アクセシビリティー

アクセシビリティー

[6] アクセシビリティ (accessibility) (アクセス可能性) は、身体障害の有無その他の利用者の境遇の差を超えて内容にアクセスできるという性質です。

マーク付け言語

[8] アクセシビリティーのための機能:

[11] アクセシビリティーコミュニティーから好かれている機能で、 広く有用なもの:

[9] アクセシビリティーのために追加され失敗した後に、再定義され復活した機能:

[7] アクセシビリティーのために追加され失敗した機能:

[10] アクセシビリティーがしばしば問題として取り上げられる (アクセシビリティー利権の餌食にされている) 機能:

仕様

団体

[13]

考慮するべき事項

[16] 例えば:

政治的な正しさ

[14] アクセシビリティーは、 Web にはびこる利権の1つです。本来の目的を離れて、 特定の人達の主張や特定の実装の都合を押し付ける圧力団体化しています。

[12] アクセシビリティの名のもとに、特定の AT の実装でうまく扱えないからと他の多くの人にとって有用な機能を削除することを生きがい(?)にしている人もいます。

[15] 本来の目的からすれば、アクセシビリティーの目的はどのような人や装置でも等しくコンテンツにアクセスできる状態となることのはずで、 特定の手法を用いることでは無いはずです。ある機能が初めからアクセス可能に設計されていれば、 何も考えない著者もアクセス可能なコンテンツを制作できるので、 好ましいことです。 ところが、それではアクセシビリティー機能の出番がなくなってしまいます。 普通の Webサイトアクセシビリティーを「付与」する商売をしている人は、 商売上がったりです。 だからなのかどうかはわかりませんが、アクセス可能な設計には興味がなく、 アクセシビリティーのための新機能を追加することばかり主張するおかしな人もよくいます。

歴史

[1] 情報バリアフリー 公開レビュー <http://www.jsa.or.jp/domestic/instac/review2003/Web/itbf_web.html>

期間終了したら原案は削除。ひどいもんだ。 (名無しさん 2004-06-11 06:03:03 +00:00)

[3] 総務省(報道資料) ( 版) <http://www.soumu.go.jp/s-news/2007/070117_2.html>

[4] QuirksBlog: New Dutch accessibility law (2007-02-19 19:59:27 +09:00 版) <http://www.quirksmode.org/blog/archives/2007/01/new_dutch_acces.html>

[2] Guidelines for the accessibility and sustainability of government websites - Overheid.nl (2007-02-25 22:08:05 +09:00 版) <http://webrichtlijnen.overheid.nl/archive/version1.1/english/> (名無しさん)

[5] Decree Quality Governmentwebsites - unofficial translation (2007-02-16 21:04:00 +09:00 版) <http://algemeenbekend.nl/misc/dutch-accessibility-decree.html>

[17] Web Accessibility Laws and Policies | Web Accessibility Initiative (WAI) | W3C () <https://www.w3.org/WAI/Policy/>