HTML 2.x

HTML 2.x

[1] HTML 2.x は、 RFC 2070 (HTML i18n) で規定されていた HTML の通称でした。

[3] Draft の時は HTML 2.1 と呼ばれていたこともあったようです。

言語

[5] HTML 2.xHTML 2.0 を拡張した新しい文書型ではありましたが、 マーク付け言語全体を定めるものではなく、 国際化に関する機能追加の差分仕様書でした。

[6] ISO/IEC 8859-1文書文字集合だった HTML 2.0 に対し、 HTML 2.xISO/IEC 10646文書文字集合に採用していました。 Web における文字コードに関する参照処理モデルを初めて定めた HTMLの仕様書でした。

派生

[4] HTML 2.1 に更に embed 要素を追加した版が HTML 2.1E でした。

HTML3 と HTML4

[7] HTML 2.x は、 HTML3 の開発の破綻の中で、 いくつかの新機能が HTML2 の追加機能という形で RFC 化されたものでした。

[8] HTML 2.x と並行して開発されていた HTML 3.2 には HTML 2.x の追加機能は含まれていませんでした。 HTML 2.0HTML 2.xHTML 3.2 のいずれもが完全な最新の仕様書とは言えず、かといって古いものとも言えず、 他にもいくつか完成した仕様書や開発中の仕様書があり、 しかも現実の Webブラウザーの実装はそのいずれとも異なっている、 という混乱した時代でした。

[9] 仕様書としてこれらの機能が統一されるのは HTML4 でのことでした。

メモ

[2] ちなみに、 RFC になったのは HTML3.2REC になったのと同時期。また HTML 3.2 の subset でもない。 (HTML4 に対してはほぼ下位互換。) HTML の版番号は政治的その他の理由から時期及び内容と順序が一致していないので注意が必要。