GeneralizedTime

GeneralizedTime

[6] GeneralizedTime は、 ASN.1日時を表す構文の1つです。

[9] ASN.1 で定義されている他に、 LDAPPKIXプロファイルが定められています。

仕様書

構文

[7] 時間帯で構成される文字列です >>2

[11] は、4桁のASCII数字列です >>2

[12] は、 1 から 12 の範囲の2桁のASCII数字列です >>2

[13] は、 1 から 31 の範囲の2桁のASCII数字列です >>2

[14] は、 0 から 23 の範囲の2桁のASCII数字列です >>2

[15] は、 0 から 59 の範囲の2桁のASCII数字列です >>2

[16] 部は、0 から 60 の範囲の2桁のASCII数字列です。 60 は、閏秒です。 >>2

[8] LDAP では、またはを省略できます >>2

[5] PKIX では、を含めなければなりません >>1

[17] 小数部は、 . または , の後に、 1桁以上の ASCII数字列で表します >>2小数部は、のうち省略されなかった最後のものの小数部を表します >>2

[3] LDAP では、 小数部を省略できます >>2PKIX では、小数部を含めてはなりません >>1

[18] 時間帯は、UTC を表す Z (大文字) か、 時差のいずれかです >>2LDAP では、 Z を使うべきです >>2PKIX では、 Z を使わなければなりません >>1

[4] 必ずしも明確ではありませんが、 PKIX では +0000 は禁止されているようです。

[19] 時差は、 + または - の後に、を続けたものです。 は、省略できます。 >>2

[10] ASN.1 では、時間帯は省略でき、地方時を表します。 LDAP >>2PKIX >>1 では、時間帯を省略してはなりません

[20] 適当なを表さない組み合わせは、非妥当と考えるべきです >>2

識別子

[21] オブジェクト識別子 1.3.6.1.4.1.1466.115.121.1.24 は、 LDAPGeneralized Time を表します >>2

実装

[22] OpenSSL秒の小数部を与えて証明書を作成すると、 秒の小数部]のついた GeneralizedTime が生成されます。 ASN,1 的には間違っていませんが、 PKIX 的には不適切であり、実装によってはそのような証明書を受け入れません。