人間可読

人間可読

[1] プロトコル要素等には主として人間可読なものとそうでないものがあります。

[2] その人間可読な度合いや言語等に関わる操作の適用可能性の程度にも色々なレベルがあり、 各種仕様でいろいろな概念が定義されています。

[3] 機械可読とは対義語ではありません。