エジプト暦

エジプト暦

[3] 太古、エジプトには古代文明が発生した。食料資源の確保のために農業をする必要があった。農業をスムーズに行うためには災害の予知が必要であった。 エジプト人たちは、明け方前に東の空に明るいシリウスが輝き始める時期からナイル川の氾濫が起こることを発見した。 その周期は 365 14 日であることが分かっていたという。これがエジプト暦、太古の太陽暦の起源となった。

暦法

[5] 紀元前20世紀頃から、 1年を365日とし、 30日ずつの12ヶ月と、 5日の余日 (Epagonomen) (餘日) に分けていました。 暦法及時法

[6] 紀元前239年、プトレマイオス三世の頃、 余日を4年に1回、更に1日追加するとの法令が制定されました。 暦法及時法

関連

[7] 元々のペルシャ暦はほぼ同じものでした。

[4] ユリウス暦に影響を与えました。

メモ

[1] 暦Wiki/古代エジプト暦 - 国立天文台暦計算室 ( 版) <http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/B8C5C2E5A5A8A5B8A5D7A5C8CEF1.html>

[2] 暦Wiki/古代エジプト暦/天体暦 - 国立天文台暦計算室 ( 版) <http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/B8C5C2E5A5A8A5B8A5D7A5C8CEF12FC5B7C2CECEF1.html>