暦法及時法

平山清次

[5] 平山清次は、 日本天文学者でした。 東京帝国大学教授を務め、 東京天文台にも勤務しました。

[13] 生まれ、 死去 >>1

[6] 樺太の日露国境画定に参加しました。

[12] 東京天文台ではの主任でした。

[7] 現在の旧暦の定義は、平山が明文化したものに基づいています。 旧暦

[8] 暦法改良案にも取り組んでおり、 山本一淸と激しく議論を交わしたこともありました >>2

[1] 平山清次 - Wikipedia ( 版) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%B1%B1%E6%B8%85%E6%AC%A1

[3] () http://www.asj.or.jp/geppou/archive_open/1917/pdf/191801.pdf

暦法及時法

[9] 暦法及時法は、 平山清次日時制度についてまとめた書籍でした。

[10] 章構成

[11] 日本日時制度研究史における重要な文献の1つとされています。

[18] テキスト化されたものが一部のみ現存します。