SemanticWeb

Semantic Web

[16] Semantic Web は、 Web の次世代として W3C が提唱、開発していた一連の仕様群でした。90年代末期から00年代にかけて期待されましたが、 懐疑論も少なくありませんでした。

[22] 10年代に入ると話題にものぼらなくなりました。

技術

[31] RDF を基盤として、色々な技術が開発されました。

[29] Semantic Web に関わる技術

[30] 他に、 RDF の要件が XML名前空間の設計に大きな影響を与えたことが知られています。 (XML名前空間を複雑化させた要因であると批判もされています。)

[32] また、 Dublin CoreFOAF を始めとする様々な RDFの語彙が開発されています。

関連

[17] 10年代になって W3CSemantic Web のかわりに Linked Data というようになりました。実際どれだけ違うものなのかは謎です。

[18] 00年代中頃には、 W3C政治的に正しい Semantic Web に対して、より現実的に実現可能で著者や利用者に直接的に有益なアプローチを探る microformats のような手法は小文字のsemantic webなどと呼ばれることがありました。

[20] Semantic Web を聞かなくなった現在では、そうした喩えも必要なくなったようで、 聞かなくなりました。

[34] Semantic WebWeb 3.0 だと言っている人もいました。

メモ

[5] セマンティックウェブについて語るスレ <http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/tech/1039316509/> (名無しさん [sage])

[6] 【RDF】セマンティックウェブ【メタ情報】 <http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/hp/1057681807/> (名無しさん [sage])

[7] メタ情報とセマンティック・ウェブ <http://www.kanzaki.com/docs/sw/>

[8] The 7 (f)laws of the Semantic Web - O'Reilly XML Blog <http://www.oreillynet.com/xml/blog/2006/06/the_7_flaws_of_the_semantic_we.html?CMP=OTC-TY3388567169&ATT=The+7+f+laws+of+the+Semantic+Web> (名無しさん 2006-06-10 13:53:39 +00:00)

[9] スラッシュドット ジャパン | セマンティックウェブに対するGoogleの疑問 <http://slashdot.jp/article.pl?sid=06/07/20/1845249&from=rss> (名無しさん 2006-07-22 03:52:43 +00:00)

[10] 指向性メモ::2006-08-18::XMLの屍を超えていく——セマンテックウェブの挑戦 <http://ishikawa.arielworks.com/memo/2006/08/18/113530>

Semantic Web だってどうせ屍と同じじゃん? というのが正直な感想ですが・・・。 (名無しさん 2006-08-18 10:25:23 +00:00)

[11] 【SemanticWeb】セマンティックウェブ総合スレ <http://science4.2ch.net/test/read.cgi/informatics/1156165492/> (名無しさん 2006-08-27 09:04:56 +00:00)

[12] 最近 Semantic Web って聞かなくなりましたね。 Linked Data というのが新しいバズワードのようです。 バズワードといっても W3C 付近でしか通用しませんがwww

[13] W3C Semantic Web Activity Homepage ( ( 版)) <http://www.w3.org/2001/sw/>

[14] JSON-LD and Why I Hate the Semantic Web | The Beautiful, Tormented Machine ( 版) <http://manu.sporny.org/2014/json-ld-origins-2/>

Many W3C specifications are so cryptic that they require the sacrifice of your sanity and a secret W3C decoder ring to read. I never understood why these documents were so difficult to read, and after years of study on the matter, I think I found the answer. It turns out that most specification editors are just crap at writing.

[15] Ditching the Semantic Web? ( ( 版)) <http://inamidst.com/whits/2008/ditching>

[19] W3C Semantic Web Activity Homepage ( 版) <http://www.w3.org/2001/sw/>

Warning: this Activity has been subsumed, in December 2013, by the W3C Data Activity. That activity has a larger scope; new or current Working and Interest Groups related to “traditional” Semantic Web technologies are now part of that Activity.

[21] 新たに追加された画期的な要素とは? ( 版) <http://www.spr-web.com/category2/entry5.html>

外せないのは「ブロック・セマンティック要素」ですがこの文字の並びを見ただけではどうしてもピント来ない、という方がほとんどでしょう。

「セマンティックウェブ」という概念をHTMLの生みの親であるティム・バーナーズ=リーは提唱しているのですが、まずはこの「セマンティックウェブ」についてですね。

 

簡単にいえば「ホームページのコンテンツに意味を与える、意味を持たせる」というような意味になるのですが、具体的な例を見て行きましょう。

 

たとえば「東京の名所は?」と検索をかければ「東京」や「名所」というキーワードが検索対象に含まれていない場合はヒットしないということになりますよね。

東京タワーやスカイツリーといった多くの方が知る東京の名所として知られる多くのスポットのコンテンツも、キーワードが入っていないページだと意味が無いのです。

 

これが今までのウェブなのですが、セマンティックウェブでは東京タワーやスカイツリーなどのスポットが「東京の名所」という「意味を持つ集団」に含まれる、という意味を持たせているのです。

 

上の言い方ですと少しややこしく感じてしまうかもしれませんが、つまりは「東京の名所は?」という検索にもこれらのコンテンツがヒットしてくれるということになりますね。

つまりブロック・セマンティック要素というのはこのセマンティックウェブの要素が盛り込まれたものであり、それがHTML5には新たに追加されているということです。

 

このような考え方によって、対象となるホームページの内容がそれぞれ持つ「意味」というものを外部の検索エンジンにも働きかけてくれる、というのが「ブロック・セマンティック要素」というものなのです。

キーワード検索が捗る画期的な要素ですよね。

[23] Re: Keeping the Faith (Dan Brickley著, ) <https://lists.w3.org/Archives/Public/semantic-web/2017Apr/0071.html>

[24] Notes on Linked Data, terminology and marketing (Dan Brickley著, ) <https://lists.w3.org/Archives/Public/www-archive/2012Oct/0119.html>

[25] Re: Was RDF started in 1989? Then why was it lost? (Dan Brickley著, ) <https://lists.w3.org/Archives/Public/www-rdf-logic/2003Apr/0080.html>

[26] semantic-web@w3.org Mail Archives () <https://lists.w3.org/Archives/Public/semantic-web/>

[27] Re: Requesting Semantic Web IG review of Microdata (Dan Brickley著, ) <https://lists.w3.org/Archives/Public/semantic-web/2017Jun/0056.html>

[28] しかし Semantic Web 関係のメーリングリストの学会開催案内しか投稿されない状態ひどいなwwwwww

[33] What Happened to the Semantic Web? (Sean B. Palmer著, ) <https://lists.w3.org/Archives/Public/public-lod/2017Oct/0003.html>