CR

CR

[1] 8ビット符号において、 08 および 09 (すなわち 0x800x9F) のことを、 CR 領域といいます。 CR 領域は符号化制御機能補助集合 (C1) に使うか、または未使用とします。 JIS X 0202:1998 8.1, 9.1

[2] どう見ても C0集合なのに CR領域で使う例: ISIRI 3342

[3] ISO/IEC 2022 では認められていませんが、 実装によっては C0集合CR領域呼び出しできます。 告知シーケンス