i-default

i-default (既定言語)

[6] 既定言語 (Default Language) (言語タグ i-default) は、適切な言語を特定できない時に使われる「既定」の言語です。 英語の話者が理解できるテキストであると定義されています。

仕様書

意味

[5] 既定言語は特定の言語ではなく、利用者言語として適切なものが何かわからないという状況を表しています >>3 4.5.

[7] 既定言語メッセージ英語の話者が理解できなければなりません。 とはいえ英語折衝することは既定言語とまったく同じではありません。 多くの場合は規定言語なら英語だけを使うのが適切でしょうが、 場合によっては他の言語でも補足するのが好ましいかもしれません。 >>3 4.5.

用法

[4] 人間可読テキストを、どの言語で表すのが好ましいか不明であるにもかかわらず提示する必要がある時 (例えば、ログインの失敗や電子メールの警告や、言語折衝が行われる前の段階である時)既定言語を使うべきです >>3 4.5.

[2] i-default は、既定の言語を示すことが要求されている場合を除き、 使うべきではありませんRFC 5646 4.1. >>8

[28] RFC 4647 は、言語タグ一致に関する演算において、見つからない時の既定値の例として i-default を挙げています。

応用

[16] i-default電子メール関連の仕様を中心に既定の言語として使われています。

IMAP

SMTP

POP3

Sieve

DSN

SIP

Kerberos

DHCP

LCP

Java

Flash

歴史

[1] i-default は、元々、 IMAP自然言語が決定できない時に (空文字列などよりも) 何か言語名があった方がよいということで用意されました。

[9] 1998年1月付けで発行された RFC 2277既定言語 i-default が規定されました。

[10] 1998年3月10日には IANA 登録簿に追加されています >>11

[12] 2009年9月に発行された RFC 5646言語タグRFC として初めて i-default について言及しましたが、既定の言語を示す必要がある場合を除き使うべきではないと述べています (>>2)。 i-default という言語タグを使うことを忌避しているとも解釈できますが、 単に本来の目的外の利用を否定しているだけとも読め、その意図するところは RFC の文章だけからは伝わってきません。

関連

[31] XMLxml:lang 属性HTMLlang 属性では、言語情報無しを表す値として空文字列を使っています。

[32] ISO言語符号には言語が特定できないことを表す und があり、 言語タグとしても使えます。

[33] >>31>>32 いずれも特定の言語を表さないという点において i-default と似ていますが、意味は異なります。

[38] 非標準の x-default とは若干意味が異なります。

[39] RFC 4676 - Dynamic Host Configuration Protocol (DHCPv4 and DHCPv6) Option for Civic Addresses Configuration Information () <https://tools.ietf.org/html/rfc4676#section-3.4>

Language: The "language" item (CAtype 0) optionally identifies the

language used for presenting the address information, drawing from

the tags for identifying languages in [4], as discussed in [13].

If omitted, the default value for this tag is "i-default" [3].

[40] RFC 4776 - Dynamic Host Configuration Protocol (DHCPv4 and DHCPv6) Option for Civic Addresses Configuration Information () <https://tools.ietf.org/html/rfc4776#page-11>

Language: The "language" item (CAtype 0) optionally identifies the

language used for presenting the address information, drawing from

the tags for identifying languages in [4], as discussed in [13].

If omitted, the default value for this tag is "i-default" [3].