SPACE

U+0020 SPACE (SP)

仕様書

定義

[15] ASCII間隔 (ASCII space) は、 U+0020 です >>14

代替記号

[17]

名前

[19] 空白参照。

レンダリング

[18] 文字のレンダリングも参照。

歴史

[6]

名前
SPACE
略号
SP
日本語通用名称
スペース JIS X 0202:1998, JIS X 0201:1997 4.3
符号化表現
02/00

[7]

6.2.3 SPACE (スペース) 文字

名前 : SPACE (スペース) 略号 : SP 符号化表現 : 02/00

SPACE は、図形文字とする。これは、 図形記号のない可視表現をもつ。これは、 現在位置を、1文字分進める。 JIS X 0202:1998

[10]

5.3 文字 SPACE (スペース) 文字 SPACE (スペース) は、略号SP とし、ビット組合せ 2/0表現する。

SPACE は、 図形記号をもたない図形文字とする。 JIS X 0201:1997 5.3

[9] ISO/IEC 2022 環境下では SPACE固定符号化文字で、 常にビット組合せ 02/00表現されます。 但しは必ずしもではなく、 96図形文字集合G1G2G3指示され、それが GL呼出されたり SS2SS3 が使われたりするとビット組合せ 02/00SPACE 以外の文字 (の一部又は全部) を表現することがあります。 あるいはエスケープ・シーケンスなどの一部を構成することもあります。

[8]

規格名前略号日本語通用名称種類備考
ISO/IEC2022:1994SPACESP図図
JISX0211-1994SPACEスペース
JISX0201:1997SPACESPスペース図図
JISX0208:1997SPACESPスペース図図
JISX0202:1998SPACESPスペース図図
JISX0213:2000SPACESPスペース図図
JISX0221-1:2001SPACEスペース

※図図 = 図形記号をもたない図形文字

[11]SGML具象構文割当てられ、間隔を表現する機能文字。 Space。 (JISX4151‐1992 定義 (39))

[12] Test of em, en, thin, and hair spaces ( 版) <http://joeclark.org/standards/spacetest.html>

[13] 日本語組版処理の要件(日本語版) ( (Japanese Layout Task Force 著, 版)) <http://www.w3.org/TR/jlreq/ja/#term.space>

[16] JIS X 6002-1980 は、SP制御文字に分類しています。