Specify the tokenizer for window.open's features argument (zcorpan著, ) <https://github.com/whatwg/html/commit/b649435b454f5a3243a84b694c8555e327fe87a8>

[176] Make window.open() throw for URL parser failures (annevk著, ) <https://github.com/whatwg/html/commit/ea52bf4d50cfb4ef88489bff76276b660b40781b>

[181] Revamp the rules for choosing a browsing context (annevk著, ) <https://github.com/whatwg/html/commit/5578a0495f826a56597288b7ba1f71163f17cdd6>

[182] Editorial: refactor document.open()/write()/writeln() (annevk著, ) <https://github.com/whatwg/html/commit/d43b7050b4fe83ebce7724ea005e4707f06a86f7>

[225] Clarify document.open() and refactor window.open() (annevk著, ) <https://github.com/whatwg/html/commit/29afad43e373140a6c59e2e99753e8f2da1c7c70>

[258] Centralize setting the active document (annevk著, ) <https://github.com/whatwg/html/commit/4257a9bf03f8ebbd6cc8b41933b6c5b619611662>

[259] 27875 – Abstract the parts of window.open that deal with about:blank () <https://www.w3.org/Bugs/Public/show_bug.cgi?id=27875>

[260] Make noopener stop the copying of session storage (mystor著, ) <https://github.com/whatwg/html/commit/a68a1f712b641981d7367d78758596b21a04521c>

[262] Mention sessionStorage copying in logic for creating a new browsing context by mystor · Pull Request #2832 · whatwg/html () <https://github.com/whatwg/html/pull/2832>

[263] Regression fix: continue to defer to CSSOM for window.open()'s features (annevk著, ) <https://github.com/whatwg/html/commit/e1533f1dbb7405ffc0814bbc4eaf9e8b0442c035>

[264] Regression fix: tokenize features earlier in window.open() (annevk著, ) <https://github.com/whatwg/html/commit/0ce114d22c285dd52c64c5f00b2185e4ed8edf84>

[265] Window open steps use tokenizedFeatures before setting it · Issue #3107 · whatwg/html () <https://github.com/whatwg/html/issues/3107>

[266] Regression fix: tokenize features earlier in window.open() by annevk · Pull Request #3108 · whatwg/html () <https://github.com/whatwg/html/pull/3108>

[267] Remove the 'opener' restriction. (mikewest著, ) <https://github.com/w3c/webappsec-secure-contexts/commit/98f2c2634f7371bca6ffacbf73e984b22af521ab>

[268] Should opener be taken into consideration when determining if a context is secure? · Issue #42 · w3c/webappsec-secure-contexts () <https://github.com/w3c/webappsec-secure-contexts/issues/42>

[269] Cleaning up algorithms and issues. (mikewest著, ) <https://github.com/w3c/webappsec-secure-contexts/commit/2cc0b2f634b5062f82d540349233d30cab84e0c3>

[270] Editorial: Define "realm execution context" in a separate step (TimothyGu著, ) <https://github.com/whatwg/html/commit/b5f9ad629cb498206bd9e4144de9ec58e27fef98>

[271] Editorial: Define "realm execution context" in a separate step by TimothyGu · Pull Request #3314 · whatwg/html () <https://github.com/whatwg/html/pull/3314>

[272] Integrate Feature Policy: "sync-xhr" (clelland著, ) <https://github.com/whatwg/xhr/commit/67a423f9f5d95ee240d48d4cf82c57e2d33876a2>

[273] Allow developers to opt-out of sync XHR with feature policy · Issue #178 · whatwg/xhr () <https://github.com/whatwg/xhr/issues/178>

[274] Integrate feature policy by clelland · Pull Request #177 · whatwg/xhr () <https://github.com/whatwg/xhr/pull/177>

[275] Feature proposal: sync-xhr · Issue #126 · WICG/feature-policy () <https://github.com/WICG/feature-policy/issues/126>

[276] Remove processing for document.open()'s type parameter (annevk著, ) <https://github.com/whatwg/html/commit/ac52e65a6a37b6c4163de32082a50c7da15c6c96>

[186] document.open() doesn't set contentType (document's content type) · Issue #3546 · whatwg/html () <https://github.com/whatwg/html/issues/3546>

[187] Remove processing for document.open()'s type parameter by annevk · Pull Request #3559 · whatwg/html () <https://github.com/whatwg/html/pull/3559>

[192] Use DOM's "replace all" primitive in document.open() (annevk著, ) <https://github.com/whatwg/html/commit/423c66403522b09138dc3b366bf96111bc030a04>

[204] Use DOM's "replace all" primitive in document.open() by annevk · Pull Request #3598 · whatwg/html () <https://github.com/whatwg/html/pull/3598>

[205] Introduce "remove all event listeners" primitive by annevk · Pull Request #641 · whatwg/dom () <https://github.com/whatwg/dom/pull/641>

[206] Clarify document.open() event listener removal (annevk著, ) <https://github.com/whatwg/html/commit/d5903c45237223c9b57aca1c4271414232be7209>

[208] It is unclear whether "Unregister all event listeners registered on the Document node and its descendants." means also nodes in shadow DOM · Issue #2302 · whatwg/html () <https://github.com/whatwg/html/issues/2302>

[243] Clarify document.open() event listener removal by annevk · Pull Request #3653 · whatwg/html () <https://github.com/whatwg/html/pull/3653>

[244] Make document.open() not reset the encoding to UTF-8 (annevk著, ) <https://github.com/whatwg/html/commit/fdbeb95b40d8d355549bb7f9b28647ed560a67d3>

[232] [] (0) Make document.open() reset the character encoding to UTF-16. M… (Hixie著, ) <https://github.com/whatwg/html/commit/37c4d16c18fc33eeb40f820ca88209284761a25b>

[277] [giow] (2) Make document.open() reset the charset to UTF-8 instead of… (Hixie著, ) <https://github.com/whatwg/html/commit/011b5e8403a557071961eb3f54bcee8dfa01138c>

[278] Make document.open() not reset the encoding to UTF-8 by annevk · Pull Request #3661 · whatwg/html () <https://github.com/whatwg/html/pull/3661>

[279] 380383 - [FIX]about:blank encoding is not consistent () <https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=380383>