ロシアの東方侵略

ロシアの東方侵略

[33] ロシア欧州東部のでしたが、 ウラル山脈を超えて東方へと侵略を繰り返しました。

[23] 1689年: ネルチンスク条約 (清国との国境を画定)

[24] 17世紀: カムチャッカに進攻

[5] 18世紀: 樺太千島に進攻

[25] 18世紀: アラスカに進攻

[6] 1806年-1807年: 文化露寇

[34] 1838年: 清領トゥバに進攻

[8] 1855年: 日露和親条約 (得撫島以北の千島列島日本から獲得、 樺太共同統治権を日本から獲得)

[2] 1858年: アイグン条約 (アムール川以北の外満州清国から獲得)

[3] 1860年: 北京条約 (ウスリー川以東の外満州清国から獲得)

[1] 1861年: ロシア軍艦対馬占領事件 (日本対馬進攻、一部を占領したものの撤退)

[22] 1867年: アラスカ米国に売却

[7] 1875年: 樺太千島交換条約 (千島列島日本に割譲、 樺太全島を日本から獲得)

[11] 1895年: 三国干渉 (日本遼東半島から排除)

[15] 1896年-1897年: 露館播遷 (大韓帝国ソウル進攻、同国皇帝ロシア公使館に移転)

[12] 1896年: 内滿洲東清鉄道敷設権を獲得

[19] 1897年: 東清鉄道本線開通

[13] 1898年: 関東州清国から租借

[4] 1900年: 北清事変 (清国内滿洲に進攻、後に撤退)

[16] 1900年: 大韓帝国馬山露国租界設置

[20] 1901年: シベリア鉄道開業

[21] 1904年: シベリア鉄道全線開通

[14] 1904年-1905年: 日露戦争 (南樺太関東州南満州鉄道日本に割譲)

[17] 1909年: 大韓帝国馬山露国租界日本に売却

[31] 1911年: ロシアの支援により清国から外蒙古が独立、 トゥバ保護領

[27] 1915年: キャフタ条約 (中華民国外蒙古自治を承認させる)

[18] 1917年-1925年: ロシア革命 (各地に政権が樹立、後にソビエト連邦に再統合)、 シベリア出兵 (各国がシベリアおよび北樺太に進攻、 後に撤退)

[28] 1920年: 白軍外蒙古に進攻

[35] 1920年: 赤軍トゥバに進攻

[29] 1921年: 赤軍外蒙古に進攻

[36] 1921年: 衛星国家トゥバ人民共和国成立

[30] 1924年: 衛星国家モンゴル人民共和国成立

[26] 1938年: 張鼓峰事件

[9] 1939年: ノモンハン事件 (外蒙古と共に国境地帯から日本満州国を排除)

[37] 1944年: トゥバ人民共和国を併合

[10] 1945年-1956年: 第二次世界大戦 (外蒙古と共に内滿洲内蒙古および関東州に進攻、後に撤退、 日本南樺太千島列島および北方領土に進攻)

[39] : 中ソ友好同盟条約 (中華民国から外蒙古独立承認滿洲権益を獲得)

[38] 1950年-1953年: 朝鮮戦争 (朝鮮民主主義人民共和国を支援して朝鮮半島に派兵)

[41] 1956年: 日ソ共同宣言 (歯舞諸島および色丹島日本への返還に合意)

[32] 1997年: 中露条約 (中華人民共和国との国境画定)

[43] 2006年日本企業が関与していた樺太での天然資源採掘事業サハリン2の工事許可を突如取り消し、 事実上の国営企業を中心に事業を再編させた。

[42] その後も千島列島北方領土での軍備増強を続けています。

[40] 南下政策 - Wikipedia () https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E4%B8%8B%E6%94%BF%E7%AD%96

[44] 北樺太の我が石油石炭權益について () https://www.jstage.jst.go.jp/article/grj1938/2/3/2_3_381/_article/-char/ja