IMAP

IMAP (インターネットメール)

歴史

IMAP2

[16] RFC 1064 - Interactive Mail Access Protocol: Version 2 () <https://tools.ietf.org/html/rfc1064>

[15] RFC 1176 - Interactive Mail Access Protocol: Version 2 () <https://tools.ietf.org/html/rfc1176>

IMAP2bis

[19] IMAP2bis.TXT () <https://www.mirrorservice.org/sites/ftp.cac.washington.edu/mail/old/IMAP2bis.TXT>

[20] nullIMAP2bis.TXT () <http://ftp.gnome.org/mirror/archive/ftp.sunet.se/pub/unix/mail/imap/old/IMAP2bis.TXT>

IMAP3

[18] draft-ietf-imap-imap2bis-02 - INTERACTIVE MAIL ACCESS PROTOCOL - VERSION 2bis () <https://tools.ietf.org/html/draft-ietf-imap-imap2bis-02>

[17] RFC 1203 - Interactive Mail Access Protocol: Version 3 () <https://tools.ietf.org/html/rfc1203>

IMAP4

[9] RFC 1730 - Internet Message Access Protocol - Version 4 () <https://tools.ietf.org/html/rfc1730>

[10] RFC 2060 - Internet Message Access Protocol - Version 4rev1 () <https://tools.ietf.org/html/rfc2060>

[11] RFC Errata Report » RFC Editor () <https://www.rfc-editor.org/errata_search.php?rfc=2060>

[14] RFC 2061 - IMAP4 Compatibility with IMAP2bis () <https://tools.ietf.org/html/rfc2061>

[12] RFC 3501 - INTERNET MESSAGE ACCESS PROTOCOL - VERSION 4rev1 () <https://tools.ietf.org/html/rfc3501>

[13] RFC Errata Report » RFC Editor () <https://www.rfc-editor.org/errata_search.php?rfc=3501>

[1] POPとIMAP - あどけない話 ( 版) <http://d.hatena.ne.jp/kazu-yamamoto/20080118/1200625877>

[2] Internet Message Access Protocol - Wikipedia ( 版) <http://ja.wikipedia.org/wiki/IMAP>

[3] Thunderbird は処理対象のメッセージが多い時にそのままに処理を依頼して、 指定が長すぎるエラーを生じさせることがあるようです。

[4] Thunderbird は処理対象が多くなると (おそらくクライアント側と側の両方が原因で) 処理しきれなくてタイムアウトしたり、エラーを正しく扱えなかったりしてまともに動作しなくなります。

[5] Sylpheed はそれと同じ状況でも軽快に動作します。

[6] Gmail Platform — Google Developers ( ( 版)) <https://developers.google.com/gmail/imap_extensions>

[7] TLS のひみつ : 迷惑メール対策委員会 ( 版) <http://salt.iajapan.org/wpmu/anti_spam/admin/tech/explanation/tls-arc/>

このように、SMTP にだけ SSL 用のポートが割り当てられていない。歴史的に言えば、465 番が割り当てられていたが取り消され、465 番は igmpv3lite というプトロコルに割り当てられた。

著者は割当機関である IANA に対し「ISP として困るので割り当てて欲しい」と申請したが、拒否された。理由は「IETF は SSL を推奨していないから」だそうである。

現在、465 番を SMTP の SSL ポートとして利用している ISP/ASP は多い。現実問題として困ることは起きないと思うが、正式ではないことを知っておくのもよいだろう。

[8] RFC 5616 - Streaming Internet Messaging Attachments ( 版) <https://tools.ietf.org/html/rfc5616>