Dublin Core

Dublin Core

[7] Dublin Core は、メタデータの共通語彙として開発されたものでした。 DCMI により開発、維持されていました。

[11] 00年代にしばしばマーク付け言語等の文書中にメタデータとして記述されることがありました。

マーク付け言語

[10] Dublin Core は、次のマーク付け言語で使われたことがありました。

歴史

[1] Dublin Core(ダブリン・コア): 書誌情報メタデータの共通語彙 <http://www.kanzaki.com/docs/sw/dublin-core.html>

[2] ちょっとしたメモ - Dublin CoreのRDFモデル新仕様案 (Masahide Kanzaki 著, 2007-02-07 00:36:20 +09:00 版) <http://www.kanzaki.com/memo/2006/06/04-1> (名無しさん)

[3] ちょっとしたメモ - Dublin Coreの新仕様案に対するパブリック・コメント (Masahide Kanzaki 著, 2007-02-07 00:36:20 +09:00 版) <http://www.kanzaki.com/memo/2006/07/08-1> (名無しさん)

[4] ちょっとしたメモ - Dublin Core定義域、値域の案 (Masahide Kanzaki 著, 2007-02-07 00:36:20 +09:00 版) <http://www.kanzaki.com/memo/2007/02/07-1> (名無しさん)

[5] ちょっとしたメモ - Dublin Coreの改訂定義 (Masahide Kanzaki 著, 版) <http://www.kanzaki.com/memo/2008/01/15-1>

[6] OASIS Open Document Format for Office Applications (OpenDocument) Version 1.2 - Part 1: OpenDocument Schema ( ( 版)) <http://docs.oasis-open.org/office/v1.2/os/OpenDocument-v1.2-os-part1.html#refTable3>

[8] OASIS Open Document Format for Office Applications (OpenDocument) Version 1.2 - Part 1: OpenDocument Schema ( 版) <http://docs.oasis-open.org/office/v1.2/os/OpenDocument-v1.2-os-part1.html#a4_3Non-RDF_Metadata>

[9] FAQ/DC and DCTERMS Namespaces - DCMI_MediaWiki ( 版) <http://wiki.dublincore.org/index.php/FAQ/DC_and_DCTERMS_Namespaces>

[12] ODRL Information Model 2.2 () <https://w3c.github.io/poe/model/#metadata>