永暦

永暦

元年

[21] 通常元年とされます (y~1684)。

[22] 南史等が11月からとしていたとされます (y~1831)。 元号の制定と改元の混同と思われます。

[24] 10月に大陸から日本長崎に来航した船で、 「或説ニ云、隆武二年十月改元永暦、当正保三年丙戌」 との情報が伝えられていました。 魯監国永暦帝が混同され、 魯監国元号と誤認されていました。 >>23


[16] 中国歴代年号考は、 (南明) の欄に永曆を挙げて、

アキなしアキなしアキなし明史アキなし記王朱由榔󠄂於順治三年十一月G元永曆(見以上 唐󠄃王朱聿𨮁アキなし紹󠄂武アキなしG按語所引)。龍文彬アキなし明會要アキなし亦同此説。 據アキなし罪惟録アキなしアキなしアキなし明紀󠄆アキなし等書所󠄃記,朱由榔󠄂於順治二年由丁魁楚アキなし瞿 式耜󠄃等迎至廣󠄅東肇󠄄慶行G國禮󠄃,上尊號󠄂,以明年丁亥永曆元 年,今從之。

... としていました。 >>14

[19] 後半、順治2年に監国、皇帝に即位してその翌年丁亥に改元したとありますが、 丁亥は順治4年に当たります。普通、皇帝即位は順治3年のこととされています。 本書も「今之に従う」として永暦の初年をとしています。

[18] またのその他勢力欄にも別に永曆を挙げて、 元号としていました。 出典として清史稿世祖紀順治4年7月丁巳が王光代の反乱の元号として示したのを引いていました。 南明元号を用いたものであると説明していました。 >>17

[13] 中文維基百科は、

《明史》记载永曆年号起于1646年十一月。《罪惟錄》、《明紀》等则记为1646年上尊号,明年改元。今多从之[1]。 1647年反清起事者王光代用此年号[1]

1. 李崇智. 中国历代年号考. 北京: 中华书局. 2004年12月: 210. ISBN 978-7-101-02512-5.

... と書いています。 >>11

[20] Wikipedia西暦年に書き換えて引用していますが、 順治2年がに置き換わっています。 (ただしWikipediaが引用する中国歴代年号考はここで引用したものより新しい。)


[15] 中国歴代年号考は、 南明の欄に掲げてからとしています。 >>14

[12] 中文維基百科は、 から南明まで、 台湾までとしています。 隆武2年11月18日 (西暦1646年12月24日) に皇帝即位して翌年を永曆元年に改元としています。 一覧表に元年から37年まで掲載しています。 >>11

[10] 日本語ウィキペディアは、 「1647年-1662年/1683年」 としています。 隆武2年11月18日 (西暦1646年12月24日) に皇帝即位して翌年元日をもって永暦元年に改元としています。 一覧表に元年から37年まで掲載しています。 >>9

[8] 百度百科は、 「1646-1683」 としています。 西暦1646年11月に监国就任、 西暦1646年12月24日 (隆武2年11月18日) に皇帝即位して翌年を永历元年に改元としています。 >>7

[2] 日本語ウィキペディアの元号一覧は、 南明の欄に掲げて 「1647年 - 1683年」 としています。 >>1

[6] 中文維基百科の元号一覧は、 南明の欄に掲げて 「1647年—1683年」 とし、 台湾で 「三十七年」 まで使われたとしています。 >>5

[4] 百度百科の元号一覧は、 の欄に掲げて 「1623年-1662年」 とし (皇帝在位「1646年—1662年」)、 台湾で 「永历三十七年(1683年)十二月」 まで使われたとしています。 >>3 皇帝の生没年から誤ったと思われます。

明永暦紀年

亡国紀年

メモ