JIS X 4052

JIS X 4052

[2] JIS X 4052:2000 日本語文書の組版指定交換形式 は、 JIS X 4051 で規定される組版指定を HTMLCSS と似て非なる構文で記述するマーク付け言語でした。

呼称

[8] 言語としての呼称は明記されていませんが、敢えて言えば JIS の題名である 「日本語文書の組版指定交換形式」でしょう。

[9] HTML に類似した部分は根要素html ではなく jdml なので、 JDML と呼ぶべきものなのでしょう。

[10] CSS に類似した部分は MIME型らしきものが text/css ではなく text/jss なので、 JSS と呼ぶべきものなのでしょう。

マーク付け言語

[3] HTML および CSS と極めて似ている構文と語彙を採用しています。

[4] しかし HTMLCSS そのものではありません。かといって独自に完全に規定しているわけでもなく、 言語としての詳細は明確に記述されていません。 SGML応用とも明記されていません。

[6] 構文としては HTML および CSS と似たものと、 JIS X 0208 に含まれる記号を使った完全に独自なものが規定されています。

[5] 語彙としては HTML および CSS部分集合を独自に拡張した形になっています。 HTMLCSS語彙ASCII文字のみで記述されていますが、 JIS X 4052 の拡張では非ASCII文字も使われています (すべて非ASCII文字というわけでもなさそうです)。

[7] 処理方法は HTMLCSS に従ったものではなく、 JIS X 4051 に従うべきであるようです。

メモ

[1] 中里一日記: 2004年02月 Archives <http://kaoriha.org/nikki/archives/2004_02.html#000002>

いくつか問題点を。

  • HTML+CSSと類似関係にあるが派生関係にない
  • XMLではない
  • ダサい

ごもっとも。