multipart/alternative

MIME型 multipart/alternative

[2] MIMEmultipart/alternative 媒体型は、 同じ情報の複数の代替となる表現を1つにまとめるために使うことができる書式です。

[3] 例えば、電子メイル宛先が正しくないことを伝える DSNメッセージで、人間向けの説明文の日本語版と英語版を同時に含めることができます。 あるいはアニメーション画像を提供する時に、 MNG 版と GIF 版を提供し、受け取った側で使える方を使ってもらうということができます。

[4] 本質的には同じものを表す複数の表現を提供する技術としては HTTP内容折衝が有名ですが、 HTTP は提供側 () と利用側 (利用者エージェント) が直接通信するので、 利用者エージェントが用意した情報を使って側で折衝 (表現の選択) を行います。それに対して送信者受信者が時間的・空間的に離れている電子メイルでは、 送信者が用意した選択肢を multipart/alternative 形式に詰め込み、 受信者がその中から好きなものを選ぶという方法を採っています。

仕様書

意味

[11]本体部分が同じ情報の異なる版であることを表します >>5

[20] 本体部分の順序は、元の内容を忠実に表していないものから順に、 最後を最も好ましいものとしなければなりません。 >>5

[23]MIME 利用者エージェントで表示する時はこの順序が好ましかろう >>5 という配慮のようです。

構文

[6] multipart/alternative の構文は、 他の multipart/* 媒体型と共通です >>5本体の部分に複数の本体部分boundary 引数で区切って並べます。

[8] 含まれる各本体部分の順序は、 後の方程オリジナルに近いものにします。例えば元々の PDF 版、それから作成した HTML 版、平文 (プレイン・テキスト) 版と 3つあれば、平文HTMLPDF の順で並べます。

このような順序にするのは、 MIME に対応していない利用者エージェントで見た時に (つまり平文として見た時に) できるだけごみ利用者に見えないようにと配慮されたことによります。

引数

[7]

引数名引数値既定値説明状態出典
boundary(必須)境界文字列IETF 原案標準MIME
differences違う点廃止 (IETF 提案標準)RFC 1766

"difference" パラメーター

RFC 1766 が定義していました。 multipart/alternative で選択肢になっている各部分の差異について指定します。

RFC 1766 では値として、 one or more 個の "Content-Type" / "Content-Language" / iana-token が指定できるとされています。値は RFC として出版されている頭領域名でなければなりません。 従って、値の大文字・小文字は区別しないのでしょう(明記されては いません)。

「more」個の値を指定する例が示されていないので、どうするのか わかりませんが、読点 (comma) 区切りと解するのが適当でしょうか。

RFC 1766 を廃止する RFC 3282 では、 differences パラメーターは実際には使われなかったとして、 differences パラメーターも廃止しています。

値は IANA に登録することになってますが、それっぽい登録簿は 無いみたいです。

処理

[19] 実装は、各本体部分の内容が交換可能なものと認識するべきです。 環境に応じて、場合によっては利用者の指示により、 「最適」なものを選ぶべきです。 >>5

[21] 一般に受信者の環境が対応する最後の本体部分が最善の選択です >>5

[22] 選択肢のいずれかが multipart/* の場合で、 認識でいない本体部分が含まれている場合は、 それを表示することにしても構いませんし、より前の本体部分を表示しても構いませんし、 両方でも構いません。 >>5

[24] 利用者に選択肢を提示しても構いません >>5

[25] いずれにせよ、利用者に同じデータの複数の版を同時に提示しないことが重要です >>5

用法

[28] HTMLメールでは、 text/plaintext/html本体部分が含まれるのが基本です。

[29] HTMLメールHTML 版に画像が埋め込まれている場合、 text/plainmultipart/related で、 multipart/related 内に text/html画像が含まれることがあります。

[30] HTMLメール添付ファイルが含まれる場合、 multipart/mixedmultipart/alternative添付ファイル本体部分として含まれるのが一般的です。

HTMLメール参照。
[31] multipart/alternative を使わない text/html だけのHTMLメールもあります。

[33] multipart/alternative は、 送信者がどの部分も同等同義の内容を含めていることを前提としていますが、 受信者がそれを確認するのは困難です。 (少なくても HTMLメールでは) この点送信者を信用できず、送信者は HTML 部分は丁寧に作成しても、 平文は気にも留めず機械生成した値や情報を削った内容しか含まれていなかったり、 改訂時に忘れられて古い版のままだったり、蔑ろにされているのが現実です (HTMLメール参照)。本来の想定である 「受信者の装置や利用者エージェントの能力に合わせた形式の選択」 という実装戦略はここでは成立しません。

歴史

[10] RFC 2046 (MIME 3rd) 5.1.4. Alternative Subtype

The "multipart/alternative" type is syntactically identical to "multipart/mixed", but the semantics are different. In particular, each of the body parts is an "alternative" version of the same information.

multipart/alternative 型は構文的には multipart/mixed と同じですが、 意味的には異なります。特に、 各本体部分は同じ情報の代替版とします。

Systems should recognize that the content of the various parts are interchangeable. Systems should choose the "best" type based on the local environment and references, in some cases even through user interaction. As with "multipart/mixed", the order of body parts is significant. In this case, the alternatives appear in an order of increasing faithfulness to the original content. In general, the best choice is the LAST part of a type supported by the recipient system's local environment.

システムは各部分内容は交換可能であることを認識するべきです。 システムは局所環境や場合によっては利用者との対話にも基づき、 最善な型を選ぶべきです。 multipart/mixed と同じように本体部分の順序は意味を持ちます。この場合、 各選択肢は元の内容への忠実度の順に並べます。 通常、受信システムの局所環境で対応している型の最後部分を選ぶのが最良です。

"Multipart/alternative" may be used, for example, to send a message in a fancy text format in such a way that it can easily be displayed anywhere:

multipart/alternative は例えば装飾付きの文章書式でメッセージを送る時にどこでも簡単に表示できるようにするために使うことができます。

From: Nathaniel Borenstein <nsb@bellcore.com>
To: Ned Freed <ned@innosoft.com>
Date: Mon, 22 Mar 1993 09:41:09 -0800 (PST)
Subject: Formatted text mail
MIME-Version: 1.0
Content-Type: multipart/alternative; boundary=boundary42
--boundary42
Content-Type: text/plain; charset=us-ascii
  ... plain text version of message goes here ...
--boundary42
Content-Type: text/enriched
  ... RFC 1896 text/enriched version of same message
      goes here ...
--boundary42
Content-Type: application/x-whatever
  ... fanciest version of same message goes here ...
--boundary42--
   In this example, users whose mail systems understood the
   "application/x-whatever" format would see only the fancy version,
   while other users would see only the enriched or plain text version,
   depending on the capabilities of their system.
   In general, user agents that compose "multipart/alternative" entities
   must place the body parts in increasing order of preference, that is,
   with the preferred format last.  For fancy text, the sending user
   agent should put the plainest format first and the richest format
   last.  Receiving user agents should pick and display the last format
   they are capable of displaying.  In the case where one of the
   alternatives is itself of type "multipart" and contains unrecognized
   sub-parts, the user agent may choose either to show that alternative,
   an earlier alternative, or both.
   NOTE: From an implementor's perspective, it might seem more sensible
   to reverse this ordering, and have the plainest alternative last.
   However, placing the plainest alternative first is the friendliest
   possible option when "multipart/alternative" entities are viewed
   using a non-MIME-conformant viewer.  While this approach does impose
   some burden on conformant MIME viewers, interoperability with older
   mail readers was deemed to be more important in this case.
   It may be the case that some user agents, if they can recognize more
   than one of the formats, will prefer to offer the user the choice of
   which format to view.  This makes sense, for example, if a message
   includes both a nicely- formatted image version and an easily-edited
   text version.  What is most critical, however, is that the user not
   automatically be shown multiple versions of the same data.  Either
   the user should be shown the last recognized version or should be
   given the choice.
   THE SEMANTICS OF CONTENT-ID IN MULTIPART/ALTERNATIVE:  Each part of a
   "multipart/alternative" entity represents the same data, but the
   mappings between the two are not necessarily without information
   loss.  For example, information is lost when translating ODA to
   PostScript or plain text.  It is recommended that each part should
   have a different Content-ID value in the case where the information
   content of the two parts is not identical.  And when the information
   content is identical -- for example, where several parts of type
   "message/external-body" specify alternate ways to access the
   identical data -- the same Content-ID field value should be used, to
   optimize any caching mechanisms that might be present on the
   recipient's end.  However, the Content-ID values used by the parts
   should NOT be the same Content-ID value that describes the
   "multipart/alternative" as a whole, if there is any such Content-ID
   field.  That is, one Content-ID value will refer to the
   "multipart/alternative" entity, while one or more other Content-ID
   values will refer to the parts inside it.

RFC 1766

関連

[9] Content-ID: 欄は実体一意な識別子を与えるもので、 通常は実体ごとに異なるものとしなければなりませんが、 multipart/alternative 内の各本体部分Content-ID は同じものでも構わないとされています。

Content-ID: を参照。

[27] message/external-body と併用することで、 代替版をすべて含めて送らずとも、必要なものを受信者に取得させることができます >>26

メモ

[1] 引数 differences と似たようなのが URI: 欄にもあったっけ。

[12] RFC 5621 - Message Body Handling in the Session Initiation Protocol (SIP) ( 版) <http://tools.ietf.org/html/rfc5621#section-4>

[13] RFC 5621 - Message Body Handling in the Session Initiation Protocol (SIP) ( 版) <http://tools.ietf.org/html/rfc5621#section-6>

[15] RFC 5621 - Message Body Handling in the Session Initiation Protocol (SIP) ( ( 版)) <http://tools.ietf.org/html/rfc5621#section-4.1>

[16] RFC 5621 - Message Body Handling in the Session Initiation Protocol (SIP) ( ( 版)) <http://tools.ietf.org/html/rfc5621#section-8.2>

[17] RFC 3459 - Critical Content Multi-purpose Internet Mail Extensions (MIME) Parameter ( ( 版)) <http://tools.ietf.org/html/rfc3459#section-12.1>

[18] draft-jennings-sipping-multipart-02 - Session Initiation Protocol (SIP) Offer/Answer with Multipart Alternative ( ( 版)) <https://tools.ietf.org/html/draft-jennings-sipping-multipart-02>

[32] RFC 5621 - Message Body Handling in the Session Initiation Protocol (SIP) ( 版) <https://tools.ietf.org/html/rfc5621>

[34] RFC 2483 - URI Resolution Services Necessary for URN Resolution () <https://tools.ietf.org/html/rfc2483#section-4.4>