表現と構造の分離

表現と構造の分離

[13] 文書の表示方法 (装飾) に関する直接的な記述を避け、 文書の構造のみを記述し、表示方法はその構造の表示規則として間接的に記述した方が可搬性が高く利用しやすい、 というのが GML 以来数十年にわたりマーク付け言語の設計者達が信じてきた基本原理です。

[14] 例えば、雑誌原稿を後から単行本化することを考えると、 見出し部分に「フォントサイズ ○ポイント、書体 ○○」のような記述を書き込むより、 ここは「見出し」であるとだけ書いておき、 他に「見出しはフォントサイズ ○ポイント、書体 ○○」 という設定を用意する方が手間が省けます。

[15] また、Webサイトデスクトップブラウザー利用者にもモバイルブラウザー利用者にも等しく見やすく表示するため、 本文と関連情報を左右に並べて表示する方式と、 本文の下に関連情報を続けて表示する方式を用意し、 画面の幅によって切り替えたいことがあります (レスポンシブデザイン)。 そのためには文書自体に表示位置を書き込むのではなく、 「文書のこの部分をここに表示する」との指定を選択的に適用できる仕組みが必要です。

[16] マーク付け言語を含む文書記述システムの歴史は、 そうした間接的な記述と、直接的な記述との綱引きの歴史でもあります。 平均的知識レベルのワープロ利用者が「太字」や「フォントサイズ大」 のような直接的な記述から間接的な記述へと移行するためには、 大きな学習コストが必要です。しかも、一度制作完了したら他の目的に再利用しないような多くの文書にとっては、 無駄なコストともいえます。間接的な記述にした方が同じ組織内の文書の体裁を整えるのが容易、 といったようなメリットもあるにはありますが、その程度であれば WYSIWYGワープロソフトウェアで人の目で調整しながら編集するので十分ともいえます。 ですから、どちらの方式を採用するべきなのかは、文書の用途やどんな人が利用するかによっても変わるのでしょう。

[17] HTML はもともと SGML の流れから間接的な記述を志向していました。 これは色々な機種・OS で動作する GUICUIブラウザーが混在していた 1990年代前半の計算機環境に非常にマッチしていました。 しかしその後の WWW の爆発的な普及により、 非専門家を中心とする幅広い著者層がデスクトップブラウザーを中心とした利用者文書を提供するようになった 1990年代後半には、ワープロWYSIWYG システムの影響を強く受け、 fontテーブルレイアウトなどの直接的な記述に大きく偏るようになりました。 その弊害に気づいた人達は、装置独立性表現と構造の分離のような原理を掲げて 「正しい HTML」の復権を求めました。

一般化マーク付け

記述的マーク付け

[8] ( 版) <https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsik/18/4/18_4/_pdf>

表現と構造の分離

[9] yohei-y:weblog: Javascript+HTML のデザインパターン <http://yohei-y.blogspot.com/2005/09/javascripthtml.html> (名無しさん [sage] 2005-09-19 02:33:43 +00:00)

[10] Standards for Life: Standards in a Nutshell II <http://www.standardsforlife.com/standards-in-a-nutshell-ii> (名無しさん 2006-11-16 00:02:08 +00:00)

[11] 楽天の店舗の中の人へ楽天Webサービス利用者から愛をこめて ( 版) <http://neta.ywcafe.net/000718.html> (名無しさん 2007-02-11 00:51:47 +00:00)

[12] Separation of semantic and presentational markup, to the extent possible, is architecturally sound ( ( 版)) <http://www.w3.org/2001/tag/doc/contentPresentation-26.html>

Separation of concerns