フランス共和暦

フランス共和暦

[4] フランス革命暦フランス共和暦は、 1793年から1805年までのフランス革命後のフランスで使用された太陽暦。 1792年秋分を元年とする。 パリにおける平均時の秋分日を元日とする。各月の長さは30日。年末の残りの5, 6日間は Sans-culottides と呼ばれる祝日である。

経緯

[12] フランス革命の蜂起がありました。 その数年前よりフランス国内には不穏な動きがありました。 その中でマレシャール改暦案を同志に配布しました。 >>11

[16] 改暦が提案されたということは、 グレゴリオ暦の制定元であるキリスト教 (特にカトリック) に対する不満が (少なくても一部には) あった、 とされています。 >>11

[17] 王政の廃止が宣言されました。

[18] 、 改暦起草委員が選定されました。 航海学者のロンムが幹事長に、 天文学者のバングレーラグランヂ、 数学者のモンヂなどが委員に選ばれました。 >>11

[19] 委員会はマレシャールの改暦案を審議し、 ほぼそのまま採用することを決めました。 >>11

[20] 、 新暦使用説明書が公布され、即時施行されました。 >>11

[37] フランス共和暦は廃止され、 グレゴリオ暦に復しました。

[13] 30を1とし、 12と5または6の余日を合わせて1とするものでした。 >>11

[14] 古代のエジプト暦ペルシャ暦と同型のものでした。

[22] 年始は、 パリにおいて太陽秋分点を通過するとされました。 >>11

[23] 第1年は年始でした >>11。 すなわち王政廃止の翌日でした。

[36] 秋分年始とすると、耕作と収穫が別のとなってしまいます。 他の多くの暦法年始としていましたが、 それが北半球では自然でした。 >>11


[15] 当初はを復興第1年とし、 以後第2年、第3年と数えていくことが提案 (>>12) されていました。 >>11

[24] は、30で構成されました。 >>11

[6] 月名は次の通りでした。 (年始秋分であることに注意。)

n
#
f
月名 >>11
f2
月明別表記
j
和訳 >>11
j2
別の和訳
n
1
j2
葡萄月
f2
Vendemiaire
f
Vendémiaire
j
葡萄の月
n
2
j2
霧月
f2
Brumaire
f
Brumaire
j
雲の月
n
3
j2
霜月
f2
Frimaire
f
Frimaire
j
霜の月
n
4
j2
雪月
j
雪の月
f2
Nivose
f
Nivôse
n
5
j2
雨月
f2
Pluviose
f
Pluviôse
j
雨の月
n
6
j2
風月
j
風の月
f2
Ventose
f
Ventôse
n
7
j
芽生の月
j2
芽生月
f2
Germinal
f
Germinal
n
8
j2
花月
j
花の月
f2
Floreal
f
Floréal
n
9
j
牧場の月
j2
草月
f2
Prairial
f
Prairial
n
10
j
収穫の月
j2
収穫月
f2
Messidor
f
Messidor
n
11
j2
熱月
j
暑月
f2
Thermidor
f
Thermidor
n
12
j2
果実月
j
果物の月
f2
Fructidor
f
Fructidor

[7] 個人的に月名に美しさを感じる。

[35] しかし当然フランスの気候に依存した名称に過ぎず、 南半球はもちろん、赤道付近や高緯度地方には適用できない、 普遍性を欠いたものでありました。 >>11

[8] を3分割して10日をもって (Décade) としました。 >>11

[27] 毎月の10日、20日、30日は休日とされました。 >>11

[9] 廃止されました。

[34] しかし実行は困難で、次第に曖昧になりました。 宗教的に大きな反発があっただけでなく、 9日連続で働かなければならないことに労働者が不満を持ち、 10日、20日、30日に加えて日曜日にも休みました。 フランス政府は罰則を設けましたが、効果はありませんでした。 >>11

[21] 日界夜半とされました。 >>11

[25] に属さない年5日または6日の余日を、 Sans-culottides と呼びました。 これは「ズボン無し」の意味で、 貴族が労役者を呼んだ俗語でした。 1795年8月、 あまりに卑俗であるとして、 jours complémentaires (余日) に改称されました。 >>11

[28] 5つの余日は次の名称の祭日でした。 >>11

[26] 閏日革命日と呼びました。 >>11

時間

[29] 1は、10時間とされました。 >>11

[30] 時間の1100は minute décimale とされました。 >>11

[31] minute décimale の1100は seconde décimale とされました。 >>11

[32] この十進法の時計が試作され、 後にオルレアンパリ (カルナバレ) の博物館に保管されました。 >>11

[33] しかし実行不能であるとして破棄されました。 >>11

関連

[10] その後も改暦は試みられましたが、いずれも失敗に終わりました。 暦法改良案ソビエト連邦暦

メモ

[2] 星ナビ.com - 星職人「星のソムリエ、パリへ行く」 第3回「パリ工芸博物館」 () http://www.astroarts.co.jp/hoshinavi/magazine/shokunin/061/index-j.shtml

[3] フランス革命暦と10進化時間 () http://www2s.biglobe.ne.jp/~yoss/tuki/FrenchRevolutionaryCalendar.html

[5] 共和暦をめぐって () https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/25577/1/koten0003300240.pdf