夏時刻の健康被害

夏時刻の健康被害

[237] 標準時夏時刻の異なる地域に移動し (てその時刻に合わせて活動し) たり、標準時改正夏時刻の実施・終了によって時刻が変更したりした場合に、 健康へ深刻な悪影響があることが知られています。 特に前者のことを時差ボケといいます。

[25] 昭和のサンマータイムは睡眠不足などの健康被害が深刻化し、 4年で廃止されました。

[26] その他各国の夏時刻制度が健康問題を理由に廃止されたり、 廃止が提案されたりしています。

[60] 時刻制度が建康に影響を与えることは、様々な研究から確実とみられます。 具体的に何にどの程度の影響があるかについては色々な見解があり、 それをもって時刻制度改革を必要とするかどうかにも反応が分かれています。

[61] 建康への影響を与える要因は次のものに大別されます。

[239] 夏時間廃止を求める下議=健康上の問題起こすと主張 – ブラジル知るならニッケイ新聞WEB ( 版) http://www.nikkeyshimbun.jp/2016/160223-24brasil.html

しかし、ヴァルジール・コラット下議(民主運動党・PMDB)は、「本当に夏の間は電気代が減っているか?」「夏時間が高血圧や糖尿病、うつ病など、多くの健康上の問題を引き起こすとの心臓病学研究所の発表もある」と夏時間に真っ向から異を唱え、夏時間廃止を訴える。

[1] 時差ぼけを最小限にするためのスマートフォンアプリ Entrain | 秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ () http://developer.cybozu.co.jp/akky/2014/04/entrain-app-to-ease-jetlag/

[2] サマータイム ― 健康に与える影響 ― (一般社団法人 日本睡眠学会 サマータイム制度に関する特別委員会 ) http://www.jssr.jp/data/pdf/summertime_20120315.pdf

[3] 導入国の最新事情|世界のサマータイム|サマータイム導入直前? 失敗しないためのパーフェクトナビ () http://summertime-navi.com/world/3.html

2011年、ロシアは最後のサマータイムの導入であり、冬時間がなくなるということです。

1時間のずれが体調不良につながるという理由でした。

人間だけではなく、家畜の健康にも配慮してのことだそうです。

[461] (天声人語)時差ボケ最前線:朝日新聞デジタル (2017年4月29日05時00分 ) http://www.asahi.com/articles/DA3S12915318.html

ベトナム戦争のさなか、キッシンジャー米大統領補佐官は北ベトナム側との交渉で、不用意にかんしゃくを起こしそうになった。時差ボケのせいである。現地へ飛んですぐ会議に臨んだことを悔いた

[4] ぐぐって天声人語以外のソースが見つからないけど、 断言してるからには本人がインタビューか自叙伝かなにかで語ってるのかな? (新聞は出典をちゃんと書かないからファクトチェックが難しい。。。)

[5] Jet lag - Wikipedia () https://en.wikipedia.org/wiki/Jet_lag

[6] 冬季不眠とは何か 体内時計の「南極物語」|健康・医療|NIKKEI STYLE (日本経済新聞社・日経BP社著, ) https://style.nikkei.com/article/DGXMZO20915260Y7A900C1000000?channel=DF210220171921&page=2

研究チームは越冬隊員の協力を得て1年間にわたり、各季節、計8回、体内時計時刻を知ることのできるホルモンの測定を行った。その結果、隊員の体内時計時刻は夏の白夜期にくらべて極夜期では約4時間(!)遅れていた。これでも予想よりも遅れが小さかったという。厳寒のため、隊員は暗い基地外に出ることなくほとんどの時間を基地内で過ごしたようだが、内部の照明がとても明るく、体内時計の調整効果をある程度発揮したためだと考えられている。

[45] サマータイム移行が短期的な脳卒中リスク上昇に関連 海外ニュース【健康美容EXPO】 ( 版) http://news.e-expo.net/world/2016/03/post-106.html

サマータイム制によって短期的に脳卒中リスクが上昇する可能性が示された。フィンランドの10年分のデータを調べた研究の結果で、サマータイムの切り替え(開始、終了ともに)から2日間の脳卒中発症率がやや上昇する傾向が認められたという。

研究を実施したトゥルク大学病院神経科医のJori Ruuskanen氏は、「因果関係は明らかにされていないが、ほかには要因が見当たらない。また、身体の概日リズムの乱れと脳卒中リスクには関連があることも知られている」と話す。

概日リズムとは、身体の生物学的プロセスが、主に光と暗闇に反応して24時間で変化することであり、交替勤務や不眠症などの要因でこのリズムが乱れることがある。

この研究はカナダ、バンクーバーで開催された米国神経学会(AAN)年次集会で発表された。学会発表された研究は、査読を受けて医学誌に掲載されるまでは予備的なものとみなされる。

[7] サマータイムはさまざまな健康被害をもたらす?東京五輪でサマータイム導入の動きに対し、日本睡眠学会が過去に出した資料が参考になる - Togetter () https://togetter.com/li/1254695

[8] 何者でもないおっさんさんのツイート: "daylight saving timeというのは夏時間のことです。(専門でないのでよくわかりませんが)夏時間の間の株式市場の週開けは大きな負のリターンで始まりがちで、それは睡眠パターンの変化によるものだろう、という論文があり、これは400回以上も引用されてますね。 https://t.co/bq9OJDChO5" () https://twitter.com/tsuyomiyakawa/status/1026391418669940736

[9] 何者でもないおっさんさんのツイート: ""daylight saving time"でgoogle scholarで検索すると、 交通事故が増える、心筋梗塞が増える、睡眠時間が減る、仕事場での怪我が増える、エネルギー消費は意外に減らない(むしろ増える)等、ろくなのが出てこないw 前向きな論文は被引用数トップのほうではほとんどなし。 https://t.co/FVxC3ljl2Y" () https://twitter.com/tsuyomiyakawa/status/1026353942978912256

[10] 世界約60カ国が実施しているものの、廃止に踏切る動きも|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS () http://healthpress.jp/2018/08/post-3756_2.html

[11] 昭和12年に日本領台湾で実施された西部標準時から中央標準時への改正 (実質的な通年夏時間) では、 実施前から就業時間と睡眠時間の関係に起因する健康問題が取り上げられ、 実施時には台湾総督府で対策が検討されました。

台湾の標準時大東亜の標準時を参照。

[12] 【知ってた?】時差ボケは「東まわり」の方がキツイ理由 | TABIZINE~人生に旅心を~ () https://tabizine.jp/2017/03/16/127751/

[13] JAIRO | 夏時刻制の二交替労働に及ぼす影響調査報告 第2部 医学的実地調査 (黒田 芳夫 26 ( 5 ) 1950-05-10 ) http://jairo.nii.ac.jp/0220/00002097

[14] 夏時間制と生活時間について (大下内 章 1952 年 2 巻 1 号 p. 1-3 ) https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspfsm1949/2/1/2_1_1/_article/-char/ja/

[15] 自由時間法による夏時間制の勞働衛生學的批判 (川原 悌吉 1951 年 1 巻 2 号 p. 105-106 ) https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspfsm1949/1/2/1_2_105/_article/-char/ja/

[16] () https://kanazawa-u.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=28167&item_no=1&page_id=13&block_id=21

金沢大学サテライトプラザ ミニ講演

日時 平成19年7月21日(土) 午後2時~3時30分

会場 金沢大学サテライト・プラザ 講義室

演 題 「地図でみる日本の女性」

講 師 神谷 浩夫 (金沢大学文学部 教授)

(神谷) 簡単に言いますと,北欧などで,夏になぜあれだけ長い間休みを取るかという

と,太陽を浴びるのです。そうでないと紫外線不足で,クル病になってしまうのです。そ

れに比べて,われわれは紫外線をたくさん受けていますので,私の体もそうですが,夏に

なるとすぐ黒くなってしまう。だから無理やりサマータイムで休みを取って,紫外線を浴

びる必要は全然ありません。むしろ,紫外線からできるだけ避けようとしていますので,

あまり必要性はないのです。

[17] サマータイム(DST)に関する個人的な経験と好き嫌いの話 - W3er () https://blog.yoosee.net/articles/2018-09-personal-preference-for-dst

春のDST(時計が進む)は睡眠時間を1時間奪われるので確かに厄介なのだけど、そもそも米国内でもタイムゾーンをまたぐ出張をすると1時間どころか2時間3時間の時差調整は発生するので、個人的には慣れたものであり例によってメラトニンで解消するようになってからは大したダメージはなかった。ただ子供など家族は 1週間くらいは朝起きるのが辛そうにしていた様子はあった。

[18] 薬があるから平気ってそれ薬中じゃねーかwww

[19] 夜型からの反論「なぜ早起きばかりもてはやされる」専門家は「早起きは生産性高めない」 | BUSINESS INSIDER JAPAN (西山 里緒著, ) https://www.businessinsider.jp/post-174603?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter&utm_campaign=8ef1800560de70a9de174fb391b4307a

精神科医で睡眠学が専門の三島和夫氏(秋田大学大学院教授)はこう語る。

> 「私たちの睡眠リズムは、体内時計の周期が深く関わっています。体内時計は『時計遺伝子』という数十個の遺伝子によって決まりますが、その配列には個人差があり、どうしても早寝早起きが難しい夜型の人がいるのです。夜型や朝型といった傾向は、身長の高低、視力の良し悪しと同じように体質的なもので、気合いや根性で何とかなるわけではありません。みんな一律に早寝早起きしろというサマータイムは、かなり無茶ぶりです」

三島氏によると、そもそも睡眠時間を後らせる(夜更かし)のは簡単でも、前に早める(早寝)は難しいそうだ。

三島氏によると、夜型傾向の強い人は人口の約3割を占めるそうで、もはやマイノリティではない。サマータイム導入で夜型人間を苦境に追い込むより、それぞれの特性を生かした働き方を整備したほうがいいのではないか。

[433] 睡眠不足の裁判官は厳しい?:朝日新聞デジタル ( ()) http://www.asahi.com/articles/ASK6P7WNJK6PUBQU01Y.html

1992年から2003年まで、米国で月曜日に下された約4千件の判決を調査。サマータイムになった直後の日に出た判決をみると、前週と翌週の月曜にあった判決と比べ、懲役刑の期間が平均で約5%長かった。「睡眠を奪われた時間がたとえわずかでも、裁判官の判断はかき乱される」とチームは結論づけた。

[20] 細胞は急に起きられない 明石真氏|【西日本新聞】 (2018年10月07日 11時04分 ) https://www.nishinippon.co.jp/nnp/opinion_view/article/455820/

「夏は日の出時刻が早まるのだから、自然に合っていて体にも良いのでは」と考える人もいるだろう。以下において、時間生物学の観点からこの制度について考察してみた。

突然出勤時刻を1時間早く定めても、体の時計がついてこられない。急な早起きによって、寝ている細胞をたたき起こして働かせることになる。午前中の仕事効率は当然下がる。一方、夜は体が寝る状態にないのに床につかねばならず、睡眠の量と質の低下が起こる。体内時計はほとんど全ての細胞に備わっているため、体内時計の調節完了まで多臓器に負担を与え続けることになる。

[21] サマータイム終了のお知らせ スペイン/バレンシア特派員ブログ | 地球の歩き方 (田川 敬子 2018年10月25日 ) https://tokuhain.arukikata.co.jp/valencia/2018/10/post_470.html

健康に影響があると言われていますが、どうなのでしょうね。私は毎回何の問題もなく順応できているのですが。

[22] 日本学術会議が「サマータイム」に警鐘|日テレNEWS24 (日本テレビ著, ) http://www.news24.jp/articles/2018/11/07/07408659.html?from=ich

[23] サマータイム導入の問題点: 健康科学からの警鐘 () http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-24-t271-1.pdf

[24] 沖縄県における夜型の生活習慣が勤労者の血圧日内変動に与える影響の研究 () https://www.hosp.u-ryukyu.ac.jp/labo/_src/sc3188/909b8cb4819a89ab93ea8ca782c982a882af82e996e98c5e.pdf

沖縄県は、日本標準時との物理的な時差もあり、夜型社会・夜間活動型の生活習 慣にある。それに伴い、夜間睡眠の質と量の低下は、若・壮年期の労働年齢における健康 管理において重要な課題の一つにあげられる。

[27] 昭和のサンマータイムの頃、東京大学小木曾定彰は、 自然の昼間と生活の昼間がずれていることに着目しました ( 昭和のサンマータイム )。 確かに日の出から日の入りまで、 正中すなわち真太陽時正午を中心とする時間帯と、 起床から就寝までの時間帯を比べると、 後者が遅れています。 午前午後より短いのは誰しも感じているところで、 不思議に思う人もいることでしょう。 果たしてこれは生物学的現象なのか、 社会的慣習に過ぎないのか。

[28] 夏季は日の出から起床までが長く、 「もったいない」。 夏時刻はこの自然時刻と生活時刻のギャップを埋めようとする試みであります。 ただしその方法によっては自然時刻と生活時刻のバランスを崩してしまいます。 不定時法のような方法を採れば人体も社会もバランスを保ちながら移行できるのかもしれませんが。

[29] その後の科学的、医学的研究でこの自然時刻と生活時刻のずれの要因と影響が解明されているのかわかりませんが、 近年の夏時刻の議論でこうした観点が注目されているのは見かけません。 早起きが気持ちがいいとか、夕刻を有効活用できるとかいうプロパガンダばかり。 国家レベルの人体実験の前に、科学的見地から人体への影響を精査するべきです。

[30] 《ブラジル》夏時間16日の深夜に終了=「寝坊は避けて」と専門家 – ブラジル知るならニッケイ新聞WEB () https://www.nikkeyshimbun.jp/2019/190214-25brasil.html

「夏時間終了のタイミングは、1時間長く寝られる」と、翌朝日曜の朝も遅くまで寝て過ごす人が見られる。だが専門家や医師たちは、「長く寝ることではなく、起きた状態で休息することに1時間を使うべき」と語る。

[31] CiNii 論文 -  サマータイム制度─睡眠および健康について─ () https://ci.nii.ac.jp/naid/110009917307

[32] >>31

正確なリスク分析を行うには, DST が導入され ていない地域で, DST の導入の有無で適切にランダム化 した比較試験が必要であるが,上述した先行研究(ヒ トを対象とした睡眠研究および疫学研究)でリスクの可 能性が指摘されている以上(表3),倫理的に,この研 究デザインを用いた研究を実施する可能性は極めて低い.

は重要な指摘。実施するなら事前に科学的に検証するべきだが、 それが倫理的に行われない、行えない。 そんな状態で社会全体で実施するのは常軌を逸している。

[33] 北米夏時刻が始まって、小さな子供の寝起きの時間調整に親が苦労している報告 (悲鳴?) があちこちから上がっていますね。。。

[34] Why Teens Hate Daylight Saving Time - The Talisman (Solomon Marshall著, ) https://towsontalisman.com/3725/showcase/why-teens-hate-daylight-saving-time/

[35] Personas con insomnio o trastornos de sueño, las más afectadas por cambio de horario - Códigoqro (NOTIMEX AGENCIA著, ) http://codigoqro.mx/2019/04/05/personas-con-insomnio-o-trastornos-de-sueno-las-mas-afectadas-por-cambio-de-horario/

[36] Why You’re So Hungry When Daylight Saving Time Begins – Fitonomy () https://fitonomy.co/blogs/news/why-you-re-so-hungry-when-daylight-saving-time-begins

[37] [tz] Giuntella & Mazzonna on health and economic costs of DST () https://mm.icann.org/pipermail/tz/2019-April/027867.html

[38] Clarke Gayfordさんのツイート: "Hmmm, seems that no one has put Neve's clock back for Daylight saving." () https://twitter.com/NZClarke/status/1114598048234008576

[39] NZ Prime Minister Jacinda Ardern's partner Clarke Gayford on fatherhood: 'Oh boy' - NZ Herald () https://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=12222053

On April 6, after daylight saving ended, his tweet "Hmm, seems that no one has put Neve's clock back for daylight saving" attracted 43 comments and 1600 likes.

[40] Daylight saving could be damaging Kiwis' health | Newshub () https://www.newshub.co.nz/home/lifestyle/2018/09/daylight-savings-could-be-damaging-kiwis-health.html

[41] Debate on daylight saving time and school start time -- ScienceDaily () https://www.sciencedaily.com/releases/2019/04/190422112809.htm

[42] Surrey academics weigh into the debate on daylight saving time and school start time | EurekAlert! Science News () https://www.eurekalert.org/pub_releases/2019-04/uos-saw041719.php

[43] Does daylight savings kill people? - YouTube () https://www.youtube.com/watch?v=XZGs5Im9f8Q

[44] Daylight savings time and myocardial infarction | Open Heart () https://openheart.bmj.com/content/1/1/e000019

[46] Daylight saving time and myocardial infarction: should we be worried? A review of the evidence () https://www.europeanreview.org/article/14306

[47] JCM | Free Full-Text | Daylight Saving Time and Acute Myocardial Infarction: A Meta-Analysis () https://www.mdpi.com/2077-0383/8/3/404

[48] JCSM - Time to Show Leadership on the Daylight Saving Time Debate () http://jcsm.aasm.org/ViewAbstract.aspx?pid=31589

[49] [tz] Daylight saving and heart attacks () https://mm.icann.org/pipermail/tz/2019-June/028201.html

[50] [tz] Time zones, daylight saving, and cancer risk () https://mm.icann.org/pipermail/tz/2017-November/025548.html

[51] Breast cancer risk higher in western parts of time zones; is electric light to blame? (Richard G. "Bugs" Stevens著, ) https://theconversation.com/breast-cancer-risk-higher-in-western-parts-of-time-zones-is-electric-light-to-blame-85803

[52] Longitude Position in a Time Zone and Cancer Risk in the United States | Cancer Epidemiology, Biomarkers & Prevention () http://cebp.aacrjournals.org/content/26/8/1306

[53] [tz] Time zones, daylight saving, and cancer risk () https://mm.icann.org/pipermail/tz/2017-November/025548.html

[54] [tz] Daylight saving and heart attacks () https://mm.icann.org/pipermail/tz/2019-June/028209.html

[55] Are daylight saving time transitions associated with changes in myocardial infarction incidence? Results from the German MONICA/KORA Myocardial Infarction Registry () https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4535383/

[56] Does Daylight Saving Time Really Make Us Sick? () http://ftp.iza.org/dp9088.pdf

[57] Daylight saving time, circadian rhythms, and cardiovascular health () https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6469828/

[58] Daylight Saving Time and Acute Myocardial Infarction: A Meta-Analysis () https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6463000/

[59] Longitude Position in a Time Zone and Cancer Risk in the United States | Cancer Epidemiology, Biomarkers & Prevention () http://cebp.aacrjournals.org/content/26/8/1306

[62] Daylight Saving Time is not Associated with an Increased Number of Trauma Activations () https://escholarship.org/uc/item/8jn96248

[63] サマータイム導入はやはりデメリットが大きい WEDGE Infinity(ウェッジ) () http://wedge.ismedia.jp/articles/-/13646?page=5

ロシアではサマータイム移行時に心筋梗塞患者が増加したため結局サマータイムを廃止したし、オーストラリアでは、サマータイム移行時に男性の自殺が増える傾向があることも指摘されている。

[64] Daylight saving could be damaging Kiwis' health | Newshub () https://www.newshub.co.nz/home/lifestyle/2018/09/daylight-savings-could-be-damaging-kiwis-health.html

[65] () https://www.europeanreview.org/wp/wp-content/uploads/750-755.pdf

[66] 会議議事録要約 () https://web.archive.org/web/20020927124344/http://www.kokuminkaigi.gr.jp/hearing1/chugoku/giji_6.html

(天津氏)

寝る時間が遅くなることではなく、夕食後の時間が長くなることで、9時に寝なさいと言って患者は、特に痴呆性患者や精神科の患者はそうなのですが、生活パターンというのがあるんですよ。サマータイム導入により今日から1時間進んだから、1時間早く寝なさいと言っても痴呆性の患者などはそうはいかないのですよ。

(事務局:宮本)

従って、夕食を食べた後であっても若干明るいのでどうしても寝るのが遅くなるということですね。

(天津氏)

そのとおりです。夕食から寝るまでの時間が長くなるため、とかく痴呆性患者は、夜に徘徊することがあるので、これに対応するための看護体制について心配されます。

[67] When daylight saving time ends, 41% plan to 'fall back' to sleep () https://www.newswise.com//articles/when-daylight-saving-time-ends-41-plan-to-fall-back-to-sleep

[68] Fall Back: How To Adjust Your Child's Sleep For Daylight Saving Time — Little Z's Sleep () https://littlezsleep.com/blog/fall-back-daylight-saving-time