バビロン暦

バビロン暦

[1] バビロンでは、太陰太陽暦が用いられていました。

[2] 暦月は、新月を第1日としていました。 暦法及時法

[3] 年始は、春分の頃でした。 暦法及時法

[4] 第六月または第十二月の後に閏月を置きました。 閏月の実施は、政府職員の天体観測の結果により布告されていました。 暦法及時法

[5] 紀元前3世紀頃には1太陰月 = 29.53059日とかなり正確な値で運用されていました。 暦法及時法