時の月

月 (暦)

[2] (month) は、多くのに存在する、との間にある単位です。 およそ30日程度のの連続を表します。

仕様書

暦月

[74] 暦月 (calendar month) は、 暦年を12のtime intervalに分割してそれぞれに名前を与え、特定の数の暦日を与えた時に得られるtime intervalです >>72 2.2.11

[71] 特定の暦月において対応するtime intervalの開始及び/又は終了に依存して決まる28、29、30、31のいずれかの暦日時間です >>72 2.2.12

[75] 暦月は単にとも呼ばれます >>72 2.2.11。 しかし、単にというだけでは、その意味は曖昧です。 翌月の同日までの期間のこと (>>73) だったり、約30日の期間だったりもします。

[73] 暦月の特定の暦日の特定の日の時刻に始まり、 次の暦月の同じ暦日の同じ日の時刻に終わる時間のこともといいます。 ただし次の暦月に同じ暦日が無い時は、いつ終わるかを合意する必要があります。 >>72 2.2.12

月の番号と名前

[77] 月名

構文

[12] の構文

ISO 8601 における月

[78] 日時書式表現では、 Mを構成する数字を表します >>72 3.4.2

[79] 暦月は、2桁の数字で表します >>72 3.4.2

暦と月

[70] に含まれる日の数は、によって異なります。グレゴリオ暦では、に依存します。

[3] 考え方によっては、 同じ「」と呼んでいても、ごとに異なる概念ともいえます。 例えばグレゴリオ暦で28-31からなる1年に12個のと、 旧暦で29-30からなる1年に12個ないし13個のは、 その期間の決め方もの数も違えば、時期も異なります (旧暦の方が1-2ヶ月程度遅れています)。

[4] しかし天体の運行におおよそ対応した約30日の期間でを約12個に分割するという考え方は多くの暦法で共通していますし、 改暦があっても元のの名前を新しいに対応付ける形で、 の違いを超えてある程度のの対応関係が存在しています。

[5] 例えば、ユリウス暦Marchグレゴリオ暦March または3月旧暦三月または弥生は、 「同じ月」と言って良いのかどうか自明ではありませんが、 同じ名前で呼ばれているという点から「同じ月」だと考えてもおかしくはありません。

[8] 太陰暦 (太陰太陽暦を含む。) では暦月との関係で定められます。 暦月から始める暦法と、満月から始める暦法があります。

関連

[10] に関するもの
[1] 昔の教科書 ( 版) http://www2.nsknet.or.jp/~mshr/kyokasyo/fujisawa1.htm

或る格段なる月を指さずして単に月というときは30日の意にして,例えば3カ月とは90日のことなり。

メモ

[7] 日本の改暦があった新聞に掲載された記事は、 太陽暦はその名に反しての満ち欠けと何の関係もなく、 第1日から第365日のように数えるべきだ >>6 と述べていました。

[9] 二十四節気 - Wikipedia ( ()) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%9B%9B%E7%AF%80%E6%B0%97

[11] Time Ontology in OWL () https://w3c.github.io/sdw/time/#time:generalMonth