[1] (じゅん) は、10間の期間です。 広義の週とされることがあります。

支那

[2] 支那を中心とする東アジアでは10日の期間をと呼びました。

[92] は、 5日に1日を公休日としていました >>91 118ページ

[93] は、 旬休の制度を敷いていました >>91 118ページ

日本

[5] 江戸時代明治時代初期の日本には、 五十日一六日といった 5日単位の制度や慣習がありました。

[7] 昭和初期にもまだその名残で一六日に生花の師匠が回ってくる、 「七の日」が観音様の縁日である、 といった類のものがありました >>91 104ページ。 「東京の百貨店」の公休日は議論の末「八の日」 に決められました >>91 日本の休日

[4] 現代日本ではをおよそ10日毎に上旬中旬下旬としています。 は長さが異なり、31日が生じることもありますが、 は明確な期間の言及には用いず、境界が曖昧なため問題とされません。

[8] 五十払いの商慣習は現代日本でも尚存続しています。

[10] ○の付く日にを開催、 という慣習が続いているところもありますし、 ○の付く日はサービスデー、のようなイベントを開催する店舗もあります。

フランス

[3] フランス共和暦では30日固定のを3分して 10日の Décade を設け、に相当する概念としていました。 フランス共和暦

ソ連

[14] 5日のを導入しましたがうまくいかず、後に6日のと改められました。 ソビエト連邦暦

暦法改良案

[6] 19世紀・20世紀の暦法改良案の中にも、半旬を採用するものがありました。 暦法改良案

関連

[16] 7日前後の単位はと呼ばれることが多いです。一般化週参照。

旬年旬月

七十二候

メモ

[9] ギンツェルによれば、 5日や10日の単位の慣習はバビロニアジャワアフリカの一部でも行われていました。 >>91 104ページ

[11] 旬 (単位) - Wikipedia () https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%AC_(%E5%8D%98%E4%BD%8D)

[12] 旬 (単位) - Wikipedia () https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%AC_(%E5%8D%98%E4%BD%8D)

古代メソポタミアに登場したアッシリアには、5日間を単位とする「五曜」制度があった。

[13] 逐次刊行物 - Wikipedia () https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%90%E6%AC%A1%E5%88%8A%E8%A1%8C%E7%89%A9#%E6%97%AC%E5%88%8A

[15] Circular T の比較は5日ごと。