固定符号化文字

固定符号化文字

[1] ISO/IEC 2022 において、唯三つ固定されている符号化文字です。但し、 そうはいっても、これらの符号位置 (ビット組合せ) が必ずしもこれらの文字を表現するとは限りません。 96/96n 集合が GL指示呼び出しされている時には、 02/00 及び 07/15図形文字を表現するビット組み合わせ (ぼ一部) になります。 (01/11 だけは常に制御文字 ESCAPE を表します。)

[2] >>1 ESC 2/1 7/14 (空 C0 集合) が指示・呼出されている時も ESC ってつかえるんですかね? (使えないと困るが。)

[6] >>2 ISO/IEC 2022 によると、 CL になにも指示・呼出しされていない状態でも ESC は使えるそうです。それが空集合が呼出された状態と同じ状態であるのなら、 答えは使えるになりますね。

[3] 逆に、これらの文字がほかの符号位置に割当てられていることはないのかというと、ほとんどありません。

[4] >>3 どういう時にその前提が崩れるのかというと、イランの何とかとか言う符号化文字集合は不思議なことに、8ビット符号では C0 や SPACE とかも右側に呼び出されるんです。変でしょ?

[5] >>4 のような使い方が ISO/IEC 2022 に適合するのかは謎ですが、ともかくその符号化文字集合が ISO/IEC 2022 的構造をもっているのだけは事実。

[7] >>2-3 JIS X 0202:1998 14.1 で空集合が規定されていますが、 その規定によれば空集合が指定されている時は対応するビット組合せを使ってはなりません。 そして何も指示呼出しされていない状態空集合指示されている状態は (特に明記されていない以上) 別の状態と考えるのが自然ですから、 空集合ESCAPE は使えないと考えてよいでしょう。 (名無しさん [sage])