グリフ

グリフ

仕様書

意味

[9] The Unicode Standard におけるグリフ (glyph) は、 文字レンダリング表示 (display) されるときに持つことができる文字図形 (shape) です。 文字とは違ってグリフ画面 (screen) に1つ以上文字の特定の表現 (representation) として出現するものです。 >>7

[10] グリフレパートリは、フォントとなります。 >>7

[11] グリフ図形 (shape) グリフの識別・選択の手法は、 個々のフォント事業者や関係する規格の責となるところであって、 The Unicode Standard では定めていません。 >>7

[16] グリフの選択は、前後の文字の文脈によって左右されることがあります。 >>7

[17] グリフの選択は、フォントサイズ添字その他書式付けによって左右されることもあります。 >>7

グリフとUnicode文字

[12] 1つの文字に、 複数のグリフが対応することがあります。 イタリック孤立形語末形言語差、 その他いろいろなグリフの違いがありえます。 >>7

[13] 合字のように、 1つのグリフが、 複数の文字の列に対応することがあります。 >>7

[15] アラビア文字インド系文字フォントのように、 Unicode文字の数より遥かに多くのグリフが必要となる場合があります。 >>7

[18] The Unicode Standard は、 同じテキスト内容が同じように蓄積され、 交換可能な文字符号の列となるようにするべく、 文字グリフの既定の関係を記述するものの、 洗練された組版 (fine typography) のためにはより詳しい規則が必要となるだろうとしています。 >>7

[19] 実際かなり多くの事項、表示に関わるほとんどの事項は実装依存とされ、 詳細が省かれております。 相互運用性に乏しいことも少なくありません。

歴史

[1]

A glyph is an abstract form that represents one or more glyph images. The term "glyph" is often a synonym for glyph image, which is the actual, concrete image of a glyph representation having been rasterized or otherwise imaged onto some display surface. In displaying character data, one or more glyphs may be selected to depict a particular character. These glyphs are selected by a rendering engine during composition and layout processing. <UNICODE>

[2] Introduction – SVG 1.1 (Second Edition) ( ( 版)) http://www.w3.org/TR/2011/REC-SVG11-20110816/intro.html#TermGlyph

[3] RFC 6365 - Terminology Used in Internationalization in the IETF ( 版) http://tools.ietf.org/html/rfc6365#page-7

[4] Character Model for the World Wide Web 1.0: Fundamentals ( ( 版)) http://www.w3.org/TR/charmod/#sec-VisualRenderingUnits

[5] ISO/IEC 10036

[6] SSML 1.0 say-as attribute values () https://www.w3.org/TR/2005/NOTE-ssml-sayas-20050526/#S3.4glyphs

[14] グリフ選択

[8] 外字