multipart/mixed

MIME型 multipart/mixed

[11] multipart/mixed は、 複数の本体部分の混合を表すMIME型です。

[12] 純粋な混合を表しており、それらの関係性は特にありません。

[13] 電子メール添付ファイルを含めたい時によく用いられます。

仕様書

意味

[9] multipart/mixed は、 各本体部分が独立しており、 特定の順序で含める必要がある時に使うものです >>8

関連

[10] 未知の multipart/* MIME型は、 multipart/mixed として扱わなければなりません >>8

[14] Web では普通 multipart/mixed は実装されていませんので、 未知の multipart/* も実装されず、いずれもダウンロードとして扱われることになります。

[15] プッシュ配信のために multipart/x-mixed-replace が使われることがあります。

歴史

[1] RFC 5621 - Message Body Handling in the Session Initiation Protocol (SIP) ( 版) <http://tools.ietf.org/html/rfc5621#section-4>

[2] [whatwg] Proposal: Loading and executing script as quickly as possible using multipart/mixed ( ( 版)) <http://lists.whatwg.org/pipermail/whatwg-whatwg.org/2012-December/038223.html>

[3] RFC 4387 - Internet X.509 Public Key Infrastructure Operational Protocols: Certificate Store Access via HTTP ( ( 版)) <http://tools.ietf.org/html/rfc4387#page-4>

[4] RFC 5621 - Message Body Handling in the Session Initiation Protocol (SIP) ( ( 版)) <http://tools.ietf.org/html/rfc5621#section-4.1>

[5] RFC 5621 - Message Body Handling in the Session Initiation Protocol (SIP) ( ( 版)) <http://tools.ietf.org/html/rfc5621#section-8.2>

[6] RFC 5537 - Netnews Architecture and Protocols ( ( 版)) <http://tools.ietf.org/html/rfc5537#section-5.2.1.1>

[7] Batch Requests - Google BigQuery — Google Cloud Platform ( ( 版)) <https://cloud.google.com/bigquery/batch>

[16] RFC 5621 - Message Body Handling in the Session Initiation Protocol (SIP) ( 版) <https://tools.ietf.org/html/rfc5621>

[17] RFC 7681 - Email Exchange of Secondary School Transcripts ( 版) <https://tools.ietf.org/html/rfc7681>

[18] Batching Requests  |  Gmail API  |  Google Developers ( 版) <https://developers.google.com/gmail/api/guides/batch>

A batch request is a single standard HTTP request containing multiple Gmail API calls, using the multipart/mixed content type. Within that main HTTP request, each of the parts contains a nested HTTP request.

Each part begins with its own Content-Type: application/http HTTP header. It can also have an optional Content-ID header. However, the part headers are just there to mark the beginning of the part; they're separate from the nested request. After the server unwraps the batch request into separate requests, the part headers are ignored.

[19] RFC 7030 - Enrollment over Secure Transport () <https://tools.ietf.org/html/rfc7030#section-4.4.2>

If the request is successful, the server response MUST have an HTTP

200 response code with a content-type of "multipart/mixed" consisting

of two parts: one part is the private key data and the other part is

the certificate data.

[20] XProc 2.0: Standard Step Library () <https://www.w3.org/TR/2016/NOTE-xproc20-steps-20160721/#c.request_body>

[21] Google アナリティクス API リクエストのバッチ処理  |  アナリティクス Real Time Reporting API  |  Google Developers ( ()) <https://developers.google.com/analytics/devguides/reporting/realtime/v3/batching>

バッチ リクエストは、multipart/mixed コンテンツ タイプを使用した、複数の Google アナリティクス API 呼び出しを含む 1 つの標準的な HTTP リクエストです。このメインの HTTP リクエストを構成する各パートには、ネストされた HTTP リクエストが含まれます。

各パーツはそれぞれ Content-Type: application/http HTTP ヘッダーで始まり、オプションの Content-ID ヘッダーを指定することもできます。ただし、パーツヘッダーはパーツの開始箇所を示すためだけに存在していて、ネストされたリクエストとは分かれています。サーバーが一括リクエストを別々のリクエストにアンラップした後、パーツヘッダーは無視されます。

各パーツのボディ自体が完全な HTTP リクエストで、独自の動詞、URL、ヘッダー、ボディが含まれます。HTTP リクエストには URL のパス部分のみを含める必要があり、完全な URL は、一括リクエストでは許可されていません。