ナウルの標準時

ナウルの標準時

[193] ナウルでは、 +12:00標準時として用いられています。

[4] 日本中央標準時 +09:00 と3時間の時差があり、 ナウルが進んでいます。

名称

[8] ナウル政府の Webサイトには、 Nauru time >>7 (ナウル時間) と呼んだ例があります。 ナウル法律には「local Nauru time」という表現も見られます >>6

[5] ナウルの現在の事実上の標準時 +12:00 は、 夏時刻に相当するもので、法令上は Nauru Alternate Time (ナウル代替時) と呼ばれています。 他に法令上は Nauru Standard Time (ナウル標準時) +11:00 がありますが、使われていません。 各国標準時の一覧などではナウル標準時+12:00 とされることがありますが、少なくても法令上は、誤りです。


[151] tzdataPacific/Nauru を定義しています >>150

変遷

[10] ナウルの標準時の変遷の概略
t
時期
n
ナウル
n
地方時
t
n
+11:00
t
n
+09:00
t
n
+11:30
t
n
+12:00
t
現所属国
n
ナウル
t
tzdata
n
Nauru

独国時代

[152] tzdataPacific/Nauru は、元の地方時+11:07:40 としています >>150

[157] ナウル独領となりました。 独領マーシャル諸島に編入されました。

[170] 前後に独領太平洋諸島各地について +10:00標準時とすることが提案されていました。 マーシャル諸島ナウルには言及がなく、 状況は不明です。 南洋群島の標準時パプアニューギニアの標準時

英国時代

[158] 第一次世界大戦豪軍ナウルに進攻しました (豪軍は同じく独領太平洋諸島ニューギニアおよび付属諸島にも進攻しています)。 英領ナウル英領西太平洋諸島の管轄下となりました。

[224] 米国政府時差の表は、 Nauru標準時採用としていました >>533

[526] Time ChangesNAURU は、 から標準時 +11:30 としていました >>1256ShanksNAURU は、 から +11:30 としています (それ以前は LMT) >>244tzdataPacific/Nauru は、 を境に +11:30 としています >>150+11:30 とする根拠は不明です。

[26] 英領ナウル英領西太平洋諸島の管轄を離れました。

[543] 米軍時間帯図では、 Nauru+11:00 で塗られていました >>544

[532] 米国政府時差の表では、 +11:00 とされていました >>545, >>533

[165] -日本政府時差の表では、 +11:00 とされていました >>164

[528] 日本政府時間帯図では、 +11:30 とされていました >>527

日本時代

[159] 日本軍ナウルに進攻しました。 隣接する英領オーシャン島 (現キリバス領) と共に海軍軍政下におかれました。

[160] 大東亜戦争時の他の南方占領地同様、ナウルでも中央標準時 +09:00 が用いられていたといわれています。その正確な時期は不明です。 日本軍部隊のみならず軍政下の現地民も使っていたのかどうか (標準時の改正が実際にあったのかどうか) 自体も不明です。 大東亜の標準時

[243] ShanksNAURU は、 から +09:00 としています >>244tzdataPacific/Nauru は、 を境に +09:00 としていました >>150, >>27

[28] tzdataPacific/Nauru は、その後の改訂で が境に変更されました。 戦況からの推測です。 >>27

[155] ShanksNAURU は、 から +11:30 としています >>244tzdataPacific/Nauru は、 を境に +11:30 としていました >>150, >>27。 根拠は不明です。

[29] tzdataPacific/Nauru は、その後の改訂で が境に変更されました。 戦況からの推測です。 >>27

[163] 豪軍ナウルに進攻しました。

独立時代

[161] 豪国 (および英国新西蘭) の信託統治領となりました。

[12] のものとされている時間帯図では、 Nauru+11:30 で塗られていました >>11

[523] 米国政府時差の表では、 Nauru Island+11:30 とされていました >>522

[23] 英国の書籍では、 ナウル+11:30 とされていました >>802

[14] 時差の表では、 Nauru+11:30 とされていました >>13


[162] ナウル自治政府が成立しました。 ナウル英国から独立しました。

[34] 航空機時刻表には、 NAURU+12:00 と記載されていました >>33

[172] 施行の法律第12号 Interpretation Act 1971 は、 172.5E = +11:30標準時と定めています >>173, >>547

[192] その先代の Interpretation Ordinance 1956-1967 にも標準時の規定があったのかは不明です。

[174] 法律第13号 Nauru Standard Time Act 1978 は、次のように定めました >>118

[184] この時点では法の標準時の規定は削除はされず、 潜在的に存続しました。

[187] 、 1979年法に基づく官報告示第28号 NAURU STANDARD TIME ACT 1978 TIME CHANGE により、 時刻を30分進めてナウル代替時 +12:00 に移行しました >>186

[30] tzdataPacific/Nauru は、 を境に +12:00 としています >>27

[24] ナウル代替時 +12:00 は、通年夏時刻に相当するものです。

[156] ShanksNAURU は、 から +12:00 としていました >>244tzdataPacific/Nauru は、 の改訂まで を境に +12:00 としていました >>150, >>27。 これらの根拠は不明であり、法令と矛盾することから誤りと思われます。


[183] 発効の Interpretation (Consequential Amendments) Act 2011 は、 1978年法の Interpretation Act 1971 に関する規定 (>>182) を削除しています >>171。 これは、 Interpretation Act改正 (施行) >>548 により標準時の規定が削除されたことに伴う措置です。

[185] これによって形式的にも法の標準時規定は失効しました。

[190] 法に基づくナウル標準時 +11:00 が実施されたことがあるのかどうかは不明です。

[173] Interpretation Act 1971 () http://www.paclii.org/nr/legis/num_act/ia1971191/

51. The mean time of the meridian of longitude one hundred and seventy two and one half degrees east of Greenwich in English shall be deemed and is hereby declared to be standard time in Nauru and, whenever an expression of time occurs in any written law and whenever the doing or not doing anything at a certain time of day or night, or during a certain part of the day or night, has effect in such written law, such time shall , unless it is otherwise specifically stated, be held to be standard time in Nauru as declared by this section.

[118] Nauru Standard Time Act 1978 () http://www.paclii.org/nr/legis/num_act/nsta1978207/

REPUBLIC OF NAURU

NAURU STANDARD TIME ACT 1978

(NO. 13 OF 1978)

AN ACT

To provide for time in Nauru to be eleven or twelve hours in advance of Greenwish Mean Time and connected matters.

(Certified: 21st December, 1978)

I HEREBY CERTIFY that the attached document is a fair print of an Act entitled the Nauru Standard Time Act 1978 that has been made by Parliament and is now presented to the Speaker for his Certificate under Article 47 of the Constitution.

Clerk of Parliament 21st December, 1978

Pursuant to Article 47 of the Constitution, I DAVID PETER GADARAOA, Speaker of Parliament HEREBY CERTIFY that the Nauru Standard Time Act 1978 a copy of which is attached has been passed by Parliament.

Speaker 21st December, 1978

REPUBLIC OF NAURU

NAURU STANDARD TIME ACT 1978

ARRANGEMENT OF SECTIONS

Section

  1. Short title
  2. Interpretation
  3. Time change
  4. Publicity
  5. Modification of Interpretation Act 1971

REPUBLIC OF NAURU

NAURU STANDARD TIME ACT 1978

(No. 13 of 1978)

AN ACT

To provide for time in Nauru to be eleven or twelve hours in advance of Greenwich Mean Time and connected matters.

(Certified: 21st December, 1978)

Enacted by the Parliament Nauru as follows:–

SHORT TITLE

1. This Act may be cited as the Nauru Standard Time Act 1978.

INTERPRETATION

2. In this Act –

"Greenwich Mean Time" means the mean time of the meridian of Greenwich in England;

"The meridian of Greenwich" means the meridian of Greenwich by relation to the markers or posts marking or indicating zero degrees of longitude placed or erected at Greenwich in England by the Royal Observatory, England;

"Nauru Alternate Time" means twelve hours in advance of Greenwich Mean Time;

"Nauru Standard Time" means eleven hours in advance of Greenwich Mean Time;

"Present Time" means eleven and one half hours in advance of Greenwich Mean Time.

TIME CHANGE

3. (1) Cabinet may by notice in the Gazette prescribe that as from a date and time not earlier than twenty-one days from the date of publication of the issue of the Gazette in which such notice appears time in Nauru shall be Nauru Alternate Time or Nauru Standard Time.

(2) A notice under subsection (1) shall be so drawn as to take effect at two of the clock ante meridiem on a Saturday as measured by the time, be it Present Time, Nauru Alternate Time or Nauru Standard Time, in force on the date on which the issue of the Gazette in which the notice appears, is published.

PUBLICITY

4. (1) The Cabinet shall require Radio Nauru to notify on each of the seven days preceding the Saturday on which a notice under section 3(1) takes effect and in such manner as the Cabinet may require, the fact that time in Nauru will change on the next following Saturday at two of the clock ante meridiem.

(2) Radio Nauru shall comply with a request by Cabinet under subsection (1) and shall broadcast notification not less than twice a day in the English and Nauruan languages and in such other language as the Cabinet may require.

MODIFICATION OF INTERPRETATION ACT 1971

5. (1) Section 51 of the Interpretation Act 1971 shall not have effect so long as Nauru Alternate Time or Nauru Standard Time is in force pursuant to this Act.

(2) For so long as Nauru Alternate Time or Nauru Standard Time is in force subsection (3) shall have effect in place of section 51 of the Interpretation Act.

(3) For all purposes whatever time and periods of time are measured or fixed by relation to the time in force under the provisions of this Act.

[186] REPUBLIC OF NAURU Government Gazette No.4 (17th January, 1979 ) http://ronlaw.gov.nr/nauru_lpms/files/gazettes/4b23a17d2030150404db7a5fa5872f52.pdf#page=3

G.N. No. 28/1979

NAURU STANDARD TIME ACT 1978

TIME CHANGE

IN EXERCISE of its powers under Section 3(1) of the Nauru Standard Time Act 1978, the Cabinet HEREBY prescribes that with effect from 2 o'clock ante meridiem on Saturday the 10th day of February 1979 Nauru Alternate Time shall be in force.

DATED this 17 day of January, 1979.

Q.V.L. WESTON,

ACTING SECRETARY TO THE CABINET

NOTES

1. These notes do not form a formal part of the above Gazette Notice and are inserted for explanation only.

2. The effect of the above Gazette Notice is that the time in force in Nauru will be altered at 2 a.m. on Saturday, 10th February 1979 to 12 hours in advance of Greenwich Mean Time instead of the present 1112 hours in advance of Greenwich Mean Time.

3. At 2 a.m. on Saturday 10th February 1979 all clocks in Nauru will need to be put forward by half an hour. For private persons there is no need to wait up until 2 o'clock to do this as the simple way for them to make the change is to put their watches and clocks forward by half an hour just before they go to bed.

[123] Interpretation (Consequential Amendments) Bill 2011 () http://www.paclii.org/cgi-bin/sinodisp/nr/legis/bill_em/iab2011441/iab2011441.html

Part 17 – Nauru Standard Time Act 1978

The repealed Act contained a provision setting standard time in Nauru. However, the Nauru Standard Time Act 1978 later provided for an alternative method of setting standard time in Nauru, which has been used with the effect that the provision in the repealed Act provided for a different standard time to that actually in effect. The Nauru Standard Time Act 1978 provided for the modification of the repealed Act to accommodate this. The provision for standard time has not been included in the new Act, so time is now dealt with only in the Nauru Standard Time Act 1978. As a result, the provision modifying the repealed Act has been removed entirely.

夏時刻

[25] ナウル太陽
  • ナウル 地方時 +11:00
    • tz=+11:00 lat=-0.5279799 lon=166.9001334 day=2000-03-20 offsetbefore=01:00

      春分
    • tz=+11:00 lat=-0.5279799 lon=166.9001334 day=2000-06-21 offsetbefore=01:00

      夏至
    • tz=+11:00 lat=-0.5279799 lon=166.9001334 day=2000-09-23 offsetbefore=01:00

      秋分
    • tz=+11:00 lat=-0.5279799 lon=166.9001334 day=2000-12-21 offsetbefore=01:00

      冬至
  • ナウル標準時 +11:30
    • tz=+11:30 lat=-0.5279799 lon=166.9001334 day=2000-03-20 offsetbefore=00:30 offsetafter=00:30

      春分
    • tz=+11:30 lat=-0.5279799 lon=166.9001334 day=2000-06-21 offsetbefore=00:30 offsetafter=00:30

      夏至
    • tz=+11:30 lat=-0.5279799 lon=166.9001334 day=2000-09-23 offsetbefore=00:30 offsetafter=00:30

      秋分
    • tz=+11:30 lat=-0.5279799 lon=166.9001334 day=2000-12-21 offsetbefore=00:30 offsetafter=00:30

      冬至
  • ナウル 標準時 +12:00
    • tz=+12:00 lat=-0.5279799 lon=166.9001334 day=2000-03-20 offsetafter=01:00

      春分
    • tz=+12:00 lat=-0.5279799 lon=166.9001334 day=2000-06-21 offsetafter=01:00

      夏至
    • tz=+12:00 lat=-0.5279799 lon=166.9001334 day=2000-09-23 offsetafter=01:00

      秋分
    • tz=+12:00 lat=-0.5279799 lon=166.9001334 day=2000-12-21 offsetafter=01:00

      冬至

[15] ナウル経度+11:07 ですから、ナウル時間 +12:00通年夏時刻に当たるものです。

[16] 法令上は +12:00ナウル代替時+11:00ナウル標準時政府が両者の切り替えを指示できることになっていますが、 事実上ナウル代替時に固定されており、ナウル標準時が用いられた例は確認されていません。

[17] ナウル代替時採用以前のナウル時間+11:30 で、 わずかながらやはり通年夏時刻に相当するものでした。 ナウルでこうした時刻を用いることになった経緯は不明です。

[18] ナウルは絶海の孤島1つで構成されています。 周囲のと交流がないというわけでもありませんが、 敢えて時刻を合わせるというほどの事情は見当たりません。

[20] ナウルの東側のキリバスや、 ナウルの北側のマーシャル諸島は、 ナウルと同じく +12:00 を採用しています。 しかしそれがナウル時刻の選択に影響したとの情報は見当たりません。 (なおマーシャル諸島にとっても +12:00通年夏時刻に当たります。) 南洋群島の標準時

[19] キリバスの最も西側に位置するオーシャン島は、 ナウルの東に隣接しています。 古い時差の表時間帯図によれば、 ナウルオーシャン島も当初は +11:00 とされていました。 しかし時代が下ると西側にあるナウルだけ +11:30 とより進んだ時刻とされていました。 どちらも英領で似たような産業構造だったとはいえ、 両者は行政上別個に扱われており (オーシャン島英国ナウル豪州、同一の行政区となったのは日本統治時代だけ)、 時刻の関係性は見られません。 キリバスの標準時

[21] マーシャル諸島とは独領時代に同一の行政区だったようですが、 日本領南洋群島英領ナウルに分断されて以降異なるとなっています。

[22] 独領ニューギニア英領ニューギニア (現パプアニューギニア) は +10:00標準時としており、時刻は一貫して異なっています。 パプアニューギニアの標準時

関連

[3] 南洋群島の標準時パプアニューギニアの標準時ニュージーランドの標準時オーストラリアの標準時キリバスの標準時

メモ