DAV:

DAV: URL scheme

[2] DAV: は、 WebDAVXML 語彙で用いられている URL scheme です。

仕様書

DAV: 名前空間

[3] RFC 4918 で規定される WebDAVXML 要素名前空間URLは、 DAV: です >>1

[4] URL scheme小文字表記が一般的ですが、 DAV:大文字となっています。

[6] DAV: 名前空間は、 IETFWebDAV 関連作業部会で予約されています >>5

[8] DAV: 名前空間要素は、 WebDAV作業部会が評価した IETFRFC で定義されたもの以外使うべきではありません >>7

[15] 版付けに関する要求メソッド要求応答にあっては、 DAV: 名前空間要素RFC で明示的に定義されない限り、使ってはなりません >>14

[9] 拡張が必要な場合には、独自の名前空間要素を使うことができます。

[10] DAV: 名前空間に属する大域属性は定義されていないようです。

[13] RFC 2518 では QName名前空間URL局所名を連結した URL として解釈することとされており >>12DAV: 名前空間に属する要素DAV: URL を表していました。 この規定は RFC 4918 にはありません。

メモ

[16] DAV: は、XML名前空間として使われるためだけに存在する URL scheme です。 IETFW3C はそのような使い方は好ましくないと考えていたようですが、 WebDAV に関しては時既に遅しだったようです。このような贅沢な (あるいは名前空間URLURLである意義が疑わしい) scheme の使い方は他にも見られますが、 IANA登録簿に正式に登録されたものでは DAV: だけかもしれません。

[17] 加えて、当時の URI の仕様書では、 URI scheme 名は大文字で使われることもあるものの、 原則として小文字でなければならない、とされていました。 (もっともそれは現実から乖離していたわけですが。。。) この URI 仕様との整合性の観点からも、 DAV: は特異でした。

[18] RFC 3253 - Versioning Extensions to WebDAV (Web Distributed Authoring and Versioning) () <https://tools.ietf.org/html/rfc3253#section-3.1>

[19] RFC 3648 - Web Distributed Authoring and Versioning (WebDAV) Ordered Collections Protocol () <https://tools.ietf.org/html/rfc3648>

[20] RFC 3744 - Web Distributed Authoring and Versioning (WebDAV) Access Control Protocol () <https://tools.ietf.org/html/rfc3744>

[21] RFC 4331 - Quota and Size Properties for Distributed Authoring and Versioning (DAV) Collections () <https://tools.ietf.org/html/rfc4331#section-2>

[22] RFC 4437 - Web Distributed Authoring and Versioning (WebDAV) Redirect Reference Resources () <https://tools.ietf.org/html/rfc4437>

[23] RFC 5323 - Web Distributed Authoring and Versioning (WebDAV) SEARCH () <https://tools.ietf.org/html/rfc5323>

[24] RFC 5397 - WebDAV Current Principal Extension () <https://tools.ietf.org/html/rfc5397#section-1>

[25] RFC 5689 - Extended MKCOL for Web Distributed Authoring and Versioning (WebDAV) () <https://tools.ietf.org/html/rfc5689>

[26] RFC 5842 - Binding Extensions to Web Distributed Authoring and Versioning (WebDAV) () <https://tools.ietf.org/html/rfc5842>