tag

tag: URL scheme

[6] tag: は、任意の文字列を識別子として使うことができる URL scheme です。

[7] 00年代中頃、 Semantic WebAtom などの世界で流行しましたが、 その後それらの衰退と共に使われなくなりました。

[8] tag: URL廃止されたわけではなく、 現在でも必要があれば使うことができます。しかし互換性などの制約が無い限り、 ほとんど有用性は無いと思われます。

仕様書

プロトコル

[9] tag: URL は特定のプロトコルと関連付けられたものではなく、 URL解決するなどの操作も規定されていません。

メモ

[1] Tag URI <http://www.taguri.org/> (名無しさん)

[2] Webweavers - weavin' - Tag URI vs FOAF IFP <http://webweaver.g.hatena.ne.jp/kotastyle/20050106/p2>

[3] 【RDF】セマンティックウェブ【メタ情報】 <http://pc5.2ch.net/test/read.cgi/hp/1057681807/422->

[4] Tag URI ( 版) <http://www.taguri.org/>

The tag algorithm lets people mint — create — identifiers that no one else using the same algorithm could ever mint. It is simple enough to do in your head, and the resulting identifiers can be easy to read, write, and remember.

[5] The tag: URI scheme ( 版) <http://www.taguri.org/draft-2001-03-02.pdf>

[10] ( 版) <http://feeds.soundcloud.com/users/soundcloud:users:62921190/sounds.rss>

<guid isPermaLink="false">tag:soundcloud,2010:tracks/262680218</guid>